独創性のアンサンブル

A.ランゲ&ゾーネ

May 10, 2022 Text Yasushi Matsuami

ドイツ・ザクセンの高級ウォッチメイキングの伝統を継承し、さらなる高みへと進化させ続けるA.ランゲ&ゾーネ。その技術力と美的創造性が高次元で融合した新作「ツァイトヴェルク・ハニーゴールド“ルーメン”」が届いた。モデル名となっている三つの言葉から、このモデルの秘密を解き明かす。

ツァイトヴェルク・ハニーゴールド“ルーメン”
60秒、10分、60分が経過する瞬間、各ディスクが正確無比に切り替わる瞬転式のデジタル時刻表示機構を装備。従来のモデルよりもパワーリザーブを約2倍の72時間に向上させたキャリバーL043.9を搭載。4時位置に時表示を単独で進めるボタンも新たに設けられた。

腕時計愛好家から常に注目を集め、期待を超えるモデルでそれに応えてきたA.ランゲ&ゾーネ。「ツァイトヴェルク」は、中でも特別な位置を占める存在だ。機械式デジタル表示という独創的な機構の初代モデルの登場は2009年。9時位置の時表示と3時位置の分表示の計3枚のディスク全てが“瞬転式”。これを実現させた高度な技術力と独創的な意匠とが相まって、「ツァイトヴェルク」はランゲの“顔”の一つとなっていく。

ツァイトヴェルク・ハニーゴールド“ルーメン”
「ツァイトヴェルク・ハニーゴールド“ルーメン”」手巻き、ケース径41.9㎜、ハニーゴールドケース×アリゲーターストラップ、ブティック限定取り扱い、世界限定200本、15,004,000円(予価)。

以降10年余りの中で、さまざまな進化を見せてきたが、今回の新作も刮目に値する。まずハニーゴールドケースが採用された点。ランゲのために開発され、専用使用権を有するこの18K素材は、名前の通りハチミツを思わせる柔らかくエレガントな光沢を特徴とする。特殊な素材配合と熱処理により、一般的な18K素材よりも硬度が高く、傷つきにくいメリットも備えている。

2010年に初採用されて以降、ハイクラスの特別なモデルにのみ使用されてきた。“ルーメン”エディションであることもポイントだ。半透明ダイヤルから複雑機構がのぞけることに加え、ディスク上の数字には蓄光顔料が施され、暗がりでの視認性を確保しただけでなく、それらが半透明ダイヤルを通して神秘的な表情を見せる。この“ルーメン”エディションもごく限られたモデルでしか製作されておらず、愛好家垂涎の的となってきた。

ツァイトヴェルク、ハニーゴールド、ルーメン―象徴的な3要素の奇跡的な競演を味わい尽くしたい。

●A.ランゲ&ゾーネ
TEL0120-23-1845

※『Nile’s NILE』2021年11月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。