ジャガー・ランドローバー試乗会開催

February 1, 2020
May 11, 2022 Last modified

ナイルスナイル会員限定 SVOの神髄を知る試乗会イベント開催

レンジローバー SVオートバイオグラフィーとレンジローバー・スポーツ SVR、ジャガーFタイプ SVR クーペと同コンバーチブル

レンジローバー SVオートバイオグラフィーとレンジローバー・スポーツ SVR、ジャガーFタイプ SVR クーペと同コンバーチブル、ジャガー・ランドローバーのSVO部門が手掛けた特別モデルに試乗するイベントを開催。お好きなモデルで有明周辺を40分程度試乗できます。

また、試乗の前後で、ラグジュアリーな空間が広がる「RISTORANTE OZIO」でのランチを楽しめます。

「RISTORANTE OZIO」
光が店内に差し込む開放的な空間でナチュラルイタリアンを堪能できる「RISTORANTE OZIO」。“OZIO”とは、イタリア語で「優雅な暮らし」という意味だ。

ご存じだろうか。ジャガー・ランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)と呼ばれる部門を。

ここが手掛けたエクスクルーシブなモデルをナイルスナイル会員のために用意。4月に試乗会を開催する。

レンジローバー SVオートバイオグラフィー
RANGE ROVER SVAutobiography スタンダードモデルとは違う“オーラ”を感じずにはいられない、レンジローバー SVオートバイオグラフィー。

英国が誇る、世界トップクラスのプレミアムスポーツカーのジャガーと、プレミアムSUVのトップランナーであるランドローバー。高品質で高性能を追求する二つのブランドを擁するジャガー・ランドローバーには、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)と呼ばれる部門がある。

ここでは、両ブランドの、ハイパフォーマンスモデルを始め、カスタマイズ仕様車や数量限定の高級特別モデルを開発している。

ほかにも、ジェームズ・ボンドが登場する映画『007』シリーズの最新作『スペクター』で、迫力あるカーチェイスを展開するジャガーのコンセプトモデルC‐X75や、過酷な地形を走破したレンジローバー・スポーツSVRといった、壮絶なカーアクションを実現する撮影用のクルマも担当しているのだ。

実は、このSVOが手掛けたエクスクルーシブなモデルが、両ブランドでラインアップされているのはご存じだろうか。ほとんどが受注生産のため、ショールームに並ぶ機会が少ないが、今回、両ブランドから2モデルずつ試乗車を用意した。

SVOの本部
2万m2の広さがあるSVOの本部には、40基ものワークベイと、世界屈指の塗装施設を備える。ジャガー・ランドローバーのセンターオブエクセレンスとして機能している。

ランドローバーからは、レンジローバー SVオートバイオグラフィーと、レンジローバー・スポーツSVR。どちらも、エンジンは5リッターV8スーパーチャージャー、最高出力は550馬力となる。

レンジローバー SVオートバイオグラフィーのエクステリアとインテリアは、このクルマならではのビスポークテイストあふれるアレンジにより、スタンダードモデルとは違う特別なオーラを放つ。具体的にはフロントグリル、専用デザインのテールゲートのバッジなどが印象的だ。また、ボディーはコントラストカラーを組み合わせるデュオトーンペイントをオプションで用意しており、これだけでも個性的である。

レンジローバー・スポーツ SVRは、入念に手を入れたパワートレーンとシャシーを備え、並外れた迫力を持ちつつも、エレガンスを感じさせる。スポーツカーのような高性能とスタイリッシュなデザインが、無敵の存在感を示す。

  • レンジローバー SVオートバイオグラフィーのシート レンジローバー SVオートバイオグラフィーのシート
    レンジローバー SVオートバイオグラフィーのシートには「autobiography」の文字が丁寧にししゅうされており、贅沢に浮かび上がる。
  • テールゲート テールゲート
    テールゲートにも「SVautobiography」と刻まれており、特別仕様であることを示す。
  • レンジローバー SVオートバイオグラフィーのシート
  • テールゲート

ジャガーからは、SVOが初めて手掛けたFタイプ SVR クーペとコンバーチブルを用意。エンジンは5リッターV8スーパーチャージャー、最高出力は575馬力、静止から100キロまでをわずか3・7秒という走りを誇る。

圧倒的なパフォーマンスと、最高級のラグジュアリー、そして最新のテクノロジーが融合した、最高のジャガーを具現化。これまでのスポーツカーの“常識”に、一石を投じるほどのモデルだ。

  • Fタイプ SVR クーペ Fタイプ SVR クーペ
    ジャガー史上、最も速くパワフルな最上級グレードであるFタイプ SVR クーペ。最高速度322㎞/hの圧倒的なパフォーマンスを持つ。
  • SVOが設計・開発を手掛けたジャガーの最上級モデル SVOが設計・開発を手掛けたジャガーの最上級モデル
    SVOが設計・開発を手掛けたジャガーの最上級モデルである証し。
  • Fタイプ SVR クーペ
  • SVOが設計・開発を手掛けたジャガーの最上級モデル

こうしたジャガー・ランドローバーSVO部門が生み出した特別なクルマで、春爛漫(らんまん)となる4月に有明周辺の湾岸エリアを駆ける。こんな贅沢なドライブをしてみてはいかがだろうか。「リストランテ OZIO(オッツィオ)」での優雅なランチを楽しみながら、試乗ができるまたとない機会だ。

今までに経験したことのない、無敵の走りが待っている。

※『Nile’s NILE』に掲載した記事をWEB用に編集し再掲載しています

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。