空を飛んだ時計 テッラ チエロ マーレ

April 22, 2022 Photo akehiro Hiramatsu(digni) Text Aki Nogam

「大地・空・海」の3テーマから、飛行機や潜水艦をモチーフとした独自のクリエーションを展開する「テッラ チエロ マーレ」。今年イタリアと日本の歴史的な戦闘機をテーマにした時計が発表され、そのユニークな存在感に注目が寄せられている。

ZERO-SEN 自動巻、チタニウムケース、PVD加工(ケース径43㎜)、零戦艦上戦闘機の外板(日の丸部分)のプレート付、世界限定88本 864,000円
ZERO-SEN
自動巻、チタニウムケース、PVD加工(ケース径43㎜)、零戦艦上戦闘機の外板(日の丸部分)のプレート付、世界限定88本 864,000円

イタリア発信のウオッチブランド「TERRA CIELO MARE(テッラ チエロ マーレ)」。イタリア語で「大地・空・海」を意味する。この3テーマを軸に構成される時計は、実にバラエティー豊か。飛行機の計器をコンセプトにしたデザインや潜水艦のモチーフなど、いずれも男心をくすぐる、ミリタリー感あふれるラインアップである。

  • 「ZERO-SEN」のケースバック。バッグケースのスペースからは、内蔵のローターが動いているのを確認することができる。日本へのオマージュモデルということもあり漢字が施されているのがユニーク。 「ZERO-SEN」のケースバック。バッグケースのスペースからは、内蔵のローターが動いているのを確認することができる。日本へのオマージュモデルということもあり漢字が施されているのがユニーク。
    「ZERO-SEN」のケースバック。バッグケースのスペースからは、内蔵のローターが動いているのを確認することができる。日本へのオマージュモデルということもあり漢字が施されているのがユニーク。
  • 本物の零式艦上戦闘機の一部を使用したオリジナルプレート。日の丸部分に使用されていた、赤い塗装の外板が使用されている。3時位置に留められており、好きな時に眺められるのがうれしい。 本物の零式艦上戦闘機の一部を使用したオリジナルプレート。日の丸部分に使用されていた、赤い塗装の外板が使用されている。3時位置に留められており、好きな時に眺められるのがうれしい。
    本物の零式艦上戦闘機の一部を使用したオリジナルプレート。日の丸部分に使用されていた、赤い塗装の外板が使用されている。3時位置に留められており、好きな時に眺められるのがうれしい。
  • 3基のエンジンを積んでいたことから“3匹のネズミ”と呼ばれていたサヴォイア・マルケッティ SM.79。実際に使われていたエンジンパイプを用いたプレートにエングレービングを施して。 3基のエンジンを積んでいたことから“3匹のネズミ”と呼ばれていたサヴォイア・マルケッティ SM.79。実際に使われていたエンジンパイプを用いたプレートにエングレービングを施して。
    3基のエンジンを積んでいたことから“3匹のネズミ”と呼ばれていたサヴォイア・マルケッティ SM.79。実際に使われていたエンジンパイプを用いたプレートにエングレービングを施して。
  • ベゼルを回すことで巻き上げと時間調整を行うリューズレス仕様。ベゼルを3 ~ 4周回すだけでフルの巻き上げ状態になる。9時位置にあるレバーを解除することでベゼルを動かすことができる仕組み。 ベゼルを回すことで巻き上げと時間調整を行うリューズレス仕様。ベゼルを3 ~ 4周回すだけでフルの巻き上げ状態になる。9時位置にあるレバーを解除することでベゼルを動かすことができる仕組み。
    ベゼルを回すことで巻き上げと時間調整を行うリューズレス仕様。ベゼルを3 ~ 4周回すだけでフルの巻き上げ状態になる。9時位置にあるレバーを解除することでベゼルを動かすことができる仕組み。
  • 「ZERO-SEN」のケースバック。バッグケースのスペースからは、内蔵のローターが動いているのを確認することができる。日本へのオマージュモデルということもあり漢字が施されているのがユニーク。
  • 本物の零式艦上戦闘機の一部を使用したオリジナルプレート。日の丸部分に使用されていた、赤い塗装の外板が使用されている。3時位置に留められており、好きな時に眺められるのがうれしい。
  • 3基のエンジンを積んでいたことから“3匹のネズミ”と呼ばれていたサヴォイア・マルケッティ SM.79。実際に使われていたエンジンパイプを用いたプレートにエングレービングを施して。
  • ベゼルを回すことで巻き上げと時間調整を行うリューズレス仕様。ベゼルを3 ~ 4周回すだけでフルの巻き上げ状態になる。9時位置にあるレバーを解除することでベゼルを動かすことができる仕組み。

「テッラ チエロ マーレ」はエミリオ・フォンタナ氏とジョルジオ・ラトゥアーダ氏によるLA・FO・CE社が2001年に設立したブランド。現在日本やアメリカ、インドネシアなどの計6カ国で展開している。

今年同社が発表した新作は「空」を意味する戦闘機をテーマにしたモデル。一つは1930~40年代のイタリアで活躍した空軍機の「サヴォイア・マルケッティ SM・79」、そしてもう一つが日本人の私たちになじみ深い「零式艦上戦闘機」をイメージしたデザインだ。後者のいわゆるゼロ戦モデルは4代目となる現社長が、飛行機博物館で目にした機体からインスパイアーされたものであり、飛行機への深い愛から誕生した時計でもある。中でも白はく眉び なのが、この2本にあしらわれた3時位置のプレート。サヴォイア・マルケッティ SM・79モデルには同機の愛称でもあった〝3匹のネズミ〟を刻印した当時のエンジンパイプが、そしてゼロ戦モデルには同じく日の丸部分の外板を使用したプレートがあしらわれており、伝説の戦闘機をより身近に感じられる、非常に珍しい意匠が施されている。

また同モデルはレバリーリリースシステムというシステムを採用している。リュウズではなく、ベゼルを回すことで巻き上げと時間調整ができるという、何ともユニークな仕様だ。眺めているだけでも心が弾む、これら2本のタイムピース。自らの限界に挑戦してきた人々の、探求の足跡をも感じさせるクリエーションは、手に取る者の想像力を深く刺激してやまないに違いない。

※『Nile’s NILE』2015年7月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。