サステナブルな新店舗がオープン

アルマーニ

July 27, 2022

アルマーニがCSR活動の一環として2019年から取り組んでいるプロジェクト「グリーン コンセプト」にこだわった新店舗、アルマーニ ジ アウトレット北九州がTHE OUTLETS KITAKYUSHUにオープンした。

アルマーニ店内
店内の多くの表面仕上げ材がリサイクル材や再生可能材で造作されている。

「グリーン コンセプト」は、持続可能性と環境的配慮においての社会的責任の両立を目指すことを目的としたプロジェクト。国内では2店舗目となる、アルマーニ ジ アウトレット北九州では、店内の壁面パネルとパネルに取り付けられた棚板には、廃棄された家具や木材チップなどを再利用した100%リサイクルウッドを使用。さらにフィッティングルームのカーテン生地は再生ポリエステル100%の素材を、カーペットには廃棄された漁網から作られたエコニール素地を採用するなど、素材のアップサイクルを実現。そのほか、ディスプレイの什器にもリサイクルされた紙素材や天然の接着剤を用いるなど環境への配慮も。建築資材は多くをイタリア本社から取り寄せ、人にも環境にも優しい店舗が完成した。

アルマーニ店舗外観
リサイクル素材を活用することで環境保全にこだわったアルマーニ ジ アウトレット北九州。

世界で展開するアルマーニ アウトレット店舗は、今後の店舗リニューアルの際にこの新コンセプトが導入される予定だという。(一部期間限定店舗に関しては対象外)。アルマーニグループの環境保全に対する思いと今後の取り組みに注目したい。

●ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL03-6274-7070
www.armanivalues.com



新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。