信頼性に捧げた60年の証し

Sinn

May 6, 2022 Text Yasushi Matsuami

精密にして厳格、虚飾を排した実用性、質実剛健―。ドイツ製品にはそんなイメージがある。それを“地”でいくウォッチブランド、ジン。“極限的状況でも最高精度を保証する”ことをモットーに、パイロットを始め、ドイツ警察特殊部隊、アルプス航空救助隊救急医などからの信頼もかちえてきた、60年の歴史に恥じない新作が登場した。

ドイツ軍パイロットで飛行教官も務めたヘルムート・ジン氏が、フランクフルトに「ジン特殊時計会社」を設立したのは1961年のことだ。自身の経験を生かしたコックピットクロックやパイロットウォッチなどで評価を確立。一例が、ミニッツカウンターをセンターに配置したコックピットクロック「Nabo 17 ZM」。70年代後半に独空軍用に開発され、現在も多機能戦闘機トルネードが採用する。完成度の高さがうかがえる。

これを着想源とする新作が「717」である。クロノグラフの秒・分積算計をセンター方式化。高い視認性はもちろん、オリジナル譲りのタフな計器然とした表情もいい。

717
ドイツ空軍用に開発されたコックピットクロック「Nabo 17 ZM」を着想源とするモデル。オレンジの秒・分積算針で視認性を高めたクロノグラフ機能を搭載。自動巻き、ケース径45㎜、SSケース×カウレザーストラップ、20気圧防水、6月発売予定、880,000円。

ケースには、一般的なスチールよりも耐久性、耐腐食性に優れた904Lステンレスを採用。さらに、ジン独自の表面硬化処理技術テギメントとPVD加工を組み合わせたブラック・ハード・コーティングにより、セラミックと同等以上の耐傷性を実現。またケース内の除湿のため、ドライカプセルの挿入やプロテクトガス充填などによるArドライテクノロジーも採用され、信頼性を高めている。

144.ST.S.JUB.Ⅱ
ブランド創立60周年記念モデル。60周年にちなみ12時位置の60を赤色蛍光塗料仕上げに。自動巻き、ケース径41㎜、SSケース×SSブレスレット(ブラックシリコンストラップ付属)、20気圧防水、世界限定600本、6月発売予定、638,000円。

60周年を祝う「144.ST.S.JUB.Ⅱ」もジンらしさにあふれた一本。「717」と同様、ブラック・ハード・コーティングの904Lケースや、Arドライテクノロジーも採用。精悍な存在感を技術力が支えている。

2018年に惜しまれつつ鬼籍に入った創業者の魂が、後継者たちに受け継がれていることを雄弁に物語る2モデルである。

●ホッタ
TEL03-5148-2174

※『Nile’s NILE』2021年6月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

Tags:

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。