不朽の価値 第1回 手巻きクロノグラフという名の矜持

May 13, 2022 Text Yasushi Matsuami
July 13, 2022 Last modified

腕時計における不朽の価値とは? 最新の腕時計シーンの状況にもふれながら、エディターにしてミュージシャンでもある異色ウォッチジャーナリストまつあみ靖が、ハイウォッチメイキングの世界をナビゲート。
その連載第1回は、パテック フィリップの手巻きクロノグラフをめぐって。

手巻きキャリバーCHR 29-535 PSを搭載したスプリット秒針クロノグラフ
手巻きキャリバーCHR 29-535 PSを搭載したスプリット秒針クロノグラフ。グランフーエナメルによる青文字盤もこの上なく優美。パテック フィリップ「5370P」手巻き、ケース径41㎜、プラチナケース×アリゲーターストラップ、3気圧防水。32,252,000円。

「腕時計投資」という名の腕時計バブル

最近「腕時計投資」という言葉に象徴される、腕時計を資産として捉えようとする動きが顕著だ。賛否両論が渦巻く中、最も注目を集めている一つがパテック フィリップの「ノーチラス5711/1A」だろう。

昨年生産終了となったが、定価は約400万円。それが現在の二次流通市場では2000万円台半ばで取引されている。昨年発表されたオリーブグリーンダイヤルの「ノーチラス」に至っては、昨年7月のアンティコルムのオークションで定価の約13倍となる約5400万円で落札されたことが話題となった。それが現在検索すると9000万円台。昨年12月にはティファニーブルーの「ノーチラス」が、フィリップスのオークションに出品され、落札額はなんと約7億3000万円‼ 

こう書くと「腕時計投資」にがぜん興味を持たれる方もいるだろうが、本来の価値を大幅に超えた腕時計バブルのようにも映る。こんな状況下では、揺るぎない価値を持った、適正価格のものに目を向けたい。パテック フィリップであれば、旗艦的存在というべき手巻きクロノグラフキャリバー搭載モデルを挙げたい。

揺るぎない価値を持った旗艦的存在

パテック フィリップが、完全自社開発・製造の手巻きクロノグラフキャリバーCH 29-525 PS「レディ・ファースト・クロノグラフ7071」に搭載して発表したのは2009年のことである。このキャリバーの開発は、同社にとって悲願と言っても過言ではなかった。

なぜなら、それまでの手巻きクロノグラフキャリバーは、ムーブメントサプライヤーが製造したエボーシュと呼ばれるベースキャリバーを、パテック フィリップ社内でカスタマイズしたものだったのだ。

パテック フィリップが、クロノグラフ腕時計の製造を本格化させるのは1930年代末。このときエボーシュとしてヴァルジュ社のキャリバー23VZが採用される。これをベースに永久カレンダー搭載クロノグラフ1518や2499、スプリットセコンドを加えた2571などの名機が生み出されていく。

このキャリバーは、50年以上採用され続けながら、85年をもって終了する。ヴァルジュ社が74年にすでに生産を終え、ストックが尽きたこと が理由だった。

ちなみに、その2年後の87年、例外的にプラチナケースの2499が2本のみ製作される。一つはパテック フィリップ・ミュージアムが所蔵し、もう一つは89年4月、アンティコルムによるパテック フィリップ創業150周年記念オークションに出品され、 約3355万円で落札された。その個体は、後にエリック・クラプトンが所有したことでも知られている。これが2012年11月12日クリスティーズで約2億7000万円で落札されたことは、時計業界を越えて、一般のニュースでも大きく取り上げられた。

  • プラチナケースの永久カレンダー搭載クロノグラフ2499 プラチナケースの永久カレンダー搭載クロノグラフ2499
    世界に2本しか存在しないプラチナケースの永久カレンダー搭載クロノグラフ2499。ヴァルジュ23 VZをベースとする手巻きキャリバーを搭載する。一時エリック・クラプトンが所有したことでも知られている。
    ©Christie’s Images Limited 2012
  • 永久カレンダー搭載クロノグラフ1527モデル 永久カレンダー搭載クロノグラフ1527モデル
    1943年に製作された永久カレンダー搭載クロノグラフ1527モデル。2010年のオークションで626万スイスフラン、約5億4500万円で落札。このモデルもヴァルジュ23 VZベースの手巻きキャリバーを搭載する。
  • プラチナケースの永久カレンダー搭載クロノグラフ2499
  • 永久カレンダー搭載クロノグラフ1527モデル

その後、ヴァルジュ23VZに代わって採用されたのが、ヌーベル・レマニア社のキャリバー2310をベースとするCH 27-70だった。86年に永久カレンダーを加えたCH 27-70 Qを搭載した3790モデルを発表。98年には、クロノグラフのみの5070モデルを登場させる。

この頃から、パテック フィリップが、手巻きクロノグラフの完全自社開発・製造に着手しているとのうわさが広がり始めていた。

同時期から、スウォッチグループがエボーシュをグループ外に供給縮小や停止などの方針を打ち出し始め、物議を醸していた。ヌーベル・レマニア社は、前身のレマニア社時代にオメガを中心とするSSIHグループに所属し、オメガ「スピードマスター」のキャリバー321、861なども手掛けた。

しかし81年にSSIHを離れ、ヌーベル・レマニア社として再出発を図る。92年にブレゲ傘下となるが、99年にブレゲがスウォッチグループに買収された際、ともに同グループに入る。パテック フィリップとしては、独立した安定的な生産体制のために、自社製手巻きキャリバーの開発が急務となった。

かくして約10年の時間を費やし、6つの技術特許を取得した新しい手巻きクロノグラフキャリバーCH 29-535 PSがベールを脱ぐ。

現在はクロノグラフのみの5172、永久カレンダー搭載クロノグラフ5270、スプリット秒針クロノグラフ5370、両方を搭載したグランドコンプリケーション5204などによって、この手巻きクロノグラフキャリバーのファミリーが構成されている。

いずれも、バブルに踊らされることのない、不朽の価値を持ったモデルであることを保証しておきたい。

まつあみ靖(まつあみ・やすし)

1963年、島根県生まれ。87年、集英社入社。週刊プレイボーイ、PLAYBOY日本版編集部を経て、92年よりフリーに。時計、ファッション、音楽、インタビューなどの記事に携わる一方、音楽活動も展開中。著書に『ウォッチコンシェルジュ・メゾンガイド』『再会のハワイ』(ともに小学館)ほか。

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。