SUVの頂点が日本登場 LEXUS LX

February 1, 2020 Text Fumio Ogawa
May 11, 2022 Last modified

2015年8月20日にレクサスは、SUVのフラッグシップに位置づけられるLX570を発表した。
5mを超す8人乗り車体にパワフルな大型エンジンを搭載したのが大きな特徴。最新のテクノロジーで安全かつすぐれた走行性能を誇る無敵ぶりに注目だ。

LX570

ラグジュアリーSUVは世界的なトレンドという。レクサスが日本発売を開始した新型LX570は、SUVファンに待ち望まれていた一台だ。LX570の特徴を一言で言うと、全てがあること。

534Nmのトルクを持つV8、5.7ℓエンジンを搭載。燃費効率とトルク伝達に優れる8段オートマチック変速機を介して、4輪を駆動する。オフロード性能も、北米や中近東など多様な路面を持つ国で、多くのファンからお墨付きを得ている。

アクセルやブレーキを操作することなくハンドル操作のみで極低速走行が可能な「クロールコントロール」や、モードセレクターで、岩場や泥濘(ぬかるみ)路など路面を選ぶと、駆動力やブレーキを最適制御してくれる「マルチテレインセレクト」も便利だ。

オンロードでの楽しさも追求されている。エコやコンフォートからスポーツ エスプラスまで走行モード(出力、サスペンション設定、空調の組み合わせ)を切り替えられる「ドライブモードセレクト」が用意された。サスペンションは硬さを電子制御でき、エンジンを切ると車高を下げて乗降性に配慮する乗降モードを初めて採用。

歩行者も検知する「プリクラッシュセーフティシステム」、車線逸脱の可能性を知らせる「レーンディパーチャーアラート」、全車速追従機能付「レーダークルーズコントロール」など安全装備も豊富だ。頼りになる。

何もかも備えた、新世代のレクサスのフラッグシップSUVがLX570なのである。

LX570
堂々たるサイズの車体に、8人乗り3列シートを備えたLEXUS SUVの頂点。レザーとウッドの贅沢な内装を持つ一方、最大安定傾斜角44度などオフロード性能にも優れる。

●LEXUS LX570
ボディー:全長5065×全幅1980×全高1910㎜
エンジン:5.7ℓ V型8気筒DOHC
最高出力:277kW(377ps)/ 5600rpm
最大トルク:534Nm(54.5kgf•m)/ 3200rpm
駆動方式:AWD
トランスミッション:8速AT
価格:11,000,000円(オプションは含まず)

※『Nile’s NILE』に掲載した記事をWEB用に編集し再掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。