ダイナミックに進化したラピード S

February 1, 2020 Text Nile’s NILE
May 12, 2022 Last modified
「ラピード S」
アストンマーティン史上最も人気が高い4ドア4シーターのスポーツカー「ラピード S」。新色のディアヴォロレッドが美しい。

英国のラグジュアリーカーブランドとして知られるアストンマーティン。その中でも最も人気が高い4ドア4シーターのスポーツカー「ラピード S」がダイナミックに進化した。

加速と最高速度を向上させ、燃料消費量と排出ガスを大幅に削減するとともに、最先端のタッチトロニック3の8速オートマチックギアボックスを搭載。このギアボックスをトランスアクスルレイアウトと組み合わせるのは世界初となり、前年モデルより3%の軽量化も成功させている。

また加速は前年モデルの4.9秒を0.5秒も下回る4.4秒を実現(0~100㎞/h加速)し、最高速度は320㎞/ hを上回る数値を達成。燃費はEU郊外サイクルの厳格なテスト条件において平均11%向上、CO2排出量は平均10%削減するなど、ドライビングエクスペリエンスを維持しながらも、パフォーマンスと経済性をより向上させた。

  • 車内 車内
    新たなレザートリムカラーを採用し、シートやヘッドライニングもセレクト可能となった。
  • 車内 車内
    上質なマテリアルに囲まれて、これまで以上にシャープなドライビングを体感したい。
  • 車内
  • 車内

エクステリア、インテリアともに目指したのは、印象的なスタイリング。エクステリアでは、新デザインの10スポーク鍛造アロイホイールを採用することで、外観アピール度はもちろん、標準ホイール比で、およそ7㎏も軽量化を実現させた。また「V12 ザガート」の特別塗装色であったディアヴォロレッドも用意している。

一方、インテリアでは、コンテンポラリーなダークナイト、大胆なファンダンゴピンクなど、新たなレザートリムカラーを採用。さらにサハラタンとヴィブラントレッドによるデュオトーンレザーシート、最高級レザーまたはアルカンターラとキルトを組み合わせた新しいヘッドライニングがセレクトできるようになった。

アストンマーティンの代名詞であるエレガントなイメージはそのままに、よりシャープなドライビングを実現させた。

●Rapide S
ボディー:全長5019×全幅1929×全高1360㎜
エンジン:6ℓ V型12気筒
最高出力:411kW(560ps)/6650rpm
最大トルク:630Nm/5500rpm
駆動方式:FR
トランスミッション:8速AT
価格:24,200,000円

●アストンマーティン ジャパン リミテッド
TEL03-4360-9243

※『Nile’s NILE』に掲載した記事をWEB用に編集し再掲載しています

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。