勝利を呼ぶ時計 RICHAD MILLE×BUBBA WATSON

April 22, 2022 Text 舩越園子

リシャール・ミルには彼の哲学をあらゆる分野で体現してくれる“ファミリー”と呼ばれるアンバサダーがいる。その一人であるプロゴルファーのバッバ・ワトソンが、2014年4月に開催された第78回マスターズ・トーナメントで2度目の優勝をした。2010年に“ファミリー”になって以来、プロゴルファーなら誰もが夢見るメジャータイトルを2度も掌中に収めるという快挙を成し遂げたのだ。その間、いつも左手にはめられていたのはバッバ・ワトソンのためにデザインされた“白い腕時計”。このRM038 トゥールビヨンこそ、“勝利を呼ぶ時計”と言える。

RM38-01 トゥールビヨン Gセンサー バッバ・ワトソン 手巻き、ケースサイズ49.94×42.70㎜、ホワイトラバーコーティングチタンケース×ラバーストラップ、TZP-Gセラミックベゼル、ホワイトラバーコーティングミドル&バックケース、84,240,000円、世界限定50本、今秋発売予定。
バッバ・ワトソンとのコラボレーションコレクションのコンセプトを継承した最新作は、トゥールビヨンに特許を取得したGセンサーを搭載し、ゴルファーがプレーする際の衝撃の強さを表示。間もなくワトソンの新たな“相棒”となる。ベゼルとケースバックには彼の好きな色であり、マスターズの優勝者だけに贈られるジャケットの色のグリーンを採用し、リュウズはゴルフボールを連想させる素材を用い、さらにムーブメントはパタークラブを想起させるデザインである。
RM38-01 トゥールビヨン Gセンサー バッバ・ワトソン 手巻き、ケースサイズ49.94×42.70㎜、ホワイトラバーコーティングチタンケース×ラバーストラップ、TZP-Gセラミックベゼル、ホワイトラバーコーティングミドル&バックケース、84,240,000円、世界限定50本、今秋発売予定。
昨年はワトソンがアダム・スコットにグリーンジャケットを着せ、今年はワトソンがスコットに着せてもらった。これからワトソンが着ける新モデルのベゼルとケースバックには、この輝くようなグリーンが取り入れられた。
昨年はワトソンがアダム・スコットにグリーンジャケットを着せ、今年はワトソンがスコットに着せてもらった。これからワトソンが着ける新モデルのベゼルとケースバックには、この輝くようなグリーンが取り入れられた。

2年前。マスターズ初優勝を達成したバッバ・ワトソンは母の胸で号泣した。そして今年。2年ぶり2度目のマスターズ覇者に輝いたワトソンは、うれし涙を見せたものの、号泣はしなかった。大勢のファンと喜びを分かち合う姿にはビッグスターの風格が漂い、息子を抱き抱える左腕には、彼の現実を刻んできた白い時計が輝いていた。

マスターズで複数回優勝を果たしたのは史上17人目。初優勝のときは、プレーオフ2ホール目で右の林の奥からグリーンを捉えたミラクルショットが勝利の一打となった。が、今回はそういう劇的なシーンがあったわけではない。「振れば飛ぶ」という生来の飛ばし屋は、ピンクのドライバーを握り、フェアウエーの先へ先へと進んでは「最大の武器」と自負するウエッジで淡々とグリーンを捉え続けた。あの週はパットも冴え渡っていた。持てる技術力全ての結集が勝利に結びついた。それならば、ワトソンの技術力を最大限に引き出し、生かしたものは何だったのか。その答えは、彼自身が「僕は変わった」と実感していた人間としての成長なのだと私は思う。

  • 初優勝の際はカレブ君を迎えたばかりで愛妻は自宅待機。ワトソンは実母や友人知人らと抱き合い、号泣した。 初優勝の際はカレブ君を迎えたばかりで愛妻は自宅待機。ワトソンは実母や友人知人らと抱き合い、号泣した。
    初優勝の際はカレブ君を迎えたばかりで愛妻は自宅待機。ワトソンは実母や友人知人らと抱き合い、号泣した。
  • RM038 トゥールビヨンから着想を得て作られた手巻きモデルの生産が、店頭に並ぶまでに追いついた。RM055 バッバ・ワトソン 手巻き、ケースサイズ49.90×42.70 ㎜、チタンケース×ラバーストラップ、ATZベゼル、ホワイトラバーコーティングチタンミドル&バックケース、11,880,000円。 RM038 トゥールビヨンから着想を得て作られた手巻きモデルの生産が、店頭に並ぶまでに追いついた。RM055 バッバ・ワトソン 手巻き、ケースサイズ49.90×42.70 ㎜、チタンケース×ラバーストラップ、ATZベゼル、ホワイトラバーコーティングチタンミドル&バックケース、11,880,000円。
    RM038 トゥールビヨンから着想を得て作られた手巻きモデルの生産が、店頭に並ぶまでに追いついた。RM055 バッバ・ワトソン 手巻き、ケースサイズ49.90×42.70 ㎜、チタンケース×ラバーストラップ、ATZベゼル、ホワイトラバーコーティングチタンミドル&バックケース、11,880,000円。
  • 初優勝の際はカレブ君を迎えたばかりで愛妻は自宅待機。ワトソンは実母や友人知人らと抱き合い、号泣した。
  • RM038 トゥールビヨンから着想を得て作られた手巻きモデルの生産が、店頭に並ぶまでに追いついた。RM055 バッバ・ワトソン 手巻き、ケースサイズ49.90×42.70 ㎜、チタンケース×ラバーストラップ、ATZベゼル、ホワイトラバーコーティングチタンミドル&バックケース、11,880,000円。

振り返れば、ワトソン夫妻がカレブ君を養子として迎えたのは2年前のマスターズの2週間前のことだった。待望の息子を得て、その直後にマスターズを制したワトソンは、しばらくの間、宙に浮いたような日々を過ごした。

「去年の僕はマスターズ優勝の余韻を引きずり、グリーンジャケットに二日酔いしている状態だった。優勝するとニーズは倍増する。毎週、あの黄色いフラッグに5000枚、いや1万枚もサインする。マスターズチャンプになり、父親になり、そして、いい夫になるべく、僕はすごいエネルギーを使っていた」

時間と体はいくらあっても足りず、「二日酔い」から早く醒めなければと、焦れば焦るほど気持ちは空回りした。去年の成績は一気に下降。マスターズは50位止まり。プレジデンツカップの米国選抜チーム入りもできずじまいだった。

ワトソンはグリーンを狙うショットが最重要ポイントと指摘。最大の武器と自負するウエッジでグリーンを捉え続けた。 そんなワトソンの救いになったのは愛妻アンジーとともに考え出したタイムマネジメントだった。 「カレブは日に日に大きくなっていく。妻のアンジーには休息の時間をあげたかった。そこで僕と妻は短時間集中型の練習メニューを作った。30分でも1時間でも、効率良く練習し、良き父、良き夫に戻る。その切り替えを僕は1年がかりで覚えた」  今年のマスターズには穏やかな気持ちで臨んだ。首位に立ち、最終日を最終組で迎えることになったとき、ワトソンは、テクニックや攻め方には触れず、生活のリズムや時間を気にかけるこんな言葉を連ねた。 「勝利へのカギは、今夜、できる限り眠ることだ。昨日は11時に寝て、目覚ましは10時5分に鳴った。妻の手作りの朝食を食べ、息子と裏庭で少し遊び、それからコースに来た。明日の最終日は暑くなる。だから今夜はできる限り眠り、優勝争いのためにエネルギーをセーブする」いざ、最終日。早々にバーディーを重ねた20歳のジョーダン・スピースに首位の座を奪われたとき、乱れることなく挽回のチャンスを待ったワトソンの辛抱強さに彼の成長を感じ取った人は多かったはずだ。
ワトソンはグリーンを狙うショットが最重要ポイントと指摘。最大の武器と自負するウエッジでグリーンを捉え続けた。

そんなワトソンの救いになったのは愛妻アンジーとともに考え出したタイムマネジメントだった。

「カレブは日に日に大きくなっていく。妻のアンジーには休息の時間をあげたかった。そこで僕と妻は短時間集中型の練習メニューを作った。30分でも1時間でも、効率良く練習し、良き父、良き夫に戻る。その切り替えを僕は1年がかりで覚えた」

今年のマスターズには穏やかな気持ちで臨んだ。首位に立ち、最終日を最終組で迎えることになったとき、ワトソンは、テクニックや攻め方には触れず、生活のリズムや時間を気にかけるこんな言葉を連ねた。

「勝利へのカギは、今夜、できる限り眠ることだ。昨日は11時に寝て、目覚ましは10時5分に鳴った。妻の手作りの朝食を食べ、息子と裏庭で少し遊び、それからコースに来た。明日の最終日は暑くなる。だから今夜はできる限り眠り、優勝争いのためにエネルギーをセーブする」

いざ、最終日。早々にバーディーを重ねた20歳のジョーダン・スピースに首位の座を奪われたとき、乱れることなく挽回のチャンスを待ったワトソンの辛抱強さに彼の成長を感じ取った人は多かったはずだ。

ピンクのドライバーで放つ豪打は「得意というより有利」と謙虚だが、マスターズでは圧倒的な優位性を見せつけた。
ピンクのドライバーで放つ豪打は「得意というより有利」と謙虚だが、マスターズでは圧倒的な優位性を見せつけた。

「ターニングポイントは8番と9番だった」。2連続バーディーを奪ったワトソンは、2連続ボギーを喫したスピースを抜き返し、以後は一度も首位の座を明け渡すことなく、マスターズ2勝目を達成した。

「以前の僕は勝てなかったら激昂していた。でも今年は、たとえ2位でも、それを受け入れ、感謝する心を持てるようになった」。

だからスピースにリードされても焦らなかった。好機を待ち、到来したチャンスを生かして勝利を手に入れることができた。

「僕は変わった。カレブが僕を変えてくれたんだ」

再びグリーンジャケットに袖を通した気分は「夢のようだった」。時間も人間のエネルギーも決して無限ではないという現実に目を向け、地道な努力を重ねたら、夢のようなご褒美が舞い込んできた。

「僕はグレートだと言われたくてゴルフをしているわけじゃない。ただ好きだから、ゴルフをしている」

妻や息子が大好きで、ゴルフが大好き。好きなもののために時間を分かち合う努力ゆえ、きっと無理せず長続きする。となれば、ワトソンの勝利は、まだまだ増えていく。

「もう、誰もバッバの快走を止められない――」。そんな声がオーガスタのサンデーナイトに響いていた。

●問い合わせ

リシャールミルジャパン TEL03-5807-8162

※文・舩越園子 ふなこし・そのこ
在米ゴルフジャーナリスト
早稲田大学政経学部卒業後、広告代理店勤務等を経てゴルフジャーナリストへ。1993年渡米以来、米国ゴルフを取材し続け、日本の新聞、雑誌等へ幅広く執筆している。誰よりも豊富な生の情報をもち、選手や関係者たちからの信頼も厚い。近著に書き下ろしエッセー等の『ゴルフの森』(楓書店)がある。

※『Nile’s NILE』2014年6月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。