新しい時代のパートナー ジャガーXE

April 21, 2022 Photo TONY TANIUCHI Text Fumio Ogawa
April 26, 2022 Last modified

英国を代表するプレミアムカーのブランド、ジャガー。最新モデル、ジャガーXEが日本で発売開始された。軽量ボディーで高効率エンジンにより燃費にすぐれる一方、最新の安全装備満載。もちろん、操縦性がよく、運転して楽しくなること必至である。

余裕あるホイールベースの後退した位置に置かれたキャビン
余裕あるホイールベースの後退した位置に置かれたキャビンが、クラシックな優美さとともに、躍動感を生んでいる。

自動車のニーズが、今、大きく変わってきている。大型エンジンより、燃費がよく、CO2排出量が少ない小型エンジンを求める人が増えているのだ。でもスタイルはフォーマルなセダンで、という人にとって、ジャガーXEの登場は朗報だろう。

ジャガーXEは、ジャガーのラインアップの最新モデル。適度なサイズと、最先端技術を投入したエンジンによる燃費効率、軽量ボディーを生かした操縦性のよさをうたう。特筆すべきことが山ほどあるのだ。

2014年にロンドンで発表会を行った時は、市内中心部の会場近くまでヘリコプターで実車を運ぶなど、派手な演出で大きな話題を呼んだ。しかし、クルマとしての本質にこそ、最も注目すべき点がある。

フロントグリル
スポーツカー、Fタイプとの共通性を感じさせるスポーティーな雰囲気のフロントグリルが、ジャガーXEの魅力になっている。

まず、誰が見ても最新のジャガーと分かるグリルとともに、理知的にまとめられたスタイルが魅力だ。そして、うれしいことにジャガーらしさは、見かけだけではない。そもそもスポーツカーメーカーとして名声を獲得し、プレミアムセダンもスポーティーなキャラクターを持つという、独特のクルマづくりを身上とするジャガー。

その哲学をDNAといったりするが、アルミニウムを多用して軽量かつスポーティーな操縦性を与えられたジャガーXEも、一族の名に恥じないスポーティーさを身につけている。

しかも、スポーティーなクルマのよさとは、決して走り屋の男性だけのものではない。

  • ジャガーカーズのシンボル ジャガーカーズのシンボル
    リーピングキャットと英国人が呼ぶジャガーカーズのシンボルがトランクリッドにつく。
  • センターコンソールのインフォテインメントシステム センターコンソールのインフォテインメントシステム
    センターコンソールのインフォテインメントシステムはタッチスクリーン式となる。
  • 赤いブレーキキャリパー 赤いブレーキキャリパー
    ジャガーXE 3.0 Sだけに赤いブレーキキャリパーが備わっている。
  • XE XE
    ジャガーの血統を引くXEこそ、もっとも先進的で高効率、洗練されたスポーツサルーンだ。
  • ジャガーカーズのシンボル
  • センターコンソールのインフォテインメントシステム
  • 赤いブレーキキャリパー
  • XE

加速をする時やハンドルを切る時、クルマが俊敏に動くと、意識しないまでも、運転する人は気分がよくなる。ゴルフなどスポーツを楽しむ人なら、道具の重要性を知っているだろう。それと似ているのだ。

ジャガーXEのガソリンエンジンは、200馬力の2リッター4気筒(477万円~)と、スポーツカーFタイプと共通の340馬力の3リッターV6(769万円)の2本立て。加えて今回は、2リッター4気筒ディーゼル(497万円~)もあり、注目に値する。

安全装備も充実している。滑りやすい路面でもステアリング操作のみで一定速度で走行できる「オールサーフェイス・プログレス・コントロール」、加減速から停止および発進まで行う「アダプティブクルーズコントロール」、ステレオカメラ・テクノロジーによる自動緊急ブレーキや車線逸脱を警告するレーンデパーチャー・ウォーニングなどの先進のドライバー支援システムなどが標準装備となる。

ジャガー伝統のスポーティーな走りを楽しめるうえ、2835㎜もあるロングホイルベースを生かした広い室内がもたらす居住性や快適性、さらに安全性と、全方位的に気を使った完成度が上げられている。

そして、8段オートマチック変速機の緻ち密みつなプログラムを備え、燃費効率のよさを追求している点が、最新世代のプレミアムセダンとして、オーナーは誇らしく思えるはずだ。

新しい時代を進むのに、まことにふさわしいパートナー。それがジャガーXEである。


●JAGUAR XE 3.0 S
ボディー:全長4680×全幅1850×全高1415㎜
エンジン:3.0ℓ 水冷V型6気筒 DOHC スーパーチャージャー
最高出力:250kW(340㎰)/ 6500rpm
最大トルク:450Nm(45.9kg・m)/ 3500rpm
駆動方式:FR
トランスミッション:8速AT
価格:7,690,000円

●ジャガーコール フリーダイヤル0120-050-689
(9:00 ~ 18:00 土曜・日曜、祝日休み)

※『Nile’s NILE』2015年7月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。