五感で味わう料理と音楽とレクサスLC

February 1, 2020
May 11, 2022 Last modified

ナイルス会員特別招待 THE NEW LCプロトタイプ披露パーティー

LEXUS LC500 レクサスLC500
LEXUS LC500 レクサスLC500は、2012年デトロイトモーターショーに出展し、好評を博したデザインスタディモデル「LF-LC」がベースとなっている。このデザインテイストを昇華して、美しいデザインをつくり上げた。※車両は開発車両(北米仕様)のため、最終仕様と異なる場合があります。

2016年1月、米国のデトロイトモーターショーで世界初披露されたレクサスのラグジュアリークーペ、LC500。この鮮烈なデビューから1年、2017年春の発売に先がけてレクサスLCの披露パーティーを特別にナイルスナイル会員限定で1月30日に開催。

このまたとない機会に、レクサスLCと料理、そして音楽とともに五感で味わってほしい。

レクサスを新たな章へと導くべく誕生した、ラグジュアリークーペ――レクサスLC。レクサスの次世代を象徴するこのフラッグシップクーペとなるLCとともに、新たなステージへ向かう。

レクサスLC

このレクサスLCの実現は、ブランドに大きな変革をもたらす、新たな挑戦であった。まず目指したのは、走りのイメージを具現化した妥協なきエクステリアだ。ラグジュアリークーペとしてのエレガントさと、ダイナミックなプロポーションを融合させたデザイン。低重心かつ低い全高とワイドな全幅でアグレッシブなスタンスを実現し、四隅のタイヤを強調するフェンダーが張り出した、抑揚ある立体構成でクーペとしての機敏さを表現した。

「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、世界中のワインディングロードや高速道路などあらゆる道を走り込み、プラットフォームやサスペンションを新たに開発。素直なハンドリングで、すっきりとした奥深いドライビングフィールを実現している。

さらに、V型8気筒5・0リットルエンジンに、新開発10速オートマチックトランスミッションをレクサスとして初めて採用することで、伸び感ある加速とドライバーが意図する走行リズムをつくり出す。 そしてこの変速感が、エンジンサウンドと調和するような気持ちのいいものとなり、“走りのラグジュアリー”を体感することができる。

もちろん、インテリアもドライビングプレジャーと快適性が融合していなければならない。

コックピットは、ドライバーとクルマの一体感を醸成するドライビングポジションとし、人を包み込みながら、開放的な空間の助手席は、車両前方に広がりを感じさせる。

また、上質な素材で使うたびに深まる心地よさを、レクサス独自の感性とクラフツマンシップによる高度なモノづくりで実現している。
 
ラグジュアリークーペ、レクサスLCをナイルスナイル会員60名だけに披露するパーティーを2017年1月30日に開催する。LCの走りをきたえたカルフォルニアの雰囲気をそのまま日本でも再現し、そのラグジュアリーな空間で心ゆくまでレクサスLCを堪能する。

パーティーに華を添えるのは、ミシュランの二つ星を持つレストラン「エスキス」の料理とナパバレーのワイン、そして小野リサによるこの日のためだけの特別なステージ。

  • 料理 料理
    パーティーを彩る料理で、カルフォルニアの豊かな風土を感じてもらう。
  • 小野リサ 小野リサ
    ゆったりとした西海岸の雰囲気を彷彿させるボサノバを披露する小野リサ。
  • 料理
  • 小野リサ

エスキスのエグゼクティブ・シェフであるリオネル・ベカがカルフォルニア・キュイジーヌに初挑戦。西海岸の“ウエスト・コースト・フレンチ”をイノベーションした料理を披露する。芳醇で優雅な味わいの食材を用いた料理とナパバレーのワイン、そしてカルフォルニアのゆったりとした豊かな気分になる小野リサの歌声――。

こうしてレクサスLCを“五感”で味わい、全身で感じる。その体験は、忘れられないものとなるに違いない。

※『Nile’s NILE』に掲載した記事をWEB用に編集し再掲載しています

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。