Bespokeの世界 レンジローバー

April 19, 2022 Photo TONY TANIUCHI Text Tatsuya Kushima
April 20, 2022 Last modified

はやる気持ちを抑えながら“出来上がり”を待つ――つまり、ビスポークにはこうした愉悦の世界が広がっている。大多数の好みや数値を分析して得られた最大公約数を答えとする“既製”とは大きく異なる世界だ。クルマにおいてこうしたビスポークを実現するレンジローバー SVオートバイオグラフィーで浜松シーサイドゴルフクラブに出掛けた。そこには、世界中で活躍するゴルフツアープロたちのパターを専門に手作りしている、スコッティ・キャメロンによるビスポークの世界があった。

レンジローバーと浜松シーサイドゴルフクラブ
スコッティ キャメロン ミュージアム&ギャラリーがある浜松シーサイドゴルフクラブ2番コースのグリーン脇。大きな車体ながら取り回しがよく、たとえ狭いカート道でも難なくこなす。

ジェントルマンの街ロンドンを歩くと、この街がなぜそう呼ばれるのかが分かる。老舗メゾン系ブランドが立ち並ぶ新旧ボンドストリート、背広の語源にもなったサビルロー、高級エリアとして名をはせるメイフェアと魅力ある場所が続くからだ。英国を代表するジェントルマンズオフローダー、レンジローバーのショールームもまたそんな場所にある。紳士淑女の社交場として名高いホテル、ザ•メイフェアから1分とかからない。レンジローバーもまたこのエリアを象徴する一つといえる。

そんな街で育まれてきたレンジローバーは、ジェントルマンたちのこだわりでできている。そもそも狩猟のための貴族の足として使われてきたのもさることながら、英国王室御用達として進化してきたのは見逃せない。昨今では、ウィリアム王子がキャサリン妃の出産後に病院に迎えに行ったシーンが世界に発信された。

よってこのクルマにはカスタマーのさまざまなオーダーが反映される。いわゆるビスポークである。「BeSpoke」 を語源とするこの言葉は、そもそもファッション用語として知られるようになった。カスタマーと仕立て人が話し合いながらスーツを作るといった意味合いである。最近ではエクスクルーシブな高級車はもちろん、クルーザーやモダンファニチャーのオーダーにも使われる。そうしてカスタマーこだわりの逸品が作られるのである。あまり知られていないかもしれないが、同じことがゴルフクラブ業界でも行われている。ゴルファー憧れのスコッティキャメロンのパターがそうだ。

レンジローバーバックショット

スコッティ キャメロンが有名になったのは世界的なプロゴルファーのメジャー大会での成果である。まずは、ベルンハルト・ランガーが1993年のマスターズで優勝したことだろう。その後タイガー・ウッズが1996年にPGAツアーで優勝すると、翌年にはマスターズでその威力を発揮させた。プロを頂点とするゴルフの世界で、こうした影響が大きいのは至極当然のこと。アスリートゴルファーからアベレージゴルファーまでスコッティ キャメロンに憧れるのはムリもない。その根底にはハンドメードでしか成し得ない技が潜んでいた。

浜松にあるスコッティ キャメロン ミュージアム&ギャラリーを訪ねると、それが実感できる。フィッティングでは、プロゴルファーのフィッティングと同じ手法でパッティングストロークを分析してくれる。スタジオにある最先端の機器が、どういったストロークをし、どんなメリットや、デメリットがあるのかを解析する。そんな工程を踏んだフィッティングは、およそ1時間。ツアープロの映像との比較もあり、自分のクセを見極めることができるのがいい。

  • 多彩なインテリア装備 多彩なインテリア装備
    多彩なインテリア装備には、ナールド・デザインのテーマを貫いている。ナールド仕上げを施すなどして、“最上級”をさらに引き上げる。
  •  一目で最上級と分かるギア  一目で最上級と分かるギア
    一目で最上級と分かるギア。こうしたパーツの細部にもこだわり、英国のクラフツマンシップが息づく洗練されたビスポークの世界観を表現する。
  • SVOが設計・開発を手掛けた最上級モデルである証し SVOが設計・開発を手掛けた最上級モデルである証し
    ランドローバーが誇るSVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)が設計・開発を手掛けた最上級モデルである証し。
  •  最大17度リクライニングする後部座席  最大17度リクライニングする後部座席
    最大17度リクライニングする後部座席は“ファーストクラス”以上の乗り心地。各座席にはマルチメディアや収納テーブルなどが装備されている。
  • カスタマイズできるインテリア カスタマイズできるインテリア
    SVOがあらゆる妥協を排して作り上げた “SVAutobiography”のインテリアは、自分好みに細かくカスタマイズできる。
  • 多彩なインテリア装備
  •  一目で最上級と分かるギア
  • SVOが設計・開発を手掛けた最上級モデルである証し
  •  最大17度リクライニングする後部座席
  • カスタマイズできるインテリア

RANGE ROVER SVAUTOBIOGRAPHY
ボディー:全長5205×全幅1985×全高1865㎜
エンジン:5.0ℓ V型8気筒スーパーチャージャー
最高出力:405kW(550ps)/ 6500rpm
最大トルク:680Nm(69.4kgf-m)/ 3500rpm
駆動方式:AWD
トランスミッション:8速AT
価格:28,580,000円

●ランドローバー・コール TEL0120-18-5568

※『Nile’s NILE』2016年4月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。