新世代のLEXUS

February 1, 2020
May 12, 2022 Last modified

LEXUSが新型「IS」を世界初公開

LEXUSがマイナーチェンジした「IS」を世界初公開した。

新型「IS」
走りも操作性も格段に進化した新型「IS」。薄型ヘッドライトと新意匠のスピンドルグリルが存在感を放っている。

1999年の初代モデル誕生以降、クルマを操る楽しさを追求し、LEXUSの乗り味の礎となるべく進化を続けてきたモデルだ。この新型「IS」は、細部まで徹底的にこだわり抜くことで日常はもちろんあらゆる走行シーンにおいて減速、操舵、加速がシームレスにつながる気持ち良さとドライバーの意図に忠実でリニアな応答を追求している。

デザインは、ワイド&ローなフォルムにこだわり、高精度なプレス技術により、低重心で4ドアクーペのようなプロポーションや抑揚の効いた造形を実現。運動性能の高さを予感させるアグレッシブなデザインだ。

インテリアでは、タッチ操作が可能な10.3インチタッチワイドディスプレイを採用。iPhoneやスマートフォンと連携することで画面操作や音声操作が可能になるなど利便性が大きく向上した。

インストルメントパネル上部やドアパネルに有彩色を設定しツートーン配色に
インストルメントパネル上部やドアパネルに有彩色を設定しツートーン配色に。乗車時に高揚感を感じさせるカラーコーディネートだ。

先進安全技術「Lexus Safety System +」もさらなる進化を遂げた。左側通行における交差点右折前の対向直進車や左右折時の横断歩行者の探知などプリクラッシュセーフティの対応領域の拡大や、車線内で操舵をアシストする緊急時操舵支援など高い安全性を実現している。

大きな進化を遂げた新型「IS」。日本での発売は2020年秋頃を予定している。

●レクサスインフォメーションデスク 
TEL0800-500-5577

※『Nile’s NILE』に掲載した記事をWEB用に編集し再掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。