葉山の夏、海を走る LEXUS NX

April 20, 2022 Photo TONY TANIUCHI Text Fumio Ogawa
April 26, 2022 Last modified

楽しい生活のためには、エネルギーが必要だ。自分にエネルギーをチャージするために、私たちは旅行をしたり、ゴルフなどのスポーツをしたり、おいしい食事をしたりする。また、いいクルマも、私たちにとって大事なエネルギーを供給してくれる。

LEXUS NX200t F SPORT
LEXUS NX200t F SPORT

レクサスNXは、生活のエネルギー充電のために、またとない一台だ。多くの点で魅力にあふれている。スピンドルグリルと呼ばれる新世代レクサスを象徴するフロントグリルを備えたスタイリングが、魅力の第一点。ボディーは豊かな面で構成されていて、それにエッジが各所でアクセントを与えている。

個性的だけれど、奇をてらっているわけでない。誰が見ても魅力的に見える。レクサスNXが多くの人に好まれているのは、たたずまいのよさが大きな理由になっているはずだ。

しかも、小柄な女性でも遠くまで視界が確保できる操縦しやすさというSUVの長所を持ち、余裕あるサイズの室内空間ゆえ、4人の大人が快適に乗っていられる。操縦性もよく、乗るたびに心が浮き立つような気分を味わえる。一言で言うと、バランスよくできたクルマなのだ。

ラインアップは、2.5リッター4気筒エンジンに電気モーターによるハイブリッドのNX300hと、2リッター4気筒ターボエンジンのNX200tの2本立て。スムーズな発進加速と、燃費効率にすぐれるハイブリッド仕様と、それに対してターボのパワフルな走りを持つガソリンエンジン仕様。それぞれによさがある。

質感の高い室内空間に入り、運転席に腰を落ち着けると、適度に囲まれている、いわゆるコックピット感覚がうれしい。スイッチ類の配置も走行中の注意をそらさず操作できるところにあり、ドライバーズカー、つまり運転を楽しみたい人のためのクルマとして高得点をあげられるデキである。

  • レクサスNX200t F SPOR レクサスNX200t F SPOR
    レクサスNX200t F SPORTは、やはり海に乗ってきてよかったと思わせる。
  • NX300h version L NX300h version L
    海沿いの狭い路地でもNX300h version Lならスイスイと海を駆る。
  • 葉山御用邸の近くの洋菓子店「鴫立亭(しぎたつてい)」 葉山御用邸の近くの洋菓子店「鴫立亭(しぎたつてい)」
    葉山御用邸の近くの洋菓子店「鴫立亭(しぎたつてい)」の瀟洒な建物にもレクサスはよく似合う。
  • かやぶき屋根の民家 かやぶき屋根の民家
    葉山の海沿いの道には“新旧”がうまく共存している。かやぶき屋根の民家も残っている。
  • サンルーフ サンルーフ
    運転席から後部座席まで広く配されたサンルーフ。気持ちのいい景色をここからも楽しめる。
  • レクサスNX200t F SPOR
  • NX300h version L
  • 葉山御用邸の近くの洋菓子店「鴫立亭(しぎたつてい)」
  • かやぶき屋根の民家
  • サンルーフ

レクサスNXが発表された時、都市に住む感度の高い遊び心ある活動的な消費者を念頭に置いて開発されたと聞いたけれど、確かに躍動的でエッジの効いたスタイリングは、新しいものを積極的に受け入れる層にもおおいに歓迎されるものだ。一方で、こうしたイメージで自分は関係ないと思っては損をする。全方位的によく出来たクルマだからだ。むしろある程度年齢がいったユーザーが乗っているのは、かっこよく見える。

別に多少年齢がいった層をおだてるわけではないが、最近の湘南などでは、中高年サーファーを多く見かける。仕事も忙しいだろうし、家族との生活もあるだろうが、趣味を追求する態度をずっと守るのは、かなりうらやましいものだ。レクサスNXは、そんな人とも、どこかでつながっているような気がする。

都会ももちろん似合うけれど、海とも相性がいいクルマ。そして、生活にうるおいをもたらしてくれるエネルギーにあふれている。

LEXUS NX200t F SPORT
ボディー:全長4630×全幅1845×全高1645㎜
エンジン:2.0ℓ 直列4気筒DOHCインタークーラー付きターボ
最高出力:175kW( 238ps)/ 4800~5600rpm
最大トルク:350Nm( 35.7kgf・m)/ 1650~4000 rpm
駆動方式:AWD トランスミッション:6速AT
価格:5,180,000円(オプションは含まず)
    NX200t(2WD) 4,280,000円~

●レクサスインフォメーションデスク
フリーコール0800-500-5577(9:00 ~18:00、無休)

※『Nile’s NILE』2015年9月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。