いよいよスーパーカー、パガーニ・ウアイラが 日本初上陸

February 1, 2020
May 19, 2022 Last modified

「PAGANI HUAYRA Japan Premiere Exclusive Night」に
WEB-NILE会員限定特別ご招待

パガーニ・ウアイラ
この度、日本に初上陸することになったイタリアのスーパーカー、パガーニ・ウアイラ。カーボンチタンのモノコック、クロームモリブデンのサブフレーム、ゴールド
カラーの鍛造アルミニウムアームなど、高価なマテリアルを惜しみなく使っている。

“走る宝石”や“地上で最も美しい車”とも呼ばれるイタリアのスーパーカーブランド、パガーニは日本でも多くのファンを持つ。

1992年にアルゼンチン出身のオラチオ・パガーニによって設立されたパガーニは、初代モデル「ゾンダC12」を発表し、マニアの話題を独占。以来、ゾンダシリーズを始めとる数々の名車を発表し、その威風は現在に至るまで衰えていない。

昨年は、新型モデルとなるウアイラを発表。ボディデザインや特徴的なガルウィングドア、カーボンチタンのモノコックボディ、レトロモダンにデザインされた高級感ある車内、そしてパワートレインに至るすべてにおいて、今までのモデルには見られない仕様で、ウアイラ専用に刷新されている。

また、心臓部には、M120系メルセデスAMGの自然吸気V12に代わって、新たに同じくAMGのM158V12の6リッターツインターボエンジンを搭載し、さらに組み合わされるミッションは、「ゾンダR」と同じくXトラック社製の2ペダルMT進化版としている。

これらの新しいサスペション構造により、他のスポーツカーでは味わうことのできなかった軽快な走りが実現 、ゾンダを上回るパフォーマンスをみせてくれる。

車内
数キロの塊から掘り出されたアルミニウムパーツの数々と、プリプレグCFRP、そして最高級レザーハイドの組み合わせて、レトロモダンにデザインされた高級感ある車内。

そのウアイラがいよいよ日本初上陸する。これを記念してパガーニ・ジャパンは、顧客限定の記念イベント「PAGANI HUAYRA Japan Premiere Exclusive Night」を開催する。

今回は、このイベントにナイルスナイルの会員を特別にご招待。ウアイラを間近で見られるほか、創始者であり、デザイナーでもあるオラチオ・パガーニが初来日してウアイラの魅力をプレゼンテーションする。ベーシックモデルで1億円以上というウアイラの性能と美しさは、人とは違うスーパーカーを求める超リッチな顧客の心をつかむ。

同じく、日本初上陸となるパガーニ・ゾンダRエボも展示。いずれも超少量生産のハイエンド・スーパーカーだけに、希少な体験イベントになるだろう。

壁画と車
新しいサスペション構造により、他のスポーツカーでは味わうことのできなかった軽快な走りを実現している。

●パガーニ
TEL03-5511-7722

※『Nile’s NILE』に掲載した記事をWEB用に編集し再掲載しています

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。