「聞こえ」を体感

リケン補聴器センター

November 29, 2022 Text Rie Nakajima

日本に初出店となるリケン補聴器センター ワールド・オブ・ヒヤリング 中目黒店。スイス生まれの革新的な聴覚ケアソリューションで、人それぞれの「聞こえ」の世界を理解しよう。

リケン補聴器センター1
聞こえや補聴器に関する高い専門性を持つスタッフが常駐し、革新的なソリューションを提供。

「最近、どうも聞こえが悪い」。家族やまわりがそう感じても、本人以外には本当のところが分からないことが多い。一概に「聞こえ」といっても、高音だけが聞こえにくい、複数の人が同時に話すと聞こえづらいなど状況は人それぞれ。そこを理解せずに声の音量だけを上げて話しても、あまり効果がないこともある。
 
そんな知っているようで知らない他人の「聞こえ」の世界を体感できるのが、リケン補聴器センター ワールド・オブ・ヒヤリング 中目黒店だ。スイスに本社を置くソノヴァグループが開発し、世界に展開する次世代型のヒヤリングケア・センターが、全国に100店舗以上の補聴器専門店ネットワークを持つリケン補聴器センターにより日本初上陸を果たした。

  • リケン補聴器センター2 リケン補聴器センター2
    エクスペリエンスルームでは、さまざまな状況下での聞こえを、映像を見ながら体感。
  • リケン補聴器センター3 リケン補聴器センター3
    自分や家族の聞こえを気軽にチェックできるセルフスクリーニングルーム。
  • リケン補聴器センター2
  • リケン補聴器センター3

まずは、自分で「聞こえ」の状態をチェックできるセルフスクリーニングルームへ。そのデータに基づき、家族や難聴者が、コンサートや食事中などさまざまな環境下でどのように聞こえているかをエクスペリエンスルームで体感できる。最新の補聴器や聴覚保護のための耳栓を調べ、生活スタイルに合ったソリューションを探せるインプレスウォール&タッチパネルも常設。体験後は、一人ひとりの状態に合わせた補聴器を2週間無料で借りることも可能だ。
 
老人性難聴は、生きていればほとんどの人が経験するものでありながら、実際にそのときを迎えるまで理解することは難しい。家族の聞こえを知り、自分自身も備えるために、気軽に訪れてみてはいかがだろうか。

リケン補聴器センター

東日本エリア
●東京 三田店|神田店|中目黒店|荻窪店|浅草店|練馬店|下高井戸店|武蔵野店|東府中店|聖蹟桜ヶ丘店|世田谷店|西日暮里店 
●神奈川 横浜店|戸塚店|上大岡店|藤沢店|辻堂店|小田原店 
●埼玉 大宮店 
●新潟 小千谷店
西日本エリア
●大阪 天王寺店|都島店|門真店 
●兵庫 塚口店|西宮店|六甲道店|明石店|大久保店

●リケン補聴器センター ワールド・オブ・ヒヤリング 中目黒店 
TEL 03-5724-3583

Tags:

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。