古くて新しい、大阪

OMO7大阪 by 星野リゾート

October 4, 2022 Photo Masahiro Goda Text Rie Nakajima
October 3, 2022 Last modified

星野リゾートが新たな都市ホテルブランドとして2022年4月にオープンさせた「OMO7大阪(おもせぶん) by 星野リゾート」。大阪人も知らない大阪らしさの神髄を満喫できる「なにわラグジュアリー」な旅へ。

外装に膜を張った帆船のような外観
外装に膜を張った帆船のような外観は、江戸から明治時代にかけ、大阪へ全国の食材を運んだ北前船の帆をイメージ。ガーデンエリア「みやぐりん」は街と人をつなげるホテルの象徴。

帆船のような外観の新しい都市ホテル

通天閣を有する大阪府大阪市浪速区は、現代の大阪で最も大阪らしさを体感できる街である。昔ながらの小さな飲食店がひしめく横丁のすぐそばに立つOMO7大阪の洗練された外観は、この街に新たな風を吹き込む存在だ。異質ともいえるが、JR・南海電鉄新今宮駅のホームから見える位置に広がる同ホテルのガーデンエリア「みやぐりん」が、街と人、そしてホテルの壁を取り払い、緩やかな傾斜でつないでいる。街に敬意を払い、ともに新たな魅力を発信しようという星野リゾートの思いを、このガーデンが象徴している。

「OMO」は「星のや」や「リゾナーレ」、「界」などの高級リゾートを国内外に展開する星野リゾートの新たな都市ホテルブランドである。都心の高級ホテルともビジネスホテルとも異なり、“街を楽しむ”という視点から、これまでにない宿泊体験を提供するというコンセプト。街全体を一つのリゾートとして捉え、ホテルから徒歩圏にある新世界などのディープな魅力を発信する、「Go-KINJO(ごーきんじょ)」サービスを提供している。

大阪らしさの神髄を満喫する

  • OMOベースの「ご近所マップ」 OMOベースの「ご近所マップ」
    ディープな近隣情報が満載のパブリックスペース・OMOベースの「ご近所マップ」。
  • OMOベースへと続くアーチ「OMOゲート」 OMOベースへと続くアーチ「OMOゲート」
    OMOベースへと続くアーチ「OMOゲート」。白地に黒の印象的なイラストはタコ焼きがモチーフ。
  • OMOベースの「ご近所マップ」
  • OMOベースへと続くアーチ「OMOゲート」

パブリックスペース「OMOベース」では、スタッフお勧めの飲食店や観光スポットを紹介する「ご近所マップ」がお出迎え。滞在中には、街を知り尽くした「OMOレンジャー」とともに、大阪木津卸売市場を訪れて大阪の「だし文化」について学ぶガイドツアーなど、街の魅力を知るための多数のアクティビティが楽しめるのが特徴だ。市場ではかつお節店の主人がマグロやカツオなどのかつお節の種類について実演しながら教えてくれ、大阪の料理店が価格帯を問わずいかに独自のだしにこだわっているか、その奥深さを実感した。OMOレンジャーなしでは、街の人々とここまで話をする機会は得られないだろう。

随所に「笑い」の要素が取り入れられているのも大阪的。星野リゾートは軽井沢発祥の企業だが、OMO7大阪には大阪出身のスタッフも数多い。それだけでなく、オープン前から街を歩いて地元の人々と信頼関係を築き、街と訪れる人をつなげようという気概がある。大阪府内から訪れるゲストも多く、「大阪出身やけど、楽しかったわ」と言われるのが何よりの褒め言葉だと中村友樹総支配人は言う。

街歩きを楽しみ、心からリラックス

  • のんびり楽しめる湯屋 のんびり楽しめる湯屋
    外につながる天窓から幻想的な光が差し込む「湯屋」。
  • 大阪の観光スポットが描かれた「いどばたスイート」 大阪の観光スポットが描かれた「いどばたスイート」
    リビングに大阪の観光スポットが描かれた約60平米の「いどばたスイート」
  • 「Naniwa Neo Classic(なにわネオクラシック)」の一品「箱寿司」 「Naniwa Neo Classic(なにわネオクラシック)」の一品「箱寿司」
    大阪の郷土料理をフランス料理の技法を用いてアレンジした「Naniwa Neo Classic(なにわネオクラシック)」の一品「箱寿司」。酢飯の代わりにアボカドやクスクス、じゃがいもを層にし、魚介や卵をのせて華やかに仕上げた前菜。
  • のんびり楽しめる湯屋
  • 大阪の観光スポットが描かれた「いどばたスイート」
  • 「Naniwa Neo Classic(なにわネオクラシック)」の一品「箱寿司」

全国から労働者が集まった大阪では、仕事の後に汗を流す風呂屋文化も発展した。それをイメージしたのが「みやぐりん」に併設された「湯屋」だ。光と影を表現した特徴的な空間が、街歩きで心地良く疲れた心も体も癒やしてくれる。

OMOブランドではミニマルからフルサービスまで多彩なホテルが全国展開されるが、OMO7大阪は最高ランクのフルサービスを意味する「7」を冠する。街の景色を見渡しながらリラックスできる客室は、大阪の街をゆったりと堪能できる特等席だ。大阪の食文化を見た目にも華やかに表現したディナーコースなど、食の満足度の高さは星野リゾートならではといえる。ディープで贅沢な「なにわラグジュアリー」を心ゆくまで体感したい。

●OMO7大阪 by 星野リゾート 
TEL 0570-073-099(OMO予約センター) hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo7osaka

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。