軽井沢で実現する極上の別荘滞在

April 30, 2022 Text Asuka Kobata

複数の建物のオーナーとして充実のサービスを受けられる「旧軽愛宕 Club Orbit」

「旧軽愛宕 Club Orbit」のメインゲート。豊かな緑に包まれた敷地内に個性的な3棟のヴィラとクラブハウスが点在する。
「旧軽愛宕 Club Orbit」のメインゲート。豊かな緑に包まれた敷地内に個性的な3棟のヴィラとクラブハウスが点在する。

豊かな自然環境と、東京から新幹線で約1時間という利便性の高さから、日本屈指の別荘地として根強い人気を誇る軽井沢。コロナ禍で広まったリモートワークの拠点としても、改めて注目を集めている。そんな軽井沢の別荘発祥エリアである愛宕山の麓に、新たな別荘のスタイルを提案する「旧軽愛宕 Club Orbit」が誕生した。

何よりもの特徴は、3棟のヴィラとクラブハウスのすべてが使用できる「ホールシェア・リゾート」である点。これまで、1棟の別荘を数組でシェアする「タイムシェア別荘」はあったものの、複数の別荘を人数やシーンに合わせて自由に選べるシステムは日本で初めて。約1.5haの広大な敷地には、個性的な3棟のヴィラとクラブハウスが並び、ドッグランや芝生広場、グランピングスペースなどのアクティビティースペースも充実。クラブハウス内にはトレーニングマシンや大画面シアター、カラオケ、ダーツも用意され、そのすべてを利用することで極上のリゾートライフを楽しむことができる。

クラブハウスにはコンシェルジュが常駐。 Barbion波打つようなリブが水平ライン描くキッチンや、金属を叩いて質感を出したレンジフードカバーが個性を放つ。
クラブハウスにはコンシェルジュが常駐。 Barbion波打つようなリブが水平ライン描くキッチンや、金属を叩いて質感を出したレンジフードカバーが個性を放つ。

さらにうれしいのは充実したサービスで、クラブハウスにはコンシェルジュがスタンバイ。買い物の代行、BBQの火起こし、食事の片付け、ケータリングの手配など、多様な要望に応えてくれる。もちろん、調理器具や食器、アメニティー、リネン類などもあらかじめ準備され、自らが所有する別荘ながらホテルのように過ごせるのだ。個人で別荘を持つと、建物の維持、寒冷地ならではのメンテナンスなどがどうしても必要になるが、それらの手間・費用が不要である点も大きなメリットと言えるだろう。

そして特筆すべきは、3棟のヴィラとクラブハウスのそれぞれ異なる個性に満ちたインテリアだ。建築家をあえて変えることで空間の印象に変化をつけ、訪れるたびに新鮮な気分で楽しめるよう設計。どの部屋にも木材や石材、タイル、左官材といった上質な素材をふんだんに採用することで、ぬくもりが感じられるモダンな空間をかなえている。

素材だけでなく設備も一つひとつ吟味。特にキッチンは、ドイツのキッチンブランドとして知られるアルミルモをセレクトしている。ドイツブランドならではの優れた機能性とデザイン性を兼ね備えた最高級のキッチンは、ハイクラスな住宅を中心に定評があり、資産の付加価値向上にも大きく貢献するもの。機能面からから見てもデザイン面から見ても、別荘のキッチンでここまで上質なものはめずらしいだろう。

また、トリプルサッシの採用により気密性・断熱性を確保し、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるように。24時間換気システムの導入や湿気対策を行うほか、床暖房や薪ストーブも完備。年間を通じて快適に過ごせるよう配慮している。

12名程度が宿泊できる最も大きな「アルザス」。暖炉を中心とした広々としたリビングダイニングは、自然を身近に過ごせるウッドデッキへと続く。
12名程度が宿泊できる最も大きな「アルザス」。暖炉を中心とした広々としたリビングダイニングは、自然を身近に過ごせるウッドデッキへと続く。

3棟あるヴィラの中でも最も大きい「アルザス」は、二つのベッドルームと和室、ロフトで12名程度が宿泊でき、複数の家族や友人とにぎやかに過ごせる。約130㎡ものリビングダイニングは、BBQができるデッキテラスに続く。ファミリーヴィラの「バルビゾン」は、親子や三世代などの家族で過ごすのに最適。暖炉を囲むようにベンチソファを設けたデッキテラスは、アウトドアリビングとして楽しむことができる。そして「シャモニー」は、少人数で静かに過ごしたいときに使いやすいヴィラ。

とはいえ6名程度の宿泊が可能なので、人数が増えてもゆったりと快適にくつろげる。どのヴィラからも自然豊かな景観が望めるが、特に「シャモニー」は谷に向かってデッキテラスがせり出しているので、見事な緑景が楽しめる。このような充実の施設、サービスだからこそ、法人で所有権を持つオーナーも少なくない。会社のイベントやゴルフコンペなど大人数で訪れる場合、3棟のヴィラをすべて予約することもでき、クラブハウスは大規模なパーティーにも対応する。

「バルビゾン」は3棟の中で唯一、ペットを室内に連れ込むことが可能で、家族とともにくつろぎのひとときが過ごせる。クラブハウスや芝生広場、ドッグランに最も近い。
「バルビゾン」は3棟の中で唯一、ペットを室内に連れ込むことが可能で、家族とともにくつろぎのひとときが過ごせる。クラブハウスや芝生広場、ドッグランに最も近い。

所有権は72組に限定され、購入すれば年間15泊は利用可能。夏季や年末年始などのハイシーズンはオーナー全員が平等に利用できるシステムも設けているため、予約が困難ということはない。

個性的な外観が目を引く「シャーモニー」は、生い茂る樹木や小川のせせらぎを感じながら少人数で過ごすのに最適。谷にせり出したテラスからは見事な眺望を望める。
個性的な外観が目を引く「シャーモニー」は、生い茂る樹木や小川のせせらぎを感じながら少人数で過ごすのに最適。谷にせり出したテラスからは見事な眺望を望める。

これまでにない新たなスタイルの「ホールシェア・リゾート」。あらゆるものがそろう別荘で、極上のリゾートライフを楽しんでほしい。

●アセンドホーム
TEL0120-115-770

●アルミルモ 南青山ショールーム
TEL03-6451-1473

※『Nile’s NILE』2020年2月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。