大切な故人に会う

April 20, 2022 Photo Masahiro Goda Text Asuka Kobata
April 21, 2022 Last modified

東京・南麻布に新たなスタイルの都市型納骨堂が誕生

都内でも指折りの高級住宅街として知られる南麻布。行き交う人々でにぎわう外苑西通り沿いの交差点のそばに今年3月、7階建てのモダンな納骨堂が誕生した。この納骨堂が、これまでにない新たなスタイルの都市型納骨堂、了聞だ。母体は浄土宗大本山・増上寺の子院である瑞華院であり、500年以上の歴史を受け継ぎながら生まれ変わった。

最も広い参拝室
最も広い参拝室は、洋室「天満月」と和室「つきかげ」の2タイプ。日本でほかには見られないほどの面積を誇り、故人との時間をゆったりと過ごすことができる。

納骨堂とは墓の一種だが、了聞はこれまでの墓と比べてどこが新しいのだろうか。それはここが、故人が眠るためだけに用意された墓ではなく、遺族が故人に会いに来ることに重きを置いて造られた施設という点である。従来の墓は、命日や盆、彼岸といった故人を弔う風習がある日に「お参りをする」場所であった。しかし了聞は、日常の中で気軽に故人に「会いに行く」場所なのだ。

たとえば、日々の生活を送るうえでうれしいことや悲しいことがあったとき、大切な故人に話を聞いてほしい、励ましてほしい、報告したいなどと感じることがあるのではないだろうか。そんなとき、仕事帰りや家事の合間にふらっと故人が眠る場所に立ち寄ることができたらどんなに良いだろうか。

了聞が利便性の高く恵まれた立地にあるのは、わずかな時間でも気軽に足を運べる施設であるためだ。それゆえに開館時間を可能な限り確保し、8時から21時まで自由に予約できる体制を整えている。

納骨堂内には最上階である7階に瑞華院の本堂、3階から6階に8タイプ22室の参拝室がある。特筆すべきはその参拝室のすべてが個室であること。前述のようにこの納骨堂は故人に会いに来るための施設。大切な人と会うひとときは、人目をはばかることなく自由に会話し、感情を表現してほしいと考え、第三者の目に触れない個室にこだわった。

  • 7階にある瑞華院の本堂 7階にある瑞華院の本堂
    7階にある瑞華院の本堂には、本尊の阿弥陀如来像と開祖・天誉了聞上人像が安置されている。
  • 個室の参拝室 個室の参拝室
    参拝室はすべてが個室。プライバシーを守りながら人目を気にせず故人との時間を過ごせる。
  • 7階にある瑞華院の本堂
  • 個室の参拝室

さらに、ゆったりとリラックスして過ごしてもらうため、各参拝室の面積を広々と確保。最も広いタイプは日本でほかには見られないほどの広さだ。どの参拝室も石材や木材を始めとする天然素材を随所に取り入れ、職人の伝統技術をもって上質なしつらえに。面積や和洋のテイストが異なる多様な参拝室から、シーンに合わせて選択できる。ロビーやラウンジもホテルを思わせるラグジュアリーな雰囲気で、いつ訪れてもほっと一息つける空間だ。

  • 柔らかな光が差し込む「観月」 柔らかな光が差し込む「観月」
    柔らかな光が差し込む「観月」は、他の参拝室と同様、随所に天然素材を取り入れた上質な空間。
  • 竜山石を積み上げた「心月」 竜山石を積み上げた「心月」
    竜山石を積み上げた「心月」。和室の参拝室が用意されているのは了聞ならではだ。
  • 仏間のような落ち着きのある「雨月」 仏間のような落ち着きのある「雨月」
    仏間のような落ち着きのある「雨月」はコンパクトなタイプの参拝室だが、十分に広々としている。
  • 洗練された印象の「令月」 洗練された印象の「令月」
    洗練された印象の「令月」は、墓石を置いていない参拝室。様式にとらわれず故人と対話できる。
  • 柔らかな光が差し込む「観月」
  • 竜山石を積み上げた「心月」
  • 仏間のような落ち着きのある「雨月」
  • 洗練された印象の「令月」

また、納骨堂は生前に購入されるケースがほとんどだが、実際は亡くなるまで必要ない場所となってしまう。

そこで了聞は、古来の寺院のように地域のコミュニティーを生み出す場所であるべく、イベントやカルチャー教室の開催を予定している。その第一弾として3月に「千本桜の通り抜け」を開催。コロナ渦で思うように花見ができないなか、施設内を桜で彩り、地域住民に楽しいひとときを提供した。

  • ラウンジ ラウンジ
    ラウンジは自由に利用できるものと、上位プラン契約者のみが使用できるものの2タイプを用意。
  • 花人・赤井勝氏のプロデュースにより開催された「千本桜の通り抜け」 花人・赤井勝氏のプロデュースにより開催された「千本桜の通り抜け」
    花人・赤井勝氏のプロデュースにより開催された「千本桜の通り抜け」。5種類の桜を咲かせた「装いの花」の世界が、多くの人々の目を楽しませた。
  • ラウンジ
  • 花人・赤井勝氏のプロデュースにより開催された「千本桜の通り抜け」

生前から親しんで訪れることができ、遺族も気軽に足を運べる了聞は人に寄り添う新たなスタイルの納骨堂と言える。アフターライフの在り方の一つとして、選択肢に入れてみてはいかがだろうか。

モダンなデザインの外観
新たなアフターライフレジデンスとしての都市型納骨堂にふさわしい洗練されたモダンなデザインの外観。

●了聞 TEL0120-149-208

※『Nile’s NILE』2021年4月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

Tags:

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。