荒々しくも、美しい BENTLEY

ベントレー

April 20, 2022 Text Yumi Kawabata
July 7, 2022 Last modified

英国の自動車の故郷であるコッツウォルズ地方にあるベントレー本社。1930年代に建てられた歴史あるレンガ造りのクルー工場では、伝統のクラフツマンシップを守りつつも、英国を代表するスポーツカーメーカーであるための挑戦が続けられている。

ロンドンから北西部へ走ると、美しい自然で知られるコッツウォルズに行き着く。シェイクスピアの故郷を始め、愛らしい中世の町並みが点在する。同時に、産業革命の中心的な役割を果たしており、“英国の自動車産業の故郷”とでも呼べる地域だ。

Bentley Continental GT V8 S
Bentley Continental GT V8 S
ボディー:全長4820×全幅1945×全高1400㎜
エンジン:4.0ℓ V型8気筒ツインターボエンジン
最大出力:528ps(388kW)/6000rpm
最大トルク: 680Nm(69.4kg・m)/1700rpm
駆動方式:AWD
トランスミッション:8速AT
価格:21,900,000円

英国を代表するラグジュアリースポーツカーメーカーとして名を馳せるベントレー本社も、このエリアにある。白を貴重にしたモダーンなファサードだが、背後には1938年に建設されて今日までベントレーを世に送り出してきた赤レンガの古式ゆかしいクルー工場があり、1919年の創業時から連綿とモノ作りの精神が受け継がれている。

一歩足を踏み入れると、英国のクラフツマンシップの息づかいが感じられる。木や革を使ったパーツを生産する工程で、入手が困難な最高品質のウォールナットやバーズアイメープルが棚いっぱいに積まれている光景は圧巻だ。美しい木目を選んで長い年月を経て乾かしたあと、“ブックマッチ”と呼ばれる木目合わせの作業をしていく。さらに自然の木目を生かして、ドアトリムやセンターパネルのカーブに沿って美しい象嵌を施していく。

  • 「8リッター」 「8リッター」
    1930〜31年に製造された「8リッター」は、レースでの活躍を集大成させたモデル。最高速160km/h以上を発揮する。
  • 「GT3-R」 「GT3-R」
    100kgの軽量化と580psへの出力アップに加えて、レーシーなカラーリングが特徴の「GT3-R」は300台の限定発売。写真は「GT3」。
  • 「8リッター」
  • 「GT3-R」

革の加工もしかりだ。厳選された素材の中から、さらに高品質の部分のみを選んでレーザーで効率よくカットしていく。熟練の技術でパーツを縫い上げ、シートに仕上げる。ステアリングホイールの製造には17時間、クロスステッチを施すなら、さらに37時間もの手間が加わる。

熟練の作業を目にした後、コンチネンタルGT V8Sのドライバーズシートに滑り込む。象嵌や手の込んだステッチは美しい工芸品のようだ。Sモードに入れてアクセルを踏むと、新開発V8エンジンが荒々しい排気音を奏でながらボディーを加速していく。

一方で、高速巡航などではエンジンの半分をわずか100分の数秒で休止し、環境への配慮も忘れていない。もちろん、変速を機械に任せて、ラグジュアリーカーらしいゆったりとした走りを楽しむのもいい。うれしいことに、この日は1930年型エイトリッターという歴史的なモデルの試走もかなった。

  • コンクール・デレガンス コンクール・デレガンス
    コンクール・デレガンスも、同時に開催されていた。こちらは、走行性能ではなく、中庭にたたずむ姿の美を競う。
  • コンクール・デレガンス コンクール・デレガンス
    世界的なコレクターや博物館が、このイベントに会わせて貴重なモデルをレストレーションして持ち込む。
  • グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード
    グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでは、過去の名レーシングカーが疾走するシーンが楽しめる。
  • クルー工場 クルー工場
    1998年に約5億ポンドもの巨費を投じて現代的によみがえったクルー工場では、現在、約3700人が勤務している。
  • クルー本社併設のミュージアム クルー本社併設のミュージアム
    クルー本社併設のミュージアムでは、ル・マン24時間を始め、世界のレースシーンを席巻した歴史が垣間見ることができる。
  • 役員用のベントレー 役員用のベントレー
    伝統ある建物に現代的なファサードの組み合わせが際立つクルー本社の前には、役員用のベントレーがずらりと並ぶ。
  • コンクール・デレガンス
  • コンクール・デレガンス
  • グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード
  • クルー工場
  • クルー本社併設のミュージアム
  • 役員用のベントレー

ドライブを堪能した翌日は、南へと舵を切る。コッツウォルズとはまた違う、南イングランドの美しい景色が広がる。

目的は、クルマ好きなら誰もが憧れるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードだ。由緒ある英国貴族にして、世界有数のエンスージアストとして知られるチャールズ・マーチ卿が自身の領有地に特設コースを設けて、新旧のレーシングカーを競わせる。しかも、運転席に座るのは新旧の名ドライバーたち。応援する声もおのずと高くなる。

ベントレーからはル・マンで勝利したレーシングカーに加えて、コンチネンタルGT V8をベースに580ps/700Nmまでスープアップを施した「GT3-R」が登場している。

美しい自然とスポーツカーが共存する世界は、荒々しくも美しい。伝統のクラフツマンシップと超ド級のスペックが共存するベントレーの世界観とも、通じるものがある。

●ベントレー モーターズ ジャパン
フリーダイヤル0120-97-7797 

※『Nile’s NILE』2014年10月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。