大人の自由研究を愉しむ

May 13, 2022 Text Rie Nakajima

創建以来朝廷の崇敬を受け、平安遷都後は皇城鎮護の神社として長い歴史を刻んできたか茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ:通称 上賀茂神社)は、祭神加茂別雷大神の霊力により厄除けの神様として崇敬され続けてもいる。この霊域を神職が案内する1組限定のプライベートツアー、長い時間の流れと神域の霊験を肌で感じる絶好の機会だ。

重要文化財に指定される上賀茂神社の楼門と玉橋。1000年の歴史を経ても変わることのない眺めがある。
重要文化財に指定される上賀茂神社の楼門と玉橋。1000年の歴史を経ても変わることのない眺めがある。

京都の面白さは、その歴史の深さにある。名所一つとっても、ガイドブックには載っていない興味深い歴史がいくらでもあるのだ。だからこそ、専門家に話を聞きながら京を歩くと、好奇心がくすぐられ、楽しさは何倍にもなる。そんな大人の贅沢な旅を提案しているのが、京都御所や数々の神社仏閣に囲まれた京都ブライトンホテルだ。

お祓いを受け、通常は立ち入ることができない本殿前の神域へ。
お祓いを受け、通常は立ち入ることができない本殿前の神域へ。

夏から秋にかけての目玉プランは上賀茂神社への1回1組の完全プライベートツアー。一般的な団体ツアーとは異なり、神職が直々に案内してくれるのが魅力。話を聞くだけでなく質問も自由だ。誰にも気兼ねすることなく、気になることはなんでも尋ねて知識を深めることができる。

上賀茂神社は正式名称を賀茂別雷神社といい、敷地のすべてが世界文化遺産に登録されている。その名の通り、雷のごとき強い力で厄を祓い、方除・雷除・必勝などの御利益をもたらすとして、時の将軍や皇族、政財界人まで、多くの人々の信仰を集めてきた。その1300年余りの歴史の中にどれだけの事実や逸話が潜んでいるか、想像するだけでも興味をそそられやしないだろうか。

上賀茂神社祭神の母神「賀茂玉依姫命( まよりひめのみこと)」がまつられる片山御子神社。
上賀茂神社祭神の母神「賀茂玉依姫命( まよりひめのみこと)」がまつられる片山御子神社。

プランは京都ブライトンホテルでの1泊と和洋の選べる朝食、上賀茂神社へのタクシー付き(往路のみ)。京都の中心地というホテルの立地も、移動や密を抑えつつ、旅を満喫したいこのご時世の夏休みにはうってつけだ。京都でも屈指の名所で、プライベートに学び直す、大人の自由研究を愉しみたい。

●京都ブライトンホテル TEL075-441-0489

※『Nile’s NILE』2021年8月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。