「レグノ GR-XT」×東儀秀樹 五感に優しい静けさ BRIDGESTONE

April 20, 2022 Photo TONY TANIUCHI Text Tatsuya Otani(Little Wing)

音や音楽が変幻自在であるように、静寂にも様々な色彩がある。雅楽を中心に幅広いジャンルで活動する音楽家、東儀秀樹は、その“静けさ”のなかに心地よさを見出した。

東儀秀樹
普段の足にもメルセデス・ベンツを愛用する東儀秀樹。ブリヂストン「レグノ GR-XT」がもたらす静粛に、いったい何を感じたのか?

マルチな才能の持ち主である。ロックに打ち込んだ学生時代にギター、ベース、ドラム、キーボードをマスターすると、高校卒業と同時に入った宮内庁楽部で雅楽を学び、篳篥(ひちりき)、琵琶、鼓類、歌、チェロなどを担当したという。

「こうなると、初めて出会った楽器にも物怖じするということがありません。海外の民族楽器なども、手に取って少しいじっていると音階が掴めてきて、メロディーを奏でられるようになる自信はあります」

端正な顔立ちに温かな微笑みを浮かべながら、東儀秀樹はそう答えた。

文字どおりの天才肌。だから作曲をするときも、いきなり頭のなかに音楽が舞い降りてくる。

「ピアノを前にして悩むこともなければ、五線譜に向かって和音を構築するということもしません。ただ、頭のなかに音楽としてできあがったものがひらめくんです。伴奏なども、いっぺんに全部聞こえてきます」

東儀秀樹
「本当のクルマ好きはタイヤの大切さを知っています。だから、最初はクルマの見た目を重視していても、やがてタイヤ選びにこだわるようになるはずですよ」

そんな創作活動を行うとき、クルマは特別な空間となる。

「制作過程の作品をチェックするにも、イマジネーションを広げるにも、僕にとってはクルマのなかがベスト。クルマという乗り物がそうさせるのか、誰にも邪魔されないという状況がそうさせるのかはわかりません。ただひとつ言えるのは、僕はどんな渋滞も苦にならないくらいクルマの運転が大好き。自分の好きなことをやっていて精神衛生がいい状態だから、いいアイデアも浮かぶのでしょう」

クルマ好きの趣味が高じて国内外のクラシックカー・イベントに参加。ついには、仲間たちと協力してラリーニッポンというクラシックカー・イベントを自ら立ち上げてしまった。

「日本は若者向けの文化ばかりが広まって、大人たちの居場所がありません。でも、ヨーロッパには確実に大人の世界が存在している。クルマ遊びも同じで、たとえば僕がかつて出場したイタリアのミッレミリアであれば、国を挙げてイベントを応援してくれる。そんな、クルマを通じた文化が根付いてくれることを願って、2009年にラリーニッポンを立ち上げました」

ブリヂストンのプレミアムブランド「レグノ」
2011年、デビュー30周年を迎えたブリヂストンのプレミアムブランド「レグノ」。その最新作である「GR-XT」にはサイレント・テクノロジーが搭載され、人が心地よさを覚える音色を実現している。

とことんクルマにこだわる東儀は、もちろんタイヤにもこだわりを貫き通す。

「クルマ好きにもいろいろなタイプがありますが、クルマの運転が好きという人ほどタイヤのブランドにもこだわりを持ちますね」

メルセデス・ベンツE60AMGを普段の足としている東儀に、ブリヂストン「レグノ GR―XT」を装着したメルセデス・ベンツE250を試乗してもらった。

「このタイヤ、静かですね。でも、決して無音なわけではなく、ドライバーに安心感を与える音を伝えてくれる。安心感のある、心地のいい音だと思いました」

事実、このタイヤは、東京大学生産技術研究所応用音響工学研究室との共同研究により、様々な路面でのノイズを抑制することに加え、路面ごとの音の変化を抑え、人が心地よいと感じる音色を追求している。

このタイヤが奏でる音色は、天性の音楽家さえもうならせる。


問い合わせ 
ブリヂストン フリーダイヤル0120-392936 

東儀秀樹(とうぎ・ひでき)
1959年東京生まれ。海外で過ごした幼少期にロック、クラシック、ジャズなどあらゆるジャンルの音楽を吸収。高校卒業後、宮内庁楽部に入庁し、宮中儀式や皇居で行われる雅楽演奏会に出演する。1996年、アルバム「東儀秀樹」でソロデビュー。その後も音楽家として幅広く活躍するいっぽう、俳優、画家としても活動。

※『Nile’s NILE』2011年4月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

Tags:

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。