インテリアの主役となる収納

April 26, 2022 Text Asuka Kobata

アルミのすっきりしたフレームに透過性のあるガラスの面材を組み合わせ、洗練された佇まいをかなえたシステム収納「ePole(イーポーリ)」。「魅せる」収納に愛用のアイテムを並べれば、自分だけのオリジナリティーにあふれる美しいインテリアが実現する。

ガラスで囲われた「vento」は窓辺に印象的に配し、右手の壁には「cima」を配置。ワインレッドのレザーをアクセントにしたコーディネートで統一感を出している。 参考価格 3,672,000円(vento5連)。
ガラスで囲われた「vento」は窓辺に印象的に配し、右手の壁には「cima」を配置。ワインレッドのレザーをアクセントにしたコーディネートで統一感を出している。 参考価格 3,672,000円(vento5連)。

自分らしく心地よい暮らしを営むために、細部までこだわりたい住まいのインテリア。理想の空間をかなえるには、家具やアートを選ぶだけでなく収納計画も欠かせない。これまで収納といえば住まいのバックヤードだったが、洋服やアクセサリー、さらには書籍、食器といったさまざまな収納物も住み手のパーソナリティーを表現する大切なアイテムだ。見えない場所に隠すのではなく、ショップのようにディスプレーしながら仕舞うのも良いのではないだろうか。

そんななかで注目したいのが、「魅せる」システム収納である「ePole(イーポーリ)」だ。日本の新たな住空間を提案するインテリアブランド「GiGi」によるePole は、アルミフレームにガラスの面材を組み合わせたシャープなデザインが特徴的。ガラスの透過性を生かして内部を見せながら収納するため、愛用のアイテムを「見たい」「見せたい」という人にぴったりだ。

ワードローブとして使うほかにも使い方は幅広く、ダイニングキッチンで調理器具や食器、グラスを並べる、リビングでアートピースやコレクションをディスプレーするなど、さまざまな空間で主役となるインテリアを作り出してくれるだろう。

現在、ボックスタイプの「vento(ベント)」、壁付けタイプの「cima(チーマ)」、アイランドタイプの「isla(イースラー)」の3シリーズで展開するePole。なかでも四方をガラスで囲われたvento は、棚板を中心のポールで支える構造になっておりどこから見ても美しいだけでなく、まるで棚板が宙に浮いているような軽やかな印象だ。裏表のないデザインのため、ワンルームでつながる大空間の間仕切りとしても効果的に取り入れられる。

細いアルミフレームが軽やかな印象。ドロワーやシェルフのパーツ、色や素材の組み合わせなどは、持ち物や好みをヒアリングしながらコーディネーターが相談に乗ってくれる。
細いアルミフレームが軽やかな印象。ドロワーやシェルフのパーツ、色や素材の組み合わせなどは、持ち物や好みをヒアリングしながらコーディネーターが相談に乗ってくれる。

どのシリーズもアルミフレームやバックパネルに照明が組み込まれ、愛用のアイテムを印象的にライトアップできるのも大きな魅力。

部屋の照明を落とせば、ガラスケースが行灯のように浮かび上がり、ムードある空間を作り出してくれるだろう。電源や光源はすべて見えないようにすっきりと配されている。

  • 扉材の素材や色は豊富なバリエーションから選べる。ベーシックな色だけでなくワインレッドやオレンジなどインテリアのアクセントになる選択肢はイタリアならでは。 扉材の素材や色は豊富なバリエーションから選べる。ベーシックな色だけでなくワインレッドやオレンジなどインテリアのアクセントになる選択肢はイタリアならでは。
    扉材の素材や色は豊富なバリエーションから選べる。ベーシックな色だけでなくワインレッドやオレンジなどインテリアのアクセントになる選択肢はイタリアならでは。
  • ジュエリーや時計といった小物を収納するためのドロワーパーツもそろえ、引き出し内部も自分が使いやすいよう自由にカスタマイズできる。 ジュエリーや時計といった小物を収納するためのドロワーパーツもそろえ、引き出し内部も自分が使いやすいよう自由にカスタマイズできる。
    ジュエリーや時計といった小物を収納するためのドロワーパーツもそろえ、引き出し内部も自分が使いやすいよう自由にカスタマイズできる。
  • 扉材の素材や色は豊富なバリエーションから選べる。ベーシックな色だけでなくワインレッドやオレンジなどインテリアのアクセントになる選択肢はイタリアならでは。
  • ジュエリーや時計といった小物を収納するためのドロワーパーツもそろえ、引き出し内部も自分が使いやすいよう自由にカスタマイズできる。

この洗練されたデザインは、イタリアのデザインスタジオが長年の経験に基づいて生み出したもの。面材はガラスのほかウッドパネル、塗装、レザー、ファブリックなどからセレクトでき、カラーバリエーションも豊富だ。イタリアのデザインならではの他にはない鮮やかな色が選択できる点も人気を集める理由の一つだ。

一方で、加工や取り付け、メンテナンスは国内で行い、日本の優れた技術力を融合。選択肢が幅広くセミオーダーのようにカスタマイズできるにもかかわらず、海外製品に比べると納品が早いのがうれしい。照明を含めたアフターケアにも対応してくれるため安心して導入できる。

インテリアの主役となる美しさを備えた「魅せる」収納。新たな収納のかたちを、ぜひ検討してほしい。

●GiGi TEL03-6434-7450

※『Nile’s NILE』2021年6月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。