メルセデスの エンジン革命

February 1, 2020 Text Fumio Ogawa
May 12, 2022 Last modified

E 220 BlueTEC クリーンディーゼル

メルセデス・ベンツは、高性能かつ高品質のプレステージカーとして、世界で最も知名度の高いメーカーの一つ。背景にあるのは技術力の高さで、これこそが新しいクルマを次々に開発する原動力となっている。

今回ご紹介するクリーンディーゼル搭載モデルは、同社の技術と環境適合性への志向が融合して生まれた、注目すべきニューモデルなのだ。

E 220 BlueTEC
2015年3月31日、新型Eクラスに日本でも「E 220 BlueTEC」(599万円)、「E 220 BlueTEC AVANTGARDE」(687万円)、「E 220 BlueTEC Stationwagon」(634万円)、「E 220 BlueTEC Stationwagon AVANTGARDE」(724万円)の4モデルがラインアップに加わった。これら4台とも、新エコカー減税の優遇(重量税および取得税免税)対象となっている。

1936年に世界初のディーゼル乗用車を発売したメルセデス。経験ゆたかな同社が手がける「クリーンディーゼル」は、「世界で最も厳しいとされる日本のディーゼル排出ガス規制に適合する優れた環境性能を実現」(メルセデス・ベンツ日本 広報)というもの。

一方、低回転域から大きな力を出すため、都市部では扱いやすく、高速走行では燃費にすぐれている。かつ、燃料費がプレミアムガソリンと比べるとリッター当たり40円近く安いなど、維持費も低め。要するにかなりいいことづくめなのだ。

その「クリーンディーゼル」の最新版が、2.2リッター4気筒搭載のEクラスである。130kWの最高出力と、1400rpmから発生する400Nmの最大トルクは、必要にして十分。パワフルという形容詞がよく似合う。

E 220 BlueTEC

一度試乗してみれば、実に運転しやすく、とりこになる人が多いというのも納得できるのでは。新しい世界を連れてきてくれるメルセデス・ベンツのイメージにふさわしいニューモデルである。

CLS 220 BlueTEC クリーンディーゼル

車

欧州においてディーゼルエンジンは、かなりスポーティなクルマにも搭載されている。低回転域から力があって、かついまの技術が、回転のスムーズさと同時に高い静粛性を可能にしているため、ラグジュアリーなイメージすら強くただよう。

そのシンボル的な存在が、メルセデス・ベンツCLSクーペおよびCLSシューティングブレークに、2015年3月31日に新たに登場した2.2リッター4気筒クリーンディーゼルエンジン搭載モデルだ。メルセデス車のラインナップの中でも、洒落たクーペスタイルで人気のCLSとクリーンディーゼルエンジンとの組み合わせは、意外に感じるかもしれないが、上記の理由で、実は相性がとてもいい組み合わせなのだ。

  • 車 車
    新型CLSのラインアップは、「CLS 220 BlueTEC」(765万円)と「CLS 220 BlueTEC Shooting Brake」(791万円)。日常の低速ドライビング時にも、強いトルクを感じることができる、その“走り”もいい。
  • 車 車
    新型CLSのラインアップは、「CLS 220 BlueTEC」(765万円)と「CLS 220 BlueTEC Shooting Brake」(791万円)。日常の低速ドライビング時にも、強いトルクを感じることができる、その“走り”もいい。
  • 車
  • 車

全長4.9mの堂々たるボディに搭載される2.2リッター4気筒クリーンディーゼルエンジンは、低い回転数で大きな力を生み出す。130kWの最高出力と、400Nmの最大トルクが、力強い加速と優れたドライバビリティを発揮する。力不足を嘆くオーナーは少ないはず。

また、これらのモデルはセグメント最高水準の燃費約18.5km/l を実現。ロングツーリングのまたとないパートナーとなってくれるだろう。ゴルフでも温泉でもよい。行く先の夢はふくらむ。

●メルセデス・コール TEL0120-190-610

※『Nile’s NILE』に掲載した記事をWEB用に編集し再掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。