存在感が光る無敵のSUV レンジローバー・スポーツ SVR

February 1, 2020 Text Fumio Ogawa
May 11, 2022 Last modified

4WDでありながらステータスの高さは並外れているのが英国のレンジローバー。上質な作りと高い性能で、世界中の富裕層を魅了している。そこに加わったレンジローバー・スポーツ SVRは、スポーツカーのような高性能とスタイリッシュな外観で、今、熱い注目を浴びている最新モデルだ。

レンジローバー・スポーツSVR

高品質で高性能。英国のレンジローバーの魅力を表現するのに、まずこの二つの言葉がすぐに思い浮かぶ。

最新のレンジローバー・スポーツSVRの場合、より高性能、と付け加えたほうがいいかもしれない。

ランドローバー社にはスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)と呼ばれる部門がある。まるでボンド映画に出てくるようなしゃれた名称だ。専門はクルマのチューニング。

日本でも2015年秋に発表されたレンジローバー・スポーツ SVRは、SVOが設計と開発を担当した。入念に手を入れたパワートレーンとシャシーを備え、並外れた迫力を持ちつつもエレガンスを感じさせるスタイル。ライバルから一頭地を抜いた存在感が光る。

5リッターのエンジンによる最高出力は550ps、最大トルクは680Nm。静止から時速100㎞まで加速するのにわずか4.7秒とスポーツカー並みだ。それでいて、荒れ地などが含まれる領地を所有する英国の富裕層に愛されてきたヘリテージを備える。オフロードも得意なのだ。多方面にわたる性能の高さをケイパビリティーと呼ぶが、まさになんでも出来るクルマである。

21インチの大径ホイールや大型エアダムを備えたバンパーなどは、すごみを利かせつつもスタイリッシュな印象を与える。室内もスタイルはスポーティーだが作りは最上級。贅沢なものを知り尽くしている層の要求に応える。誰もが乗れるわけではない、今最も魅力的なクルマである。

ウィンザーレザー製のスポーツシート。レーシングカーを思わせるスポーティーな室内だ。とはいえ、ここにも希有なケイパビリティーがうかがえる。

●RANGE ROVER SPORT SVR
ボディー:全長4880╳全幅1985╳全高1800㎜
エンジン:V型8気筒 5ℓ スーパーチャージャー
最高出力:405kW(550ps)/6500rpm 
最大トルク:680Nm(69.3kg-m)
駆動方式:4WD 
トランスミッション:8速AT 
価格:16,050,000円

●ランドローバーコール フリーダイヤル0120-18-5568

※『Nile’s NILE』に掲載した記事をWEB用に編集し再掲載しています

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。