伝統と進化の共存

April 30, 2022 Text Chiyoshi Sugawara

イギリス最高峰のソファブランドとして世界に名を知られるデュレスタ社。職人の手作業により生み出される家具は、伝統を継承しながらも現代の革新的なスタイルを取り入れ、時代が求める変化に合わせて進化している。英国王室を始め、数多くのセレブリティーが愛用するソファを作り続ける本国のショールームと工場を訪ねた。

ハロルド・ハッチングス

デュレスタ社のショールーム入り口の横には「オリジナル椅子」という説明がついた一枚のモノクロの写真がさりげなく掲げられている。

部品ごとの用途に合わせて無駄なく皮革をカットしていく
部品ごとの用途に合わせて無駄なく皮革をカットしていく

イギリス中部ノッティンガムシャー州にある人口およそ3万8000の町ロングイートンは、靴やカスタムカーなど優れた手工業製品の街として知られている。1939年、デュレスタ社はこの街で誕生した。

  • フレームにクッションを固定していく。 フレームにクッションを固定していく。
    フレームにクッションを固定していく。
  • 木のフレームに生地を縫いつけていく。ソファの形が見えてくる。 木のフレームに生地を縫いつけていく。ソファの形が見えてくる。
    木のフレームに生地を縫いつけていく。ソファの形が見えてくる。
  • フレームにクッションを固定していく。
  • 木のフレームに生地を縫いつけていく。ソファの形が見えてくる。

ハロルド・ハッチングスは室内装飾について優れた才能の持ち主で、500ポンドの融資を行ってくれた母に、最初に作ったウィングチェアを贈った。その椅子こそが「オリジナル椅子」と呼ばれ、デュレスタ社にとって創業の礎であり、企業理念の象徴として掲げられているのだ。以来、高品質の製品を作り続け、優れたソファを製作する企業に成長。現在、およそ180人が働いている。

その製品は世界で多くの富裕層やセレブリティーの愛顧を受け、ウィンザー城、バッキンガム宮殿、首相公邸などの英国王室や政府機関にも納入。またプーチン大統領を始めとする各国の政治家、プロサッカー選手のデービッド・ベッカム、ハリウッドスターのハリソン・フォードなどの邸宅でも使われているという。

社長のクライブ・K・ブラウン氏は、こう述べる。

「私たちには長い、それもすばらしい顧客リストがあります。しかし、顧客が求めているのはブランドネームではありません。私たちが最も誇りとしている品質であり、デザインやセレクションこそが求められているのです。

そして長い間使えるものも求められています。有名ブランドであっても、必ずしも優れた製品ばかりとは限りません。たとえばアストン・マーティンやベントレーのように、美しく高品質であることがデュレスタにとっては重要であり、ブランドネームではないのです。幸いなことですが、それによって私たちは世界中の愛すべき多くの顧客から支持を得ているのです」

ひじ掛け部の縫製をする女性
ひじ掛け部の縫製をする女性。縫製はミシンの他に手縫いでも行われる

またブラウン氏は、伝統をとても大切なものと考えている。しかしマーケットのグローバル化や生活環境の変化はもちろん、時代とともに変わる顧客の好みにも対応していかなければならない。デュレスタ社では、伝統を継承しながらも、さまざまな変化に応じて新たな挑戦を続けてきた。

組み合わせたときにパターンの柄が合うように計算して生地をカットする伝統の職人技
組み合わせたときにパターンの柄が合うように計算して生地をカットする伝統の職人技

「私がこの仕事に携わって25年になりますが、この25年間はとりわけ変化し続けてきた時期だと思います。デザインやシェイプもよりファッショナブルになりました。当時は90%が伝統的な製品で、クラシックで緻ち 密みつな柄合わせをしたパターン、そして金や赤などの色が好まれましたが、現在では逆転しています。伝統的な製品はわずか5〜10%にとどまり、シンプルで生地もプレーンなものへと顧客の好みが変わってきたのです」

ほとんど完成したソファを入念にチェックし、必要な微調整をする
ほとんど完成したソファを入念にチェックし、必要な微調整をする

これらを踏まえ、デュレスタ社はコンテンポラリーでモダンな「ソーホー」のような新しいシリーズをスタートさせたが、こうしたデザインのソファを作ることは25年前には考えられなかったという。

ストックされている膨大な種類の生地はオリジナルばかり
ストックされている膨大な種類の生地はオリジナルばかり

現在では海外マーケットが全体の3分の1を占め、40~60の国・地域にデュレスタ社の製品を展開。それぞれの環境に応じた多様な快適さが求められている。

額縁

「私たちの顧客である富裕層も、以前とは異なり社会環境や住環境への意識が高まっているため、自然環境への配慮も考慮する必要があります。私たちは従業員のスキルを生かした高品質な製品を提供しながらも、多様な顧客の要望にも応えなければならないのです」

  • 上品な光沢と優雅なフォルムで人気の高い「キングストン」シリーズ 上品な光沢と優雅なフォルムで人気の高い「キングストン」シリーズ
    上品な光沢と優雅なフォルムで人気の高い「キングストン」シリーズ
  • 現代的な気品と優雅さを兼ね備えた最新作「ハーバード」シリーズ 現代的な気品と優雅さを兼ね備えた最新作「ハーバード」シリーズ
    現代的な気品と優雅さを兼ね備えた最新作「ハーバード」シリーズ
  • ベルベット地のファブリックと水彩画調のクッションがエレガントな「ホクストン」シリーズ ベルベット地のファブリックと水彩画調のクッションがエレガントな「ホクストン」シリーズ
    ベルベット地のファブリックと水彩画調のクッションがエレガントな「ホクストン」シリーズ
  • 厳選された素材と職人の手作業から生まれるソファは、気品あふれる空間を演出してくれる 厳選された素材と職人の手作業から生まれるソファは、気品あふれる空間を演出してくれる
    厳選された素材と職人の手作業から生まれるソファは、気品あふれる空間を演出してくれる
  • ラウンドした美しい曲線が印象的な昨年末に日本初披露の「リビエラ」シリーズ ラウンドした美しい曲線が印象的な昨年末に日本初披露の「リビエラ」シリーズ
    ラウンドした美しい曲線が印象的な昨年末に日本初披露の「リビエラ」シリーズ
  • ナショナルトラストの公認モデル「トラファルガー」シリーズ ナショナルトラストの公認モデル「トラファルガー」シリーズ
    ナショナルトラストの公認モデル「トラファルガー」シリーズ
  • 上品な光沢と優雅なフォルムで人気の高い「キングストン」シリーズ
  • 現代的な気品と優雅さを兼ね備えた最新作「ハーバード」シリーズ
  • ベルベット地のファブリックと水彩画調のクッションがエレガントな「ホクストン」シリーズ
  • 厳選された素材と職人の手作業から生まれるソファは、気品あふれる空間を演出してくれる
  • ラウンドした美しい曲線が印象的な昨年末に日本初披露の「リビエラ」シリーズ
  • ナショナルトラストの公認モデル「トラファルガー」シリーズ

こうしたなか日本では長年、大塚家具がデュレスタ社の製品を取り扱う。

「大塚家具は私にとって最初の輸出取引先であり、アジアマーケットの拠点にもなっていて、以来25年間とても良好な関係を維持しています。大塚家具が扱う製品も、以前は伝統的なデザインでしたが現在はよりプレーンなデザインの製品へと移行していると思います。日本には、かつて見せていたようなパワフルな経済活動が感じられないのが気がかりですが、私たちにとっても、この5年間は厳しい時期でした。消費活動も通信販売が大きなマーケットを占め、かつてのようなビジネスモデルと競合するようになったからです。消費者が店舗に足を運び直接製品と接し、店員とのコミュニケーションを通じて選ぶ機会が少なくなってきています」

デュレスタ社は新たなカタログや生地見本帳を完成させたばかり。今後はSNSなどのメディアを通じても情報を発信していくという。

日本への造詣も深いクライブ・K・ブラウン氏。その笑顔の奥には揺るぎない自信が潜んでいた。

※『Nile’s NILE』2020年4月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。