自分の美しさは、自分で磨く

ALPHA・ONE

November 18, 2022 Photo Takehiro Hiramatsu(digni) Text Rie Nakajima

美しさは人に自信を与え、人生を豊かにしてくれる。世界初、トニーノ・ランボルギーニの美顔器で、自分史上最高の美肌を手に入れたい。

  • ALPHA・ONE 表 ALPHA・ONE 表
    アンバサダーの新庄剛志氏も認めた美顔器「ALPHA・ONE」。ランボルギーニ家の技術的遺産と圧倒的なデザイン、そして妥協なき精神を昇華させた、自信に満ちた大胆なフォルムも魅力を放っている。198,000円。
  • ALPHA・ONE 裏 ALPHA・ONE 裏
    4面の超音波振動の独自技術「クワトロ」が一度に広範囲のお手入れを可能とし、摩擦レスのお手入れを実現。
  • ALPHA・ONE 表
  • ALPHA・ONE 裏

男女ともに美への関心が高まるなか、これまでにない機能とスタイリッシュで洗練されたデザインにより、他とは一線を画す最先端の美顔器が登場した。かの高級車として世界に知られるランボルギーニの系譜を受け継ぐイタリアのライフスタイル体験ブランドのトニーノ・ランボルギーニが、日本の美容専売メーカーのリズムとコラボレーションして誕生した「ALPHA・ONE」である。
 
ランボルギーニがDNAのキーワードとして掲げる「力強さ」「イタリアらしさ」「創造性」―それらを凝縮させたようなユニセックスなフォルムは、パートナーと共用するにも、そのまま付属のボックスでディスプレーするにもいい。実際に、大切な人へのギフトとしてはもちろん、福利厚生としてオフィスに導入する経営者もいるという。
 
肝心の機能の要となるのは、従来の美顔器の概念を覆す特許(申請中)技術「クワトロ」にある。「ALPHA・ONE」では超音波振動部を4面に採用することで、超音波が複合的に干渉し合う「干渉複合波」が、肌に広く振動を届ける。先進テクノロジーの搭載に成功した。

専用化粧水
「ALPHA・ONE」の効果をより深く実感できる、浸透性とテクスチャーにこだわった専用化粧品「vi-tenuto TUNINGLOTION」(左)と「vi-tenuto LUXIST SERUM」(右)。本体は置きながら充電できる。

「ALPHA・ONE」の独自技術「クワトロ」の干渉複合波は、肌に広く振動を届けられるうえ、マイクロカレントやEMS、イオン導入と組み合わせることで自分史上最高傑作のセルフケアへと導いてくれる。
 
また、摩擦は肌の大敵だが、「ALPHA・ONE」は、肌の上でスライドさせてクルクル回転させる必要がなく「摩擦レス」をかなえてくれる。
使い方は簡単で、大きいヘッド面肌に密着させて少しずつ位置をずらしていくだけ。大きめのヘッドは、摩擦を抑えながらも高揚感を覚えるほどのハリケアを実現し、若々しい印象の引き締まった美しい素肌を目指したホームケアが期待できる。
 
摩擦レスで肌ストレスを軽減し、使う際のストレスフリーにもこだわった内容で、肌をいたわりながら結果を重視する方にはぜひ、試していただきたい。

バッグ
本体を傷つけずに保管できる巾着や使いやすい専用ポーチなどの付属品も充実しているので、旅行や出張のときにも気軽に持ち運ぶことができる。

実際に手にしてみると見た目に反して軽やかで、女性でも握りやすいグリップとなっているため持ちやすい。首や頬など面で当てていくだけのシンプルケアなので美顔器初心者でも使いやすいのも魅力的。力強いデザインと「摩擦レス」「肌をこすらない」というめずらしい美顔器に、今注目したい。
 
忙しい人におすすめしたいのは、1日7分のオートモードでのケア。肌を柔らかく整えるプレケアトリートメント2分、特殊波形による心地良い表情筋エクササイズ3分、イオンの力で角質層まで美容成分を届ける引き締めケア2分の合計7分を自動で行えるので、わずかな時間でもリラックスしながら簡単にお手入れすることができる。
 
また、マニュアルモードの4で、目元を集中的にケアできるのもうれしい。ヘッドトップに目元専用の電極があるため、微弱電流のマイクロカレントで目元の活力を取り戻したい。
 
わずか7分、されど7分。「ALPHA・ONE」で自分を磨くという新習慣で、テクノロジーで別格の美を実現してほしい。

ボックス入り
猛牛エンブレムの赤が象徴的なボックス入り。高級感あふれるデザインなので、ディスプレーにもギフトにも最適だ。シリアルナンバーが刻印されたギャランティーカートも付属。

●リズム TEL 0120-364-367 rhythm-alpha-one.com

Tags:

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。