心地良く豊かな毎日のために

April 19, 2022

人生の第三章を過ごすなら、妥協はしたくないだろう。上質な空間はもちろん、一人ひとりのニーズに応えるきめ細やかな真心のサービス。パナソニックの介護付有料老人ホームが、真に安心で豊かな暮らしを約束してくれる。

4月に新設した二人部屋。ミニキッチン付きで、夫婦でリラックスして過ごすことができる。
4月に新設した二人部屋。ミニキッチン付きで、夫婦でリラックスして過ごすことができる。

仕事や子育てに邁進(まいしん)する第一章、定年後に新たな生きがいを見つける第二章、そして、これまでの人生を振り返りながら、自分らしく日々を過ごす第三章。充実したときを過ごした人ほど、人生の第三章を、それまで以上に豊かに暮らしたいと考えるのではないだろうか。パナソニックでは1988年から、創業の地・大阪で、上質で快適な住まい環境と、心身のケアを大切にした介護付有料老人ホームを提供してきた。その一つである「エイジフリー・ライフ大和田」では、この春、夫婦でゆったりと過ごせるミニキッチン付きの二人部屋をオープンさせた。

  • 4階にはカフェスペースを併設したリハビリ室「リハ+カフェ」もリニューアルオープン。広々とした明るく開放的な空間となっている。 4階にはカフェスペースを併設したリハビリ室「リハ+カフェ」もリニューアルオープン。広々とした明るく開放的な空間となっている。
    4階にはカフェスペースを併設したリハビリ室「リハ+カフェ」もリニューアルオープン。広々とした明るく開放的な空間となっている。
  • 整備された美しい庭が広がる屋上で、季節を感じながら散策。日常の中で身体機能を維持しながら、自分らしく前向きに毎日を過ごすための環境が整えられている。 整備された美しい庭が広がる屋上で、季節を感じながら散策。日常の中で身体機能を維持しながら、自分らしく前向きに毎日を過ごすための環境が整えられている。
    整備された美しい庭が広がる屋上で、季節を感じながら散策。日常の中で身体機能を維持しながら、自分らしく前向きに毎日を過ごすための環境が整えられている。
  • 4階にはカフェスペースを併設したリハビリ室「リハ+カフェ」もリニューアルオープン。広々とした明るく開放的な空間となっている。
  • 整備された美しい庭が広がる屋上で、季節を感じながら散策。日常の中で身体機能を維持しながら、自分らしく前向きに毎日を過ごすための環境が整えられている。

特徴は、その手厚いサービス体制だ。24時間365日看護職員常駐であり、かかりつけ医との連携で医療サポートが必要な人も安心して暮らすことができる。厚生労働省基準の介護体制は入居者3に対してスタッフ1の割合だが、エイジフリー・ライフ大和田では、その2倍以上の介護体制を用意。一人ひとりに目が行き届く、きめ細やかなサービスを提供している。専任の機能訓練指導員による個別リハビリメニューも充実し、身体機能の維持向上を図れるのも魅力。完全個室の居室では、スタッフの巡回の他、センサーシステムで見守りを強化している。

茶道や書道、音楽クラブなど、講師を招いたアクティビティーも多彩。人生の第三章となる舞台だからこそ、妥協はしたくないという人に。パナソニックならではの信頼とサービスで、心豊かな毎日を過ごしたい。

※『Nile’s NILE』2016年6月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。