新しいゼクシオナインはヘッドが走る

April 24, 2022 Photo TONY TANIUCHI Text Tatsuya Kushima
April 30, 2022 Last modified

2000年のデビュー以来、16年連続で国内の売り上げナンバーワンを誇るトップブランドとして君臨する「ゼクシオ」。その9代目となる「ゼクシオ ナイン」は、「いつものように振れば、ヘッド軌道が変わって、ヘッドスピードがアップ、さらなる飛びを実現する」という進化を遂げた。ゴルフ雑誌の編集長を務めた経験を持ち、ゴルフが大好きなモータージャーナリストの九島辰也さんに、「ゼクシオ ナイン」を試打してもらった。

ダンロップスポーツの直営店、ダンロップクラブハウス赤坂店では、クラブドクターによるフィッティングを実施している
ダンロップスポーツの直営店、ダンロップクラブハウス赤坂店では、クラブドクターによるフィッティングを実施している。今回、九島さんはクラブドクターの鈴木さんと一緒に、問診から試打、クラブ選びまでを体験した。

ゴルフクラブのフィッティングは緊張するものである。これまで何度も体験してきたが、ドキドキ感は変わらない。普段通りのスイングをしないと、という使命感がギクシャクした動きをつくってしまう。今回もそんな思いのまま、ダンロップクラブハウス赤坂店に赴いた。

すると雰囲気は思いのほかアットホーム。クラブドクターの鈴木章哲さんが笑顔で迎えてくれ緊張感はほぐされた。クラブドクターはダンロップが独自のカリキュラムで育成した専門スタッフ。ギアの知識だけではなく、スイングやフィッティングに関するあらゆる質問に答えてくれる。今回もスコアアップにつながる的確なアドバイスをもらった。



9代目となるゼクシオ ナイン ドライバーは、ヘッドを2g重くし、シャフトをさらに軽量化・手元重心化することで、クラブがヘッド軌道を変えてくれて、さらなる飛びを可能にする。ドライバー(W#1) が95,040円。
9代目となるゼクシオ ナイン ドライバーは、ヘッドを2g重くし、シャフトをさらに軽量化・手元重心化することで、クラブがヘッド軌道を変えてくれて、さらなる飛びを可能にする。ドライバー(W#1) が95,040円。

さて、フィッティング。クラブは今、ゴルフ業界で話題の「ゼクシオ ナイン」、そのドライバーである。ゼクシオはプロゴルファーからアマチュアまで広く愛されるモデル。我々のようなアベレージゴルファーには、気になるギアの一つと言えよTONY TANIUCHIう。新型の特徴はヘッドが2g重くなるとともに重心が低く深くなっている点。ソールを見れば円形のウエートが従来型より後方へスライドしているのが分かる。この辺はボールに対し、当たり負けしないとかいろいろ効能効果があるようだ。

計測結果から飛距離や方向をシミュレーション解析
試打する際は、クラブヘッドとボールのインパクトの瞬間を計測するシステムを使い、ヘッドスピード、 ボールのスピード、打出角、打出方向、スピン量などを計測。計測結果から飛距離や方向をシミュレーション解析し、最適なクラブを導き出す。

それでは振った感じはというと、確かにヘッドの存在感がこれまでより増した。遠くから遠心力が加わりながらヒュッと目の前に現れる感じだ。加速も十分。しかも打球音がいい。音域は比較的高めでそのまま残響となる。林間コースのティーグラウンドで聞いたら気持ちよさそうだ。そんなヘッドと組み合わせるのは新開発のMP900カーボンシャフトとMiyazakiシャフト。それをロフト角10・5度のヘッドに差し込む。硬さはSR。1、2球ウオームアップしてそれぞれ5球のデータをとった。1打目は丁寧に、2打目から徐々に広いフェアウエーをイメージしたスイングに変えていく。するとそれがそのままモニターに表れた。ヘッドスピードが上がるが、若干ミート率が下がりサイドスピンが増える。結果1打目と5打目の数値が良かった。

そんなデータを解析したクラブドクターからの診断結果は、ワタシにはMiyazakiモデルが合うというものだった。数値的にそれは明らかで、ヘッドスピードなどの諸条件から導き出された理想値に対する比率がMP900カーボンシャフト84%、Miyazakiシャフト88%だった。この辺をドクターはアイアンとのバランスだと助言してくれた。スチールシャフトのアイアンを使っているワタシには適度な重量感を持つミヤザキモデルがマッチするという理由である。こういったアドバイスを数値とともにハッキリ言葉にしてくれるのはうれしい。

そんなことを考えながらの帰り道。あれだけ緊張なくスッとクラブを振れたのはクラブドクターの笑顔もそうだが、「ゼクシオ ナイン」のなじみやすさが理由だったのかもしれない……と思えてきた。

●ダンロップスポーツ フリーダイヤル0120-653045

※『Nile’s NILE』2016年2月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。