20年という時間が培った“完璧”

April 25, 2022 Text Yasushi Matsuami
April 26, 2022 Last modified

ミシェル・パルミジャーニ氏創業のパルミジャーニ・フルリエが20周年を迎え、アニバーサリーモデル「トンダ クロノール アニヴェルセール」を発表した。

トンダ クロノール アニヴェルセール
「トンダ クロノール アニヴェルセール」にはWGケースのほかRGケースも用意され、各世界限定25本。それぞれにホワイトダイヤル、ブルーロワダイヤル仕様がある。ムーブメントもゴールド製。流線型のラグはブランドのアイコンだ。手巻き、ケース径42.1㎜、WGケース?アリゲーターストラップ、18,225,000円、今夏発売予定。

帝政ロシア・ロマノフ王朝の秘宝として名高いオートマタ「イースターエッグ」や、アブラアン-ルイ・ブレゲが製作し、現代では修復不可能と言われた伝説的な時計「シンパティック・クロック」を始め、歴史的名品を現代によみがえらせ、天才時計師の名をほしいままにしてきたミシェル・パルミジャーニ氏。その卓越した技術力に注目したのがサンド・ファミリー財団だった。

ノバルティスとして知られるサンド製薬グループを引き継ぎ、懐中時計とオートマタの世界有数のコレクションを所有することでも知られるサンド・ファミリー財団は、1980年以来、そのコレクションの管理・修復をミシェル・パルミジャーニ氏に託してきた。スイスの伝統的かつ芸術性の高い時計製造の深奥に触れながら、さらに技術と知識を蓄えていく。そして1996年、サンド・ファミリー財団の全面的な支援の下、その類いまれなる才能を生かしたタイムピースを生み出すべく、パルミジャーニ・フルリエが設立された。

トゥールビヨンやリピーターなどの複雑機構はもちろん、修復師としてのキャリアがもたらした豊富な知識や意匠が詰め込まれた作品は、たちまち高い評価を得る。往年のブガッティの名車のエンジンに着想を求めた、垂直型の輪列構造による斬新でクリエーティブなモデルも、愛好家の驚きを誘った。

その一方、時計製造の各部門の垂直統合を進め、自社一貫生産によるマニュファクチュールとしての体制も整えてきた。製造が困難とされるヒゲゼンマイや調速脱進機の自社製造までも可能にし、今や他社への供給までも実現させている。伝統的な芸術性とマニュファクチュールとしての生産体制の充実―、この二つを両輪として、パルミジャーニ・フルリエは20年という時間を積み重ねてきた。

動画「小鳥とピストル」

  • ミシェル・パルミジャーニ氏が修復した孔雀が羽を広げるオートマタ、ファベルジェ製の「イースターエッグ」。 ミシェル・パルミジャーニ氏が修復した孔雀が羽を広げるオートマタ、ファベルジェ製の「イースターエッグ」。
    ミシェル・パルミジャーニ氏が修復した孔雀が羽を広げるオートマタ、ファベルジェ製の「イースターエッグ」。
  • ミシェル・パルミジャーニ氏。 ミシェル・パルミジャーニ氏。
    ミシェル・パルミジャーニ氏。
  • ミシェル・パルミジャーニ氏が修復した孔雀が羽を広げるオートマタ、ファベルジェ製の「イースターエッグ」。
  • ミシェル・パルミジャーニ氏。

そんな20周年を象徴するアニバーサリーモデル「トンダ クロノール アニヴェルセール」が、1月のSIHHで発表された。このタイムピースには、パルミジャーニ氏の悲願だった、ブランド初の自社開発・製造による一体型クロノグラフキャリバーPF361が搭載されている。3万6000振動/時のハイビートで、複雑機構の一つに数えられるスプリットセコンド機能も備えている。あらゆる面で、妥協のない完璧さが追求された。

20年という時間の中で培われた情熱やノウハウはもちろん、過去から4世紀あまり続く伝統的な時計製造を次の世代へと引き継いでいこうとする意欲までもが、この時計から伝わってくるのである。

●パルミジャーニ・フルリエ TEL03-5413-5745

※『Nile’s NILE』2016年4月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

Tags:

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。