時代や国境を越える“KAWAII”資産 銀座SGC

February 1, 2020 Photo Masahiro Goda Text Ichiko Minatoya
May 17, 2022 Last modified

日本が世界に誇る文化は、和食や歌舞伎だけではない。
日本発の概念“KAWAII” と、そのシンボル的存在であるサンリオの「ハローキティ」は、世界のセレブをも魅了する人気者。
時代や国境を超えるこのキャラクターを、金で手に入れる。
これぞ日本流の贅沢、本物を知るからこそできる遊びである。

金のハローキティ
おなじみのポーズをとった、最もオーソドックスな「ハローキティ」スタイル。
重量900g、高さ17.5㎝、15,120,000 円。

日本には「あからさまを嫌う」という文化がある。一目で見てすべてが分かるものよりも「実は……」という、もう一段も二段も深いものの方が、価値が高いとされ、あからさまなものは“野暮”と評価を下げる。また希少性の高いものを、あえて身近なものとして、無造作に見せるという表現も好まれ、これは人を驚かせる“遊び心”の一つとして、非常に高く評価されてきた。

金と言えば、世界共通の、そして時代を超えて尊ばれる宝の一つだ。貨幣経済の現代であっても、景気に左右されにくく、また国や貨幣が違っても価値が変わりにくい資産として、世界的に金は人気が高い。金を資産として持つとしたら、一番多いのはおそらく延べ棒だろう。

しかし金というのは変幻自在。金庫にしまっておく味気ない延べ棒ではなく、毎日眺めて楽しい形で持つ方が、よりいっそう価値が高まるというものではないか。

そうしたニーズを受けて、銀座SGCはさまざまな金の工芸品を提案してきた。熟練した腕を誇る職人が作り上げる洋食器や茶器、兜かぶとや剣、また伝統工芸士や人間国宝の手による置物や仏像など、金の希少性にふさわしい、格調高いものは人気が高い。

しかしそれ以外にもトランプやゴルフマーカーなど、「これを金で作ったのか!」と驚かせるようなアイテムも、純金で作る。

  • 金のハローキティ オーバーオールバージョン 金のハローキティ オーバーオールバージョン
    スタンドアップスタイルで、オーバーオール姿がよく分かる。
    重量25g、高さ5㎝、540,000 円。
  • 金のハローキティ チアリーダーバージョン 金のハローキティ チアリーダーバージョン
    チアリーダーに扮した躍動感あふれるスタイル。元気でかわいい声援が聞こえそうだ。
    参考商品。
  • 金のハローキティ オーバーオールバージョン
  • 金のハローキティ チアリーダーバージョン

そんな中で、特に目を引くのは、いわゆる「キティちゃん」シリーズだ。

40年前に誕生し、今や世界中で愛されるサンリオの「ハローキティ」は、子どもから大人まで魅了する日本発のキャラクターだ。ハリウッドセレブも来日の際は「ハローキティ」のグッズを求め、ショップに足を運ぶ様子が紹介されており、今まで欧米にはなかった“KAWAII”という概念を認知させたことでも知られている。

時代を超え、国境を超え、世代を超えて愛されるキャラクター「ハローキティ」を、同じく時代を超え、国境を超えて価値の変わらない「金」で制作したいと考えた銀座SGC。

サンリオとのコラボレーションにより実現したハローキティシリーズは、サンリオの監修により、本来白い顔・体に可愛い色合いの服がトレードマークの「ハローキティ」の愛らしさを、純金の単色で十二分に再現。凹凸、つや消しなど、ディテールにさまざまな趣向を凝らした逸品となっている。

価格は100万円以上と、従来の「ハローキティ」関連グッズと比べてかなり高価だが、素材が金という希少性の点でも、資産として生かせるという点でも他のものとは一線を画す垂すい涎ぜんの品として、大人気となっている。特に今回の「ハローキティ40周年記念モデル」の大きなサイズは限定1体となっており、マニアにとってたまらない、自慢の逸品になるに違いない。

同じ金を持つなら、こうした“KAWAII”を金で表現する遊び心たっぷりの形がいい。眺めるたび、その愛らしさに心が和む。その魅力こそが、計り知れない価値ではないだろうか。

金のハローキティとタイニーチャム
ハローキティ40周年記念モデル

ハローキティ40周年記念モデル。大の仲良しのタイニーチャムを抱きしめるポーズも、「ハローキティ」らしいスタイル。大きなサイズは限定1体で、キティちゃんがファンを抱きしめてくれるというイベントも行われる。

「K24(純金) ハローキティ40周年 マスコット」
(大)重量1000g、高さ29 ㎝、17,280,000円。
( 小)重量50g、高さ10㎝、1,080,000円。

8月12日( 火)まで日本橋髙島屋の1階正面イベントスペースにて「~ 40th ANNIVERSARY ~ハローキティウイークス」開催中。

銀座SGCでは厳選された金製品の販売のみならず、X線分析器による迅速な金製品の買い取り、ダイヤのスペシャリストGIA-GG資格保有者による鑑定まで、貴金属に関する幅広い提案を行う。

銀座SGC
東京都中央区銀座5-7-10 ニューメルサ3F
営業時間11:00 ~ 20:00
フリーダイヤル0120-375614

※『Nile’s NILE』に掲載した記事をWEB用に編集し再掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。