未来の財宝を、今その手の中に

ファベルジェ

October 1, 2022 Text Aki Nogami

帝政ロシア皇帝の依頼から、絢爛豪華たる名品の数々を生み出したファベルジェ。インペリアル・イースター・エッグはその代表作であり、見事な彫金やエナメル細工を用いた宝飾品は、今も世界の博物館に陳列されている。今年180周年を迎え当時のクラフツマンシップを受け継ぐファベルジェが贈るのは、手にする悦びを誘うアートピース。過去から現代へと何世代にも受け継がれる芸術へと賛美を捧げる逸品は、“継承する美”と呼ぶにふさわしい。

ファベルジェ エッグ
ファベルジェの生誕180周年を飾るリミテッドエッグ、18Kローズゴールド×ルビー、14,300,000円(予価)。エッグに合わせたペンダント、18Kローズゴールド、1,650,000円(予価)。

以前、こんな逸話が世を驚かせたことがある。アメリカ合衆国で、ある一人の男性が古物商から卵のオブジェを買い取った。男性はいつかそれを溶解し、ゴールドとサファイア部を再利用しようと、数年間キッチンに放置していたが、ふと卵に刻まれていた時計の銘が気になって由来を調べてみたところ、実は失われたロマノフ家の至宝であったことが判明。後にこのピースは、34億円の値がつけられることとなる。そんな壮大な物語の主役となったのが、〝ファベルジェの卵〟だ。
 
1842年、サンクトペテルブルクに創業したファベルジェは、2代目のピーター・カール・ファベルジェの時代に帝政ロシア皇帝の金細工職人に任命され、多くの芸術作品を生み出した。中でも有名なのが、ファベルジェの卵と呼ばれるインペリアル・イースター・エッグだ。見事な細工を施した作品群は、今も同社の最高傑作とされている。ロマノフ朝の終焉後、制作された50個のうち7点がいまだ行方不明。先述のエッグは、ファベルジェが1887年に皇妃マリア・フョードロヴナのために制作したものであり、43番目の再発見としてその名を歴史に刻んだ。

現在もファベルジェは、カラーストーン鉱山を所有するロンドンのジェムフィールズ社の傘下で、エッグ制作を続けている。手元にすっぽりと収まるこの小さな芸術品が、いつしか栄華の物語となる―そんなロマンティックな夢を、この深い輝きは語り続けるのである。

●EQ&Co. TEL042-377-0029 

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。