LEXUSのグローバルブランドキャンペーン

February 1, 2020
May 19, 2022 Last modified

高級車とライフスタイルの新しい関係を提案

ロボット
グローバルブランド広告キャンペーン『AMAZING IN MOTION』

レクサスは、全世界共通のブランドイメージを確立するため、グローバル規模のブランドキャンペーン“AMAZING IN MOTION”を2013年5月から実施する。キャンペーンでは、ブランドの根幹にある、「お客様の期待を越える驚きと感動を提供しつづける」というビジョンを“AMAZING IN MOTION”というスローガンに込め、時代の先を見据えた高級車とライフスタイルの関わり方を提案するため、自動車領域に留まらない様々な領域で活動する。

具体的には、デザイン、映像、建築、アート、匠の技、食、ファッションなどの幅広い分野での活動を通じ、レクサスと関わるお客様により豊かなライフスタイルを提案していくことを目指す。

真のグローバル・プレミアム・ブランドとして、さらなる進化をし続けるレクサスに今後も注目したい。

具体的なキャペーン内容を紹介する。

“AMAZING IN MOTION”の6つのキャンペーン

①グローバルブランド広告キャンペーン『AMAZING IN MOTION』

5月1日から、“AMAZING IN MOTION”をテーマにしたグローバルな広告キャンペーンを開始。レクサスの内装素材や外装色を使用して作られた2体の巨大パペットによるパフォーマンスを収録したテレビCMを制作し、日本、米国、欧州などで放映する。

その後も様々な“AMAZING”を表現したブランド広告を展開する予定だ。

②グローバルブランド旗艦スペース『INTERSECT BY LEXUS』

INTERSECT BY LEXUS
グローバルブランド旗艦スペース『INTERSECT BY LEXUS』

国際的に活躍するインテリアデザイナー 片山正通氏がデザインを担当する、レクサスブランド体験スペース『INTERSECT BY LEXUS』を展開。

「都市とつながり、人と人、人とクルマが交わる」をテーマとし、デザインやアート、ファッション、カルチャー、映像、音楽、テクノロジーなどを通じて、レクサスが考えるライフスタイルを様々な形で体験できるブランド活動の発信拠点となることを目指す。

③若き匠とLEXUSが提案するアイテム『CRAFTED FOR LEXUS』

レクサスのクラフトマンシップに共鳴し合った日本各地の「若き匠」が制作する特別なライフスタイルアイテムを『INTERSECT BY LEXUS』(東京)にて発売。

第1弾として、日本の匠ブランド14社とコラボレーションし、DRIVE、WORK、EXPLOREの3つのシーンに合わせた技術と造形美が融合した18種類のアイテムを制作する。

④ライフスタイルマガジン『BEYOND BY LEXUS』

新しいライフスタイルを提案するレクサスブランドマガジン『BEYOND BY LEXUS』を創刊。グローバル、かつ地域に根付いた視点から旅、建築、アートなど、クルマ情報にとどまらず、幅広い情報を網羅。世界各国の言語で年2回程発行する予定だ。

日本国内では、一般書店で販売するほか、5月1日からレクサス グローバルサイト(http://www.lexus-int.com/)でも閲覧できる。

⑤世界各地の映像ディレクターとのコラボレーション『LEXUS SHORT FILMS』

世界5地域から、新進気鋭の映像ディレクターを5名選出。米国の映画制作会社Weinstein社による制作協力の下、それぞれのディレクターが“Life is Amazing”をテーマにしたショートフィルムを制作。完成作品は本年5月からレクサス グローバルサイト(http://www.lexus-int.com/)で順次公開する。

⑥次世代のクリエイターを発掘・サポートする『LEXUS DESIGN AWARD』

次世代を担うクリエイターのためのコンペティション『LEXUS DESIGN AWARD』。

“MOTION”をテーマとし、昨年募集した第1回は、世界各国から寄せられた計1,243点の応募から入選作品12点を選定した。うち2点の作者は、建築家 石上純也氏、プロダクトデザイナー サム・ヘクト氏をメンターとしてプロトタイプを制作。12点は、本年イタリア・ミラノで開催されたミラノデザインウィーク(4月10日~4月14日)にて、展示された。また、今後は『INTERSECT BY LEXUS』(東京)でも展示される。

ニューヨークでのイベント「DESIGN MATTERS」
キャンペーンが発表された米国・ニューヨークでのイベント「DESIGN MATTERS」での様子。CMにも登場する2体の巨大パペットのパフォーマンスが披露された。

※『Nile’s NILE』に掲載した記事をWEB用に編集し再掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。