ノーチラスに四つの新作登場

パテック フィリップ

April 26, 2022

パテック フィリップは「Watches & Wonders Geneva 2021」の開催を祝して、ノーチラスコレクションの新作を四つ発表。1976年に登場したノーチラスは、丸みを帯びた八角形のベゼル、舷窓からインスピレーションを得たケース構造、水平エンボス模様の文字盤により高い人気を集めてきたコレクションで、新作は現行モデルの新バージョンとなる。

パテック フィリップが提示するカジュアル・エレガンスの新解釈

注目したいのは、ステンレススチール仕様の「ノーチラス5711/1Aモデル」。ノーチラス誕生30周年を記念して2006年に発表されたモデルだが、惜しまれながらも今年で製作終了となる。今回は、この象徴的なモデルに新しいオリーブグリーン・ソレイユ文字盤が登場した。同文字盤は、32個(約3.6ct)のバゲットカットダイヤモンドをベゼルに備えた「ノーチラス5711/1300Aモデル」にも採用されている。

  • ノーチラス5711/1Aモデル ノーチラス5711/1Aモデル
    「ノーチラス5711/1Aモデル」自動巻き、ケース径(10-4時方向)40㎜、SSケース×SSブレスレット、4,015,000円。
  • ノーチラス5711/1300Aモデル ノーチラス5711/1300Aモデル
    「ノーチラス5711/1300Aモデル」自動巻き、ケース径(10-4時方向)40㎜、SSケース×SSブレスレット、10,868,000円。
  • ノーチラス5711/1Aモデル
  • ノーチラス5711/1300Aモデル

また、フライバック・クロノグラフ、トラベルタイム、現地日付指針表示という三つのコンプリケーションを搭載した「ノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ5990/1モデル」には、ブルー・ソレイユ文字盤を採用したローズゴールドバージョンが加わった。

一方で、レディースのノーチラスコレクションには、全面にブリリアントカットダイヤモンドをスノーセッティングした「ノーチラス・ハイジュエリー7118/1450R-001モデル」が登場。2553個(約12.69ct)ものダイヤモンドが光り輝く。

  • ノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ5990/1モデル ノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ5990/1モデル
    「ノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ5990/1モデル」自動巻き、ケース径(10-4時方向)40.5㎜、RGケース×RGブレスレット、12,232,000円。
  • ノーチラス・ハイジュエリー7118/1450モデル ノーチラス・ハイジュエリー7118/1450モデル
    「ノーチラス・ハイジュエリー7118/1450モデル」自動巻き、ケース径(10-4時方向)35.2㎜、RGケース×RGブレスレット、42,119,000円。
  • ノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ5990/1モデル
  • ノーチラス・ハイジュエリー7118/1450モデル

大胆でユニークなデザインにより世界的な地位を確立してきたノーチラスが、これまで提唱してきた「カジュアル・エレガンス」。新作では新たな解釈が提示され、その独創的な個性はさらなる進化を遂げていた。

●パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター
TEL03-3255-8109

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。