パガーニの最新モデル登場

April 26, 2022

将来のパガーニモデルとなる究極のハイパーカー

イタリアのパガーニ・アウトモビリが、世界30台限定生産、260万ユーロ(約3億3800万円)の最新モデル「ウアイラR」を発表。

純粋かつ情熱的で力強いパガーニの特徴を魅力的に表現しながら、最高水準の自動車工学および空気力学のノウハウに、かつてない美意識を融合させたレーストラック用ハイパーカーとなっている。

  • 「ウアイラR」 「ウアイラR」
  • 「ウアイラR」 「ウアイラR」
  • 「ウアイラR」
  • 「ウアイラR」

「2008年より私たちはウアイラの開発に取り組んでいましたが、エンジニアリングとスタイルの観点から非常に難しく、厳しいプロジェクトとなっていました。長い開発期間を経て、自由に表現したいという思いを強く持ち続けた結果生まれたのがゾンダRです。ゾンダRは制約や規則から解き放たれたロードトラック用モデルであり、美しさ、高いパフォーマンス、安全性のすべてを備えていました。今回のウアイラRもゾンダRと同様、パガーニ史上最も自由でエクストリーム、かつ高いパフォーマンス性を実現したモデルになります」と創業者兼チーフデザイナーのオラチオ・パガーニ氏は話す。

また最高出力850馬力、最大トルク750Nmを発揮するパガーニ製の新型V12エンジンを搭載し、レッドゾーンの9000rpmまで最高の走行性能を実現。最高水準の安全性を確保しながら最新技術を駆使し、1050㎏までの軽量化にも成功している。

パガーニの技術力と開発力を集結した「ウアイラR」は、将来のパガーニモデルの基盤となるような究極のハイパーカーと言えるだろう。

「ウアイラR」
エンジン:パガーニ製V12-R 6.0ℓ 自然吸気12気筒V型
最大出力:850 HP (625 kW)/8250 rpm
最大トルク:750 Nm/5500~8300 rpm
駆動方式:FR
トランスミッション:6速MT
価格:約3億3800万円。

●パガーニ・アウトモビリ TEL078-231-8336

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。