ロールス・ロイスとショーメが贈るエクスクルーシブな一夜

February 1, 2020
May 19, 2022 Last modified

「Home of Rolls-Royce Collection Night」に15組30名様ご招待

(左)「Wraith(レイス)」は、ノワール、ドラマと言った佇まいを連想づける、孤高のラグジュアリークーペ。見る者をはっとさせる程の存在感は、ロールスの世界を全く新しい次元へと昇華させている。
(右上・右下)ショーメのアンバサダーの国際的女優ソフィー・マルソーが身につけているのは、ティアラをモチーフにした「ジョゼフィーヌ」。ナポレオンが寵愛した皇妃へのオマージュである最新コレクション。

英国を代表する高級車、ロールス・ロイスの英国本社にあるGOODWOOD工場が設立10周年を迎える。これを記念してロールス・ロイスの正規ディーラーであるコーンズ・モータースは 、11月 19 日(火)にナイルス会員を招いたイベントを開催。ロールス・ロイスの世界観が凝縮した東京ショールームで、クラフトマンシップという、哲学、歴史が紹介され、さらには最新モデルなどに触れることができる。

さらに今回、ナポレオン皇帝も愛した、パリの名門ジュエラーであるショーメのジュエリーや時計もショールームに展示。ラグジュアリーな空間で、一流ブランドの競演をぜひ堪能してほしい。

※『Nile’s NILE』に掲載した記事をWEB用に編集し再掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。