美酒の極み

May 28, 2022 Photo TONY TANIUCHI Text Junko Chiba

イタリア北部、ロンバルディア州の丘陵地に広がる葡萄畑。ここで地名を冠したフランチャコルタというスパークリングワインが造られている。その唯一無二の味わいは、舌に、心に、しびれるような感動をもたらしてくれる。日本を含む世界のワイン好きの間で存在感を増すフランチャコルタの世界へいざなおう。

フランチャコルタで使われる葡萄はシャルドネ、ピノ・ネーロ、ピノ・ビアンコ(上限50%)、土着の品種エルバマット(上限10%)の4種。手摘みで収獲される。
フランチャコルタで使われる葡萄はシャルドネ、ピノ・ネーロ、ピノ・ビアンコ(上限50%)、土着の品種エルバマット(上限10%)の4種。手摘みで収獲される。

フランチャコルタを味わう至福のひとときは、グラスに注ぐ瞬間に始まる。きめ細かな無数の泡が束になって湧き上がり、軽やかに舞う。やがて黄金色の液体が静けさに覆われるころ、一本の泡がかすかに揺らぎながらスーッと立ち上る。思わず見惚れる美しさに時間が経つのも忘れるほどだ。すばらしいスパークリングワインが描く一筋の泡は、かなりの時間消えずに呼吸し続けるという。愛好家を魅了するこのフランチャコルタとは、どんなワインなのか。

深い森に抱かれた葡萄畑の記憶をたどると、ルーツは中世、16世紀ごろにさかのぼる。千年以上前の氷河に削られて形成された丘陵地で、葡萄の栽培が始まったのだ。豊富なミネラルを含む土壌、良好な気象条件など、ワイン醸造にとってこの上ないテロワールに恵まれた土地だけに、当時からすでに地元の消費量を上回るワインが生産されていたようだ。

ミッレジマートは30カ月、リゼルヴァは60カ月以上の瓶熟成。
ミッレジマートは30カ月、リゼルヴァは60カ月以上の瓶熟成。

しかしそこでワイン造りの歩を止めていたら今日の成功はなかっただろう。約3世紀の時を経た1960年代、この地に大きな転機が訪れた。醸造家のフランコ・ジリアーニが11の生産者とともに、瓶内二次発酵によるスパークリングワイン造りに挑戦。酵母の澱を入れたまま最短でも18カ月以上の長期にわたって瓶熟成を行うこの製法で、複雑にして官能的な特有の香りを醸す極めて高品質のワインを完成させたのである。

フランチャコルタはその後、洗練されたワインブランドとして急成長。95年にはボトルのラベルから「スプマンテ(発泡性ワイン)の文字が消えた。フランスのシャンパーヌ同様、原産地呼称だけで生産地の領域、生産方式、ワイン名が表されるまでに特異な地位を獲得したのである。

阪急メンズ東京のフランチャコルタ バー。常時10種がそろう。
阪急メンズ東京のフランチャコルタ バー。常時10種がそろう。

現在118を数えるワイナリーでは、代々受け継がれてきた伝統的な製法、つまり栽培からボトリングまで手作業で行うことで極上の味わいを守り続けている。特徴的なのは、この地の葡萄は豊富な糖分を含むため、ドサージュを最低限に抑えられること。例えばナチュールは、ドサージュ・ゼロ。ふくよかな果実感としっかりした酸味がすばらしい。とくにこれからの暑い季節にマッチする超辛口だ。また糖分が1ℓ当たり12g以下の辛口ブリュットのタイプで造られるサテンも夏向き。5気圧以下と低めの内圧による滑らかな口当たりが魅力だ。クリーミーな泡と完熟果実の香り、心地良い酸味が涼やかなハーモニーを奏でる。このほか作柄の品質がとくに良い収獲年度の葡萄だけで造られるミッレジマートや、その中でも質が高く5年以上熟成させたリゼルヴァ、華やかな色合いが美しいロゼなど、糖分控えめの健康的で個性的な面々がそろう。

  • 2周年記念の一皿は豚の軟骨と豚のあたりめ。ナチュールに合う。 2周年記念の一皿は豚の軟骨と豚のあたりめ。ナチュールに合う。
    2周年記念の一皿は豚の軟骨と豚のあたりめ。ナチュールに合う。
  • トリュフを練り込んだサラミなど、人気のおつまみの盛り合わせ。 トリュフを練り込んだサラミなど、人気のおつまみの盛り合わせ。
    トリュフを練り込んだサラミなど、人気のおつまみの盛り合わせ。
  • 2周年記念の一皿は豚の軟骨と豚のあたりめ。ナチュールに合う。
  • トリュフを練り込んだサラミなど、人気のおつまみの盛り合わせ。

 これらのフランチャコルタをバイザグラスで楽しめるポイントがある。阪急メンズ東京3階のバーが その一つ。オープン2周年を迎え、軽食の記念セットを供するなど、キャンペーンを展開している。この 機会に一度、立ち寄ってはいかがだろう。フランチャコルタの世界に気持ち良く酔えること請け合いだ。

●フランチャコルタ協会日本事務局 

※『Nile’s NILE』2021年8月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。