British Luxury

April 22, 2022 Text Tatsuya Kushima

JAGUAR F-PACE

ジャガーというブランドはスポーツカーで知られる。1961年にリリースされたEタイプに代表され2シーターは彼らの真骨頂で、最近ではFタイプがそれを受け継いでいる。もちろん、その背景には輝かしい実績がある。戦前のモデルもそうだし、1950年代のルマン24時間レースにおける5回の優勝は今も語られる。Cタイプ、Dタイプといったレーシングカーがフェラーリやポルシェを抑え込んだのだ。英国紳士のみならず、世界中のカーガイが虜になったのは言わずもがなである。

山道を走るジャガー
Fペイスは4WDを基本形とするが、オンロードでは前10:後90といったトルク配分がなされFRスポーツカーのような挙動を見せる。この辺は開発陣のこだわりの一つと言えよう。

そんなジャガーが今流行のSUVを出したのだからニュースにならないわけがない。どちらかというと車高が低いのが取りえのジャガーが思い切り背の高いクルマをリリースした。ということで写真をご覧いただきたい。これがそのジャガー製SUV、Fペイスである。ベースになったのはセダン系で最もコンパクトなXEで、そのシャシーとパワートレーンを活用する。エンジンは2リッター直4ターボ。ただその走りはこだわり抜かれていて、背の高さはほとんど感じない。というか、SUVの中では背の低い方に属す。

力強い走りとダイナミックモードでのレーシーな味付けがウリで、その部分のDNAをFタイプから受け継いでいる。Fの文字を名前に入れているのはそんな理由だ。

エンジンはクリーンディーゼルも用意するが、どれもスポーティーであることは変わらない。SUVになってもジャガーネスは健在といえる。

●ジャガーコール TEL0120-050-689 https://www.jaguar.co.jp/index.html

RANGE ROVER SPORTS

レンジローバーがどんなキャラクターのクルマかということは、いまさら語るまでもない。1970年にリリースされたそれは高級オフローダーのトップランナーで、常に業界をリードしてきた。オフロード走行のノウハウから作られたテレインレスポンスは夢のような4WDシステム。オフロードの路面の違いを指定すれば、勝手にコンピューターが各部を統合制御してクルマを前へ押しやる。しかもその最新版は、路面状況も自動で読むから恐れ入る。

レンジローバー
このボディーサイズは堂々としたもの。カーゴルームの容量もたっぷりあり旅行用荷物はふんだんに積める。それでいて車高を下げることもできるので乗り降りは楽にできる。

レンジローバー スポーツはそんなレンジローバーブランドにおいてスポーティーなポジションにあるクルマだ。オフロードの高い走破性を持ちながら高速道路や一般道といったオンロードでもアグレッシブな走りを見せてくれる。いうなれば、〝イマドキ〞のSUV。オフロードをメーンとするSUVの進化版といったところに当たる。見どころはエンジンパワー。250psの3リッターV6スーパーチャージャーもあるが、人気なのはやはり5リッターV8スーパーチャージャー。最高出力はなんと510psがデフォルトで、さらにパフォーマンスアップしたSVRの550psもある。最高速度260㎞/h、0-100㎞/h加速4.7秒は尋常じゃない。SUVのカテゴリーから逸脱しているように思える。

その意味ではジャガーとは異なるアプローチでオンロード性能の高いSUVに仕上がった。ただこいつはレンジローバーファミリー。オフロードだって当然侮れない……。

●ランドローバーコール TEL0120-18-5568 https://www.landrover.co.jp/index.html

※『Nile’s NILE』2016年9月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。