新たなウォッチの価値を創造する場所

NX ONE銀座

April 22, 2022 Photo Satoru Seki Text Yasushi Matsuami

リシャール・ミルの認定中古モデルを取り扱う「NX ONE銀座」が、2020年の年明けから銀座8丁目に移転オープンした。
H.モーザーの国内唯一の直営店としての顔も持ちつつ、今後はプレミアムウォッチセレクトショップとしてさらなる展開を目指すという。
新たなウォッチの価値を創造する場となる新生「NX ONE銀座」を紹介する。

NX ONE銀座
ラグジュアリーで落ち着いた内装の「NX ONE銀座」。エントランスを入ると左側にリシャール・ミルのプレオウンドモデルが並ぶ。

リシャール・ミルのレアモデルに出合える幸運

2018年のジュネーブでの新作エキシビションに合わせて、リシャール・ミルは、1970年代に出版されたピカソの画集『Los Toros』を再編集した。そこには「リシャール・ミルは時計のアートを目指す」というメッセージが込められていた。

他に類を見ないクリエーティブなコンセプトの下、独創性の高い複雑機構や革新的なマテリアルなどにより、“エクストリームな”世界観を具現化してきたウォッチブランド、リシャール・ミル。一つひとつのモデルに真摯に向き合い、高度な技術を惜しみなく投入し完成されたタイムピースは、すでにアートに匹敵する評価を獲得している。

現代アートや絵画にしろ、骨董にしろ、いわゆるアート作品の場合、オークションを始めとする二次流通が整備され、時代を経るにつれ、評価の上昇に見合った取り引きが行われている。腕時計も例外ではなく、オークションで数億円もの高値が付いた腕時計が、話題に上ることも少なくない。ただ、手持ちのハイエンドウォッチの鑑定、再販時のメンテナンス、手数料など、いささか煩雑に思える手続きを懸念する声があるのも事実だ。

リシャール・ミルでは、VIP顧客を対象に2012年から認定中古制度に取り組んできた。リシャール・ミルは生産本数が少なく、新作を目にすることさえ容易ではないケースがままある。そこで、一度誰かの手に渡り再販されることになった“プレオウンド”モデルを、VIP顧客に紹介するシステムの開拓を進めてきた。これが買い換えのために所有モデルを売却したいオーナーにも広がり始める。

16年には、プレオウンドモデルを取り扱う店舗「NX ONE」を東京・銀座に設立、ますます事業を拡充していく。

顧客にとっては、所有するリシャール・ミルを、正規のメンテナンスを受け、適正かつ安心して二次流通に委ねられるメリットは大きい。大半は顧客からの委託販売で、手数料は原則的に販売価格の20%と透明性も高く、買い取りも実施。日本未入荷だったレアモデルが、プレオウンドモデルとして店頭に並ぶこともある。

リシャール・ミルサイドにとっても、アートにも匹敵する数々の名機のコンディションを管理しながら、価値をキープしていけるメリットがある。また、初めてリシャール・ミルに触れる人にも、新作とともにプレオウンドモデルを紹介し、その世界を幅広く体感してもらうことが可能だ。

その役目を担う「NX ONE」が、この1月から、これまでリシャール・ミルのブティックがあった銀座8丁目に移転した。路面店となったことで、これまで以上に多くの顧客の利用が期待されている。リシャールミルジャパン社長の川﨑圭太氏は、事業の展望をこう語る。

「現在はリシャール・ミルのみを取り扱っていますが、今後は他のブランドの正規認定中古モデルも取り扱っていきたい。新たな信頼できるプレミアムウォッチの販売方法が、腕時計流通を変えることになると考えています」
 
現在「NX ONE」は、銀座店の他、西武渋谷店、福岡店がオープンし、今後も全国で展開が予定されている。

  • RM004 V2 RM004 V2
    日本未入荷のスプリットセコンドクロノグラフ「RM004 V2」のプラチナケースモデル。こんなレアモデルとめぐり合えるのも「NX ONE銀座」ならでは。
  • NX ONE銀座 NX ONE銀座
    ブティックではなかなか出合えない貴重なウォッチと遭遇するチャンスもある。
  • NX ONE銀座 VIPルーム NX ONE銀座 VIPルーム
    店内奥には商談用のVIPルームも用意されている。
  • RM004 V2
  • NX ONE銀座
  • NX ONE銀座 VIPルーム

Hモーザー初の直営店という“顔”

この「NX ONE銀座」にはもう一つ、Hモーザーの直営店という顔もある。Hモーザーは、スイス・シャフハウゼンの地で1828年創業という歴史を持ち、2002年に復興後も、製作が困難なひげぜんまいまでも自社製造する技術力と、優雅なグラデーションのフュメダイヤル、また永久カレンダーなどの複雑機構もミニマルで使いやすいスタイルに落とし込む独自の哲学により、高い評価を得てきた。

「NX ONE」の旧店舗では、ショールームという位置づけで、Hモーザーを紹介してきたが、今回の移転により、国内唯一の直営店として、さらなる取り組みを見せ始めている。文字盤からロゴまでも排したコンセプトモデルや、世界で最も黒い物質ベンタブラック®を文字盤に用いたシンプルモデルやトゥールビヨン、さらにケースとブレスレットが一体化されたスポーティーな新作クロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」も、実際に手に取り、フィット感や独創的な操作性を確認することができる。

  • H.モーザーコーナー H.モーザーコーナー
    エントランスを入った右側に、H.モーザーのスペースが設けられている。国内唯一の直営店の名に恥じない充実のラインアップがそろう。
  • ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック
    H.モーザーの新たなイメージを喚起する新作「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」。ケースとブレスレットが一体化された滑らかな曲線のフォルムが印象的。自動巻き、ケース径42.3㎜、SSケース×SSブレスレット、世界限定100本、5,280,000円。
  • H.モーザーコーナー
  • ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック

リシャール・ミルの認定中古モデルとHモーザーという、見逃せないラインアップをそろえた「NX ONE銀座」。時計愛好家にとって銀座を訪れる楽しみが増したことは間違いない。

●NX ONE銀座
東京都中央区銀座8-4-2
TEL03-3573-7277

※『Nile’s NILE』2020年2月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

Tags:

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。