アンティークコインで資産運用? ユニバーサルコイン

February 1, 2020
June 24, 2022 Last modified

さまざまな現物投資による資産運用がある中で、近年注目度が上がってきたアンティークコイン。だがまだその価値を知っている人は少ない。彼らのほとんどは、なぜアンティークコインが投資家に注目されているのか、その理由を調べたことがないという。

アンティークコイン
(上)世界最古のアンティークコインとして知られる、約2600年前のリディア金貨も展示。同時代のコインは大英博物館やルーヴル美術館などに収蔵されている。写真の状態は世界で10枚以下。1500万円相当。
(下)1839年にビクトリア女王即位を記念して発行されたウナライオン金貨。アンティークコインを代表する1枚として知られ、世界に400枚と希少価値も高い。3000 ~ 4000万円相当。

金の延べ棒なら目方で値段が決まり、相場もはっきりしているが、古銭でもうけるなんて夢物語――アンティークコインの価値を知らない人は、こう言う。しかし実際にアンティークコインを投資目的で買っているのは、世界中の現役投資家たちである。資産運用のプロが価値を認めるものに対して、なぜそのような思いを抱くのか?

「それはひとえに知識と情報の不足だと思います」

欧米の収集家やディーラーと直接交渉し、ネットオークションにはなかなか出品されない希少なアンティークコインを扱うユニバーサルコイン代表取締役の西村直樹氏はこう言い切る。彼はアンティークコイン投資家の間では知る人ぞ知る専門家だ。

「古銭でひと山当てるなんて、と考えている方の多くは、日本の大判小判や埋蔵金を掘り当てるようなイメージを持たれている。しかし今、世界中の投資家たちが注目しているのは、ヨーロッパの王侯貴族たちが家宝として所有していたコインであり、歴史も価値も全く違います。こうしたアンティークコインは限られた人たちの間でだけ取引されていたため、あまり知られていない資産でした。しかし欧米の不景気も長引き、増加するアジアの富裕層を含む投資家に向けて秘蔵品を手放す、という需要と供給の一致が、世界規模の市場を実現したのです」

ローマ時代の金貨など、歴史的価値の高いアンティークコインは億単位の価格で取引される。日本円で主に1000万円以上のものが、投資家たちの狙い目だ。

「金の延べ棒の場合は確かに目方通りの値段で取引されますが、逆に言えばそれ以上に値上がりすることはありません。しかしアンティークコインは大勢の人が求めるものを持っていれば、値段はどこまでも上がっていきます。しかも投資の対象になるような価値の高いアンティークコインは、ほぼどれも現存する枚数が分かっているので、急に数が増えて希少性が失われることもありません。市場が広がり求める人が増えた分、希少性はより高まる。値崩れしない投資対象だと資産運用のプロたちが判断しているのです」

もちろん大前提として、投資する価値のあるアンティークコインを適正価格で手に入れなければならない。そのためにはまず正しい知識を身につけ、最新情報を手に入れたうえで、信頼できる店から買うことが重要だ。さらに、できるだけ多くの実物を見ることが必要だと、西村氏はアドバイスする。

「銀座のギャラリーを11月にリニューアルオープンし、ショップを兼ねたスペースにしました。アンティークコインとは? と疑問を持つ方から、実際に購入を検討されている方まで、その魅力を実際に確かめていただけるようになっています。さらに詳しく知りたい方のためには書籍も執筆しています。投資はイメージではなく根拠に基づいた数字で判断する。これはどんな資産運用でも勝つための基本です」

”究極”の資産防衛
(左)11月にギャラリー兼ショップとしてリニューアルオープンした「銀座ユニバーサルコインギャラリー」。古代ローマのパンテオンやカラカラ浴場をイメージした幻想的な空間で、実際に希少なアンティークコインを見ることができる。
(右)ユニバーサルコイン代表取締役の西村直樹氏が執筆するアンティークコイン投資の入門書。注目の資産運用の対象としてアンティークコインに関する内容が詳しく紹介されている。

●銀座ユニバーサルコインギャラリー TEL03-6274-6221

※『Nile’s NILE』に掲載した記事をWEB用に編集し再掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。