最先端ラグジュアリー

April 25, 2022 Text Asuka Kobata

ラグジュアリーのその先へ。そんなコンセプトを掲げて誕生したハワイ・オアフ島のホテル「エスパシオ・ザ・ジュエル・オブ・ワイキキ」。1フロアに1室のみ、全9室のすべてがスイートルームという贅沢な空間で、しつらえからサービスまで一つひとつこだわり抜き、究極のラグジュアリーホテルを実現している。

輝く海を目前に眺めながら、細部までこだわり抜いた最上質のインテリアに包まれ、思いのままに過ごす。そんな滞在がかなうホテル「エスパシオ・ザ・ジュエル・オブ・ワイキキ」が、2019年秋にハワイにオープンした。

オアフ島の中心地、ワイキキのなかでも、メインストリートであるカラカウア大通りに面する一等地で、ワイキキビーチまで徒歩数十秒の距離。この恵まれた立地にして、全9室の客室はどれもワンフロアをすべて専有するスイートルームという、これまでの概念を超えたホテルとなっている。

屋上のインフィニティプール
屋上には目前のワイキキビーチと連続するようなインフィニティプールが。プールサイドにはサンデッキがあり、あらかじめ希望をすれば夕日を眺めながらの食事が楽しめる。

「ビヨンド・ザ・ラグジュアリー」をコンセプトに掲げるエスパシオは、誰も味わったことがないような絶対的な価値のある滞在を目指してスタートした日本発のホテルブランド。エスパシオとはスペイン語で宇宙・空間を意味し、ラグジュアリーのもっと先に宇宙のように無限に広がる世界をイメージしている。

そして、それを体現するホテルとして最初にオープンしたのが、ここ「エスパシオ・ザ・ジュエル・オブ・ワイキキ」だ。ゲストをもてなすために一つひとつ整えられた本物のインテリアや、細かに行き届いた気配りは日本発ならではのもの。そこにハワイらしいおおらかな雰囲気やリラックス感がミックスして、新たなスタイルをかなえた。

まずうれしいのは、完全なプライベート空間が確保できること。客室は5〜13階の9フロア9室のみで、同時に滞在する人数そのものが限られている。さらに3階のレセプションからエレベーターでアクセスすると、その先にあるのは自室のみとなり、ほかのゲストと接触することはない。

客室も開放的ながら外部からの視線が気にならないよう設計するなど配慮がなされているため、安心して自分たちだけの時間を過ごすことができる。

ハワイらしい開放的な雰囲気
フロアによって異なるテーマカラーを設けて統一感のあるインテリアに。海を眺めるリビングとラナイが連続し、ハワイらしい開放的な雰囲気だ。

各客室にはLDKに加えて三つのベッドルームがあり、200㎡以上の広々とした空間を確保。これは従来のホテルではスイートルームでもなかなか実現できない広さだ。

キッチンやランドリーも完備され、ホテルのサービスを受けながら、セカンドハウスのように暮らす滞在が可能。どの部屋にも美しい海に面して開放的なラナイ(テラス)があり、そこには水平線を眺めながら浸かれるジャグジー®が配されている。

鳥のさえずりを聴き、絶景を眺めながら、誰に邪魔されることもなく過ごすひとときは、何ものにも代えがたい贅沢なものだ。

  • ジャグジー ジャグジー
    ラナイにはどの部屋にもジャグジー®が設けられている。そのほか全室にサウナがあるのもうれしい。
  • マスターベッドルーム マスターベッドルーム
    マスターベッドルームも全室が海に面したオーシャンビュー。上質なリネンにくるまれて最上級のリラックスタイムを過ごせるだろう。
  • ジャグジー
  • マスターベッドルーム

また、イタリアから取り寄せた大理石貼りの床や職人の手作業で精緻な透かし細工を施したモロッカンランプ、カスタムメイドのカーペット、キッチンのブランド調理機器など、客室にあるものはどれもが超一流品。見えるもの、触れるもののすべてに上質な本物のみを厳選し、究極のラグジュアリーを表現した。

  • モロッカンランプ モロッカンランプ
    一つひとつこだわりを持って厳選された調度品やアート。脚部に精緻な細工が施されたモロッカンランプは、博物館に並ぶ工芸品そのものだ。
  • タオルやバスローブ タオルやバスローブ
    タオルやバスローブは、愛媛・今治で作られるオーガニックコットン100%のテネリータのものを使用。
  • モロッカンランプ
  • タオルやバスローブ

ハワイ滞在がこれまで以上に楽しみになる最上質のホテル。ラグジュアリーのその先にある世界を、あなたもぜひ体感してほしい。

●エスパシオ・ザ・ジュエル・オブ・ワイキキ 
(+1)-808-376-7355 ※米国外からの予約専用ダイヤル(英語対応)

※『Nile’s NILE』2022年2月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。