ジャガー、 新型モデル発表会

February 1, 2020
May 12, 2022 Last modified

ジャガー XE ジャパン・プレミア

マグナス・ハンソン社長とクリストファー・マッキノン氏
マグナス・ハンソン社長(左)とジャガー・ランドローバーのプロダクト・マーケティング・アーキテクチャー・ディレクターのクリストファー・マッキノン氏(右)。

6月2日、ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、新型スポーツサルーン、ジャガー XEの日本仕様をEXシアター六本木で発表。同日から受注販売を開始した。

新型ジャガー XEは、サルーンの概念を変革するゲームチェンジャーといえる。そのXEの披露には、ゲームチェンジャーの存在が必要不可欠だ。イベントのオープニングには、ダンス界のゲームチェンジャーといえるレッキンクルーオーケストラがジャガーXEのためにLEDを駆使したスペシャルパフォーマンスを披露した。

今回イベントのために来日したジャガー・ランドローバーでプロダクト・マーケティング・アーキテクチャー・ディレクターを務めるクリストファー・マッキノン氏は、XEについて「全く新しいアーキテクチャーに、全く新しいエンジンを搭載し、全く新しい工場で生産される、全く新しいクルマ」であると話した。

それだけ、ジャガー史上、最も先進的で高効率、そして高度に洗練されたクルマなのである。

レッキンクルーオーケストラ
レッキンクルーオーケストラによるパフォーマンス。

また、会場ではジャガーのブランド・アンバサダーを務めるプロテニスプレーヤーの錦織圭選手の運転する車に同乗しているかのような試乗体験システム、ジャガー・バーチャル・ドライブが設置された。ジャガー・バーチャル・ドライブは全国の正規ディーラーで体験ができる。

●ジャガーコール
フリーダイヤル0120-050-689

※『Nile’s NILE』に掲載した記事をWEB用に編集し再掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。