ホンダ「レジェンド」という生き様

February 1, 2020
May 12, 2022 Last modified

5代目新型「レジェンド」、2015年1月22日デビュー

LEGEND
LEGEND

ホンダが持てる技術を惜しみなく投入し、限界を超えた走りへと挑戦し続ける「レジェンド」。それは、前人未到の感動を目指して突き進む、ホンダの生き様を体現するクルマといえる。

その「レジェンド」から、画期的なハイブリッド技術を搭載した新型「レジェンド」が、2015年1月22日に発売される。5代目となる「レジェンド」が、また新たな伝説を打ち立てる。 

第1に特筆すべきは、3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD※1」だろう。

車体前部に1つと後部に2つの計3つのモーターとエンジンを配置し、ドライバーの要求や走行状態によって前輪駆動、後輪駆動、四輪駆動の3つの駆動方式と、さらにEVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブという3つの走行モードの中から、ベストなモードを自動で選択。高い操縦安定性と上質な乗り心地、そして16.8km/L(JC08モード)※2という優れた燃費性能を実現している。

加えて、世界初※3となる歩行者への衝突回避を支援する「歩行者事故低減ステアリング」を含む先進の運転支援システム「Honda SENSING」※4を搭載。これからの時代を予言する、ホンダの新たな金字塔となりそうだ。

※1 SPORT HYBRID Super Handling All-Wheel-Drive(スポーツ・ハイブリッド・スーパーハンドリング・オール・ホイール・ドライブ)
※2 国土交通省審査値
※3 Honda調べ(2014年11月現在)
※4 Hondaの先進運転支援技術の総称。人間の認知・判断・操作を高度なセンシング技術でサポートし、より安心・安全・快適なモビリティー社会に貢献したいという願いを込めて命名された


●LEGEND
ボディー:全長4995×全幅1890×全高1480㎜
エンジン:3.5ℓ 水冷V型6気筒直噴
最高出力:231kW(314ps)/6500rpm
最大トルク:371Nm/4700rpm
駆動方式:4WD
トランスミッション:7速デュアルクラッチ
価格:6,800,000円

●ホンダ お客様相談センター  TEL0120-11201 

※『Nile’s NILE』に掲載した記事をWEB用に編集し再掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。