スコアアップにコミットするライザップゴルフ

April 24, 2022 Photo Satoru Seki Text Mayumi Sakamoto

「結果にコミットする」でおなじみのライザップが、2年前にスタートしたライザップゴルフ。今年1月にオープンした池袋店では、ゴルフレッスンとボディメイクを同時に強化する「トータルパフォーマンスアップコース」を用意している。ゴルフ上達のためのボディメイクで、スコアアップにコミットする。

ライザップ池袋東口店店舗責任者の佐藤友軌氏(左)
ライザップ池袋東口店店舗責任者の佐藤友軌氏(左)と、ライザップゴルフ池袋店トレーナーの阿部誉廉氏(右)。上質なトレーナー陣がタッグを組み、「トータルパフォーマンスアップコース」をサポートする。

本を読んだり、練習場に通ったり、ゴルフはストイックに取り組む人が多いスポーツではないだろうか。どれほど練習してもスコアがアップしない、うまくなりたいが何をすればいいのか分からないといった声に応えるのがライザップゴルフ。ステップアップのために考え抜かれたメソッドと、ゴルフ上達のための充実した環境が用意されている。

「スコアアップにコミットする」。それを実現するのは科学的根拠に基づくメソッド、こだわりのレッスン環境、そして専任トレーナーによるマンツーマン指導ときめ細かなサポートである。トレーニングメニューは多岐にわたり、一人ひとりに合わせたプログラムを構築。また、オリジナルのデータ分析システムによりショット別のスキルや精度を解析して、練習に役立てていく。トライアルプランで2カ月間。週2回のレッスンの他、自宅でできる練習メニューなども提案する。

ラフや芝の逆目も備えたレッスンルームは完全個室
ラフや芝の逆目も備えたレッスンルームは完全個室。高性能の設備でコースを再現しながらマンツーマン指導を行う

「今までいろいろなスクールに通ったけれど、ラウンドに出るといい結果が出ないという方がほとんどです。それだけに上達したいという思いは強く、私たちトレーナーはその思いに応えるべく、真剣に取り組んでいます。技術面はもちろんのこと、メンタル面でのサポートも大切にしながら、その方に合ったオンリーワンの練習メニューをご提案させていただきます」と言うのは、ライザップゴルフ池袋店トレーナーの阿部誉廉氏。レッスン時にウイークポイントや顧客のニーズを察知して、最適なプログラムを伝えていく。クラブのカスタマイズもその一つ。要望があればライザップゴルフ内にある工房で自分に合ったこだわりのオリジナルクラブを製作することができる。

またライザップゴルフの強みの一つに、トレーナー向けの研修プログラムがある。研修時間は140時間以上、段階ごとに新たなプログラムが用意され、常にバージョンアップを図っている。高いゴルフ技能はもちろん、ゴルフ解剖学、人体の仕組み、クラブに関する物理的な知識などを幅広く学び、優れたゴルフ技術指導を取得したと認められた人だけがトレーナーになることができる。

セミオープンのトレーニングルームはレッスン以外で使えるスペース
セミオープンのトレーニングルームはレッスン以外で使えるスペース。ゴルフのレッスンルームも空きがあれば自由に利用できる。いずれも会員限定で、レッスン予約優先

ライザップゴルフ池袋店では、ゴルフとボディメイクを同時に行う「トータルパフォーマンスアップコース」を新設した。「ゴルフの飛距離を伸ばすためには肩甲骨の可動域や柔軟性も大切となるため、相乗効果は大きいと考えました。2カ月間でゴルフ16回、ボディ16回というハードなコースなので本気の方限定とさせていただいています。ゴルフとボディメイクの各トレーナーが連携し全力で支えていきます」と言うのは、ライザップ池袋東口店店舗責任者の佐藤友軌氏。スコアアップにコミットするために、さまざまな方法が用意されているのだ。

完全個室のトレーニングルーム
ゴルフ上達のために必要な体を作るボディメイクも完全個室のトレーニングルームで指導

「100を切れたら次はもっと」と、継続する顧客も多いと言う。また新たな挑戦に向かうことができるのは、ライザップゴルフで自信と輝きを手に入れたからかもしれない。

●ライザップゴルフ 池袋店 0120-063-700 

※『Nile’s NILE』2017年4月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

Tags:

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。