日本の美、やさしい座り心地

April 26, 2022 Text Rie Nakajima

そこに敷くだけで空間が凛と引き締まり、座ることで自然と背筋が伸びる緞通がある。
350年の時とともに歩み、その洗練と深みを増してきた佐賀藩御用達「鍋島緞通」の美の世界を堪能したい。

初代吉島正敏が考案した、代表柄の蟹牡丹(かにぼたん)の中心をひし形に変形させた図柄の一枚。古典柄でありながら、現代に通じる端正な美。毛足の長いざっくりとした風合いも魅力。
初代吉島正敏が考案した、代表柄の蟹牡丹(かにぼたん)の中心をひし形に変形させた図柄の一枚。古典柄でありながら、現代に通じる端正な美。毛足の長いざっくりとした風合いも魅力。

最近では海外製の手織り敷物が人気だが、実は日本にも、100年を超えて受け継がれてきた、世界に誇る手織り敷物がある。江戸時代に佐賀で生まれた日本最古の手織り緞通、鍋島緞通だ。

その創業家である吉島家では、350年以上前、シルクロードを渡って伝えられた技術を途切れることなく一家継承し、現代まで他に類を見ない至高の緞通を生み出し続けている。特殊な染料により手染めで染め上げた、何百年も変わらぬ風合いを保つ木綿を用い、一切機械を用いず、一人の織師が一目一目、丹精込めて織り上げる。日本人ならではの繊細な手先の技術を駆使した鍋島緞通は、ずっとそこに背を伸ばして座っていたくなる、やさしい座り心地が魅力。ゲストをいたわり、心地よく癒やす、もてなしの心が込められている。

鍋島藩といえば、海外から大砲や鉄砲、蒸気機関など多くの技術を取り入れ、幕末きっての近代的な藩として知られた雄藩だ。その当主である鍋島家に愛され、鍋島家の屋敷を始め、和の空間を華やかに彩ってきたのが、異国のデザインに日本の美意識を融合させて発展した鍋島緞通である。佐賀市の苗運寺にある緞通碑によると、農家の古賀清右衛門家に外国人から絨毯の織り方を習ったという使用人がいて、清右衛門自ら学び、12軒に織り方を伝授したという。これを3代藩主の鍋島綱茂が佐賀藩御用として保護し、以降、脈々とその技術が守られてきた。そして戦時中に技術保存の指定を受け、技術を継承したのが、1912(大正元)年創業の吉島伸一鍋島緞通である。それから100年以上にわたり、佐賀藩鍋島家御用の「格」と、歴史が磨き上げた「洗練」という名の技を現代に伝えてきた。

現在の吉島伸一鍋島緞通では、3代目吉島伸一が中心となり、4代目ひろ子、5代目夕莉子とともに、その歴史と伝統を正統に継承し、今後、後世に引き継がれるよう、日々、さらなる革新を目指し、緞通美の世界を追求している。伝統の技術を生かしつつ、現代の日本のライフスタイルにも合う作品は、古き良き時代から現代まで、日本の空間によく馴染むのが特徴だ。

  • 一家継承される技を駆使し、一人の織師が一目一目、手織りで織り上げていく。時間も手間もかかるが、その分、日本人ならではの繊細な手先の技が光る。 一家継承される技を駆使し、一人の織師が一目一目、手織りで織り上げていく。時間も手間もかかるが、その分、日本人ならではの繊細な手先の技が光る。
    一家継承される技を駆使し、一人の織師が一目一目、手織りで織り上げていく。時間も手間もかかるが、その分、日本人ならではの繊細な手先の技が光る。
  • 2018年、創業107周年記念事業の際に作られた、十五代酒井田柿右衛門氏デザイン「濁手団栗文」。渋みがありながらきりりと際立つ柿右衛門の赤を緞通で表現した。 2018年、創業107周年記念事業の際に作られた、十五代酒井田柿右衛門氏デザイン「濁手団栗文」。渋みがありながらきりりと際立つ柿右衛門の赤を緞通で表現した。
    2018年、創業107周年記念事業の際に作られた、十五代酒井田柿右衛門氏デザイン「濁手団栗文」。渋みがありながらきりりと際立つ柿右衛門の赤を緞通で表現した。
  • 一家継承される技を駆使し、一人の織師が一目一目、手織りで織り上げていく。時間も手間もかかるが、その分、日本人ならではの繊細な手先の技が光る。
  • 2018年、創業107周年記念事業の際に作られた、十五代酒井田柿右衛門氏デザイン「濁手団栗文」。渋みがありながらきりりと際立つ柿右衛門の赤を緞通で表現した。

デザインは350年前から伝わる古典柄やモダンな部屋に調和する現代柄など多彩に用意。十五代酒井田柿右衛門氏、白磁の人間国宝・井上萬二氏、人間国宝・今泉今右衛門氏、宮中に飾る御所人形を手がけてきた十二世伊東久重氏など、日本の美を彩ってきた芸術家とのコラボレーションデザインも展開している。柄を問わず共通するのは、時代を超えた格調高き品格と、凛とした和の美意識。精巧な織りと渋みのある落ち着いた色調が、和室はもちろん、洋室にも独特の存在感をもって調和する。

吉島伸一鍋島緞通では、独自に開発した綿糸・染色を用いながら、要望に応じた一点物の制作も行っている。玄関や和室、あるいはリビングのソファに合わせて。受け継がれてきた日本の美と技術、そしてもてなしの心を体感したい。

●吉島伸一鍋島緞通 TEL0952-37-8546

※『Nile’s NILE』2021年10月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。