沖縄の原風景に暮らす

April 28, 2022

ゆったりと、緩やかに過ぎる島時間。それを体感するなら、島で暮らすように滞在するのが
一番だ。星のや竹富島は、そんな貴重な島暮らしを心行くまで満喫できる宿である。

グックに囲まれた、琉球赤瓦屋根の客室がたたずむ星のや竹富島。2012年のオープンから7年が経ち、木々が成長し、グックも黒ずみ、島の風景に一層なじんでいる。
グックに囲まれた、琉球赤瓦屋根の客室がたたずむ星のや竹富島。2012年のオープンから7年が経ち、木々が成長し、グックも黒ずみ、島の風景に一層なじんでいる。

緑の中に広がる、48棟の戸建ての客室。琉球赤瓦の屋根には、愛あい嬌きょうのあるシーサーが鎮座している。琉球石灰岩で組まれたグックという石垣には、台風の強風でも崩れないよう島の人の知恵と技術が詰まっている。客室の間は同じくサンゴの砂が敷き詰められた白い道でつながれ、まるで国の重要伝統的建造物群保存地区に登録されている竹富島の、もう一つの集落のようだ。

  • 集落の中央にあるすり鉢状のプール。青空の下、泳いだり、プールサイドでまどろんだり、夜は満天の星を眺めたり、おのおのが好きなように利用している。 集落の中央にあるすり鉢状のプール。青空の下、泳いだり、プールサイドでまどろんだり、夜は満天の星を眺めたり、おのおのが好きなように利用している。
    集落の中央にあるすり鉢状のプール。青空の下、泳いだり、プールサイドでまどろんだり、夜は満天の星を眺めたり、おのおのが好きなように利用している。
  • 部屋タイプ「キャンギ」には琉球畳が敷かれ、ほんのりと香る畳の香りに癒やされる。南側の窓を全開放すると、心地よい風が通り抜ける。 部屋タイプ「キャンギ」には琉球畳が敷かれ、ほんのりと香る畳の香りに癒やされる。南側の窓を全開放すると、心地よい風が通り抜ける。
    部屋タイプ「キャンギ」には琉球畳が敷かれ、ほんのりと香る畳の香りに癒やされる。南側の窓を全開放すると、心地よい風が通り抜ける。
  • 「琉球ヌーヴェル」の一品、「車海老の海藻蒸し シークワーサーの香り」。目の前で火を 入れる演出も楽しめる。 「琉球ヌーヴェル」の一品、「車海老の海藻蒸し シークワーサーの香り」。目の前で火を 入れる演出も楽しめる。
    「琉球ヌーヴェル」の一品、「車海老の海藻蒸し シークワーサーの香り」。目の前で火を入れる演出も楽しめる。
  • 集落の中央にあるすり鉢状のプール。青空の下、泳いだり、プールサイドでまどろんだり、夜は満天の星を眺めたり、おのおのが好きなように利用している。
  • 部屋タイプ「キャンギ」には琉球畳が敷かれ、ほんのりと香る畳の香りに癒やされる。南側の窓を全開放すると、心地よい風が通り抜ける。
  • 「琉球ヌーヴェル」の一品、「車海老の海藻蒸し シークワーサーの香り」。目の前で火を 入れる演出も楽しめる。

観光客の少ない早朝、宿泊客限定の水牛車で島内の散歩を楽しみ、日中は海で遊び、島の人から民具づくりを教わったり、客室で風の音を聞きながら読書をしたりと、のんびり過ごす。

夕方には、「ゆんたくラウンジ」で島の演者による優しい三さん線しんと唄に聞きほれる。おなかがすいたら、沖縄特有の食材とフランス料理の技法を用いたディナー「琉球ヌーヴェル」を堪能したい。珍しい魚介類や島野菜、南国の果物、豚や牛、ハーブやスパイスなど、沖縄の上質な素材を、シェフの新たな発想とフレンチの手法で仕上げたおいしさ。朝食では、伝統の重箱料理「ウサンミ」を、八重山で親しまれている食材でアレンジした「琉球朝食」など、滋味豊かな活力の湧く食事がいただけるのは、実に「星のや」らしい。

夜には明かりを最低限に抑え、星が瞬く漆黒の闇に包まれるのも島ならでは。島の自然を感じ、一体となることで、竹富島を本当に理解することができるのだ。

●星のや竹富島沖縄県八重山郡竹富町竹富TEL0570-073-066(星のや総合予約) 

※『Nile’s NILE』2019年10月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。