もっと遊ぶぞセカンドライフ

May 15, 2022 Text Asuka Kobata

自分らしくこだわりを持って過ごしたい一方で、年齢を重ねると共に健康面への心配事も増えるセカンドライフ。充実したサービスと多くの出会いがあるシニア向け新築分譲マンション「マスターズマンション苦楽園 中楽坊」で、思いっきり新たな人生を楽しんでほしい。

有馬温泉の「金泉」と類似した黄褐色の源泉があふれる大浴場。保温効果が高く健康面でうれしい効果があるだけでなく、コミュニケーションの場としても最適だ。
有馬温泉の「金泉」と類似した黄褐色の源泉があふれる大浴場。保温効果が高く健康面でうれしい効果があるだけでなく、コミュニケーションの場としても最適だ。

子どもが自立し、定年を迎えて退職ともなると、改めて自らのこれからの人生を見つめ直す絶好の機会となる。今後のライフスタイルをトータルで考えたとき、選択肢の一つにしてほしいのが、シニアのための分譲マンションだ。

社会の急速な高齢化が進むにつれて増えてきたシニア向け分譲マンションは老人ホームとは異なるもので、一般的な分譲マンションと同様に自宅や別邸利用として購入するものだ。普段は制約に縛られることなく生活しつつも、有事のサポート体制やセカンドライフを楽しむ環境がしっかり整っているところに大きな違いがある。兵庫県西宮市の苦楽園に新築される「マスターズマンション苦楽園 中楽坊」では、神戸や大阪へのアクセスが良い関西随一の高級邸宅街において、豊かな自然を身近に感じながら過ごす、極上の暮らしが約束されている。

特に魅力的なのは、敷地内に豊富に湧き出る100%天然の温泉が掛け流しで楽しめる点。苦楽園の近隣には日本三名泉に数えられる有馬温泉があるが、その有馬温泉と類似した成分の湯に毎日何度でも浸つ かれるのだ。黄褐色の湯には鉄分や炭酸ガスが多く含まれ、その効果で体がしっかり温まり、特に冷え性や関節痛、血行不良などの改善が期待されるので健康増進につながるだろう。

自然光に満ちた明るいレストラン。入居者の健康に気遣いながらも、いつ、どこで、誰が作ったものかがわかる“地産地消”の旬の食材を舌にも目にも美しく調理する。
自然光に満ちた明るいレストラン。入居者の健康に気遣いながらも、いつ、どこで、誰が作ったものかがわかる“地産地消”の旬の食材を舌にも目にも美しく調理する。

大浴場には岩の露天風呂とヒノキの内風呂が用意され、まるで温泉旅館を訪れた感覚で至福の時間が過ごせるだろう。コロナ渦で旅行がはばかられるなか、自宅で温泉が楽しめるのはとてもうれしい。起床後に近所のニテコ池や夙川を散歩し、廣田神社でお参りをする。そして大浴場の暖簾をくぐり、朝風呂でリフレッシュ……。こんな毎日を自分のスタイルで楽しめるのだ。

リメージさせるくつろぎのエントランスラウンジ。常時スタッフのいるサポートステーションもここにあり、いつでも気軽に立ち寄れる。
リメージさせるくつろぎのエントランスラウンジ。常時スタッフのいるサポートステーションもここにあり、いつでも気軽に立ち寄れる。

また、館内にレストランが用意されているのも大きなポイント。日々欠かせない食事だからこそ、料理が面倒なときや体調が優れないときに、予約なしで自由に利用できるのがありがたい。すべての食事をレストランで賄うこともでき、部屋まで食事を運んでくれるサービスもある。しかもシェフのこだわりは、“地産地消”の食材選び。米やみそ、塩、しょうゆは兵庫県に根づく地元の農家より直送。おいしいものを安全に食べられる食卓を約束する。

最寄り駅や総合病院へのシャトルバスも毎日運行を予定している。7月31日まで自宅送迎付き(対象地域内)のモデルルーム見学を受け付け中。
最寄り駅や総合病院へのシャトルバスも毎日運行を予定している。7月31日まで自宅送迎付き(対象地域内)のモデルルーム見学を受け付け中。

 食事だけでなく健康面へのサポートは手厚く、大阪大学と共同開発した体調管理システムを導入。スマートフォンと専用端末により気分や感情の変化、活動量、睡眠の状態などを記録・分析したうえで、心身の現状や改善点を教えてくれる。また、ライフアテンダント(生活支援要員)が24時間体制で常駐し、緊急コールボタンや生活見守りセンサーが知らせれば迅速に対応。提携医療機関との連携や生活支援サービスなど、家族のような温ぬくもりあるサポートをしてくれる。

安心と今ある健康を手に、遊び心とゆとりを持って楽しむ。自分らしい暮らしに最適な住まいを、改めて考えてみてはいかがだろうか。

●マスターズマンション苦楽園 中楽坊 サロン TEL0120-123-471

※『Nile’s NILE』2021年7月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。