“スポーツ”という名前をリアルに実証 

Range Rover Sport

April 20, 2022 Text Tatsuya Kushima
April 28, 2022 Last modified

すでにフルモデルチェンジしたレンジローバーに続き、弟分に位置するレンジローバースポーツもそれを遂げた。果たしてその実力はいかに。彼らのおひざ元英国で、ステアリングを握ってきた。

ひと昔前なら「文武両道」とか、「二刀流」なんて言われ方をしたかもしれない。二つの別々の分野のものを成し遂げた時の例えだ。

今ならまさしく「ハイブリッド」。そもそもは植物で言うところの雑草とか混合物を意味するそうだが、今日のそれはちょっと違う。ハイブリッドカーの登場によって、二つの異素材を組み合わせたものによく例えられる。アルミとカーボンのハイブリッド構造、などもその実例だ。

なぜそんな話をするかといえば、新型レンジローバースポーツの特徴がまさにそんな感じだからだ。こいつは一つのクルマであって二つの分野に長けた実力を備えている。

Range Rover Sport 5.0ℓ V8 Supercharged
Range Rover Sport 5.0ℓ V8 Supercharged
ボディー:全長4850×全幅1983×全高1780㎜
エンジン:5ℓ V型8気筒
最高出力:375kW(510ps)
最大トルク:625Nm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:4WD
価格:未定

二つの分野とは、言わずもがなオフロードとオンロード。長年オフローダーとして名を売ってきたレンジローバーブランドだが、今回のオンロード性能は進化がすごく、トップランナーとして差し支えないレベル。これぞオン&オフロードの二刀流。誤解を恐れずに言えば、二つの分野でのハイブリッドカーとなる。

その性能を裏付ける目玉は自身初のアルミニウム構造フレーム。ラグジュアリースポーツカーも積極的に使うそれは、コストは要するがクルマを軽く堅牢にするのに最良の手法だろう。すでに発売を開始しているレンジローバーは手にしているが、このスポーツも同じ技術をベースとすることとなった。先代のフレームがディスカバリーと共有していたのを鑑みれば、かなりの出世だ。結果、同じエンジンを搭載したモデル比で最大 420㎏ のダイエットに成功。加速性能はもちろん、ハンドリング性能までも高めることとなった。

シートなど
シートなども全面改良され、デザインもホールド性も高まっている。またインパネのスイッチ類をかなり削ってメカメカしさを排除し、エレガントさを強調。ステアリング上にも使いやすくスイッチが配列されている。

冒頭で言いたかったのはまさにそこで、今回の試乗ではそれをリアルに実感した。試乗開始10分後には、これまでとの違いを確信したほど。大パワーを受け止めるフレームやクイックで正確なステアリングの動き、しっかり地に足の着いた乗り味が、信頼性があって頼もしい。特にクローズドエリアで行った時速 240㎞ までの急加速と急制動は格別。背の高い SUV であることを忘れる運動神経を見せてくれた。

  • ハンドル ハンドル
    シートなども全面改良され、デザインもホールド性も高まっている。またインパネのスイッチ類をかなり削ってメカメカしさを排除し、エレガントさを強調。ステアリング上にも使いやすくスイッチが配列されている。
  • レバー レバー
    シートなども全面改良され、デザインもホールド性も高まっている。またインパネのスイッチ類をかなり削ってメカメカしさを排除し、エレガントさを強調。ステアリング上にも使いやすくスイッチが配列されている。
  • ハンドル
  • レバー

試乗コースはロンドンからクルマで 2 時間ほど走った、マナーハウスで知られるコッツウォルズやその北のオックスフォード周辺だった。大半は気持ちの良いカントリーロードで、街中、ワインディング、モーターウェイがうまくミックスしている。そこを一日約 400㎞ 走らせるのだから、開発陣も相当自信があるのだろう。とにかく世界中の自動車メディアにたくさん走って実力のほどを体感してもらおうという算段だ。

 ではもう一つの分野はどうか。言うまでもなく新型はお得意のオフロードでも性能を発揮。開発に使うイースナーのコースでは適切な駆動力で安定した走りを見せた。実力は……ご想像の通り。例えば水深を深めるなど、これまでのスペックを上回る進化でギャップをクリアする。

 といった新型スポーツの出来栄え。さてさてこのトップランナーにライバルは付いてこられるか!

問い合わせ ランドローバーコール
フリーダイヤル0120-18-5568 営業時間9:00~18:00(土・日曜、祝日定休)
www.landrover.com/jp/ja/lr/range-rover-sport/

※『Nile’s NILE』2013年9月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。