既成概念にとらわれない 独創的ディスクシステムの誘惑

April 26, 2022 Text Yasushi Matsuami

回転するディスクで時間を表示するという、独創的な特徴を持つレッセンスの時計。そんなレッセンスが、世界最大のウオッチ&ジュエリーのエキシビション“バーゼルワールド”に初出展した際に話題をさらったファーストモデルの、進化型「タイプ1」を発表した。

RESSENCE TYPE1W 独自のディスクシステムによるレギュレーターモデル。従来のモデルよりも小型化し、リュウズも排した。スマートに進化しながら、ブランドのアイデンティティーというべきメカニズムによって、不思議な魅力を放っている。 自動巻き、ケース径42㎜、チタンケース×オーストリッチストラップ、2,592,000円。
RESSENCE TYPE1W
独自のディスクシステムによるレギュレーターモデル。従来のモデルよりも小型化し、リュウズも排した。スマートに進化しながら、ブランドのアイデンティティーというべきメカニズムによって、不思議な魅力を放っている。
自動巻き、ケース径42㎜、チタンケース×オーストリッチストラップ、2,592,000円。

トゥールビヨンやミニッツリピーターなど、伝統的な複雑機構の素晴らしさは、ご存じの方も多いだろう。しかし、より現代的で斬新なモデルを求めている人も少なくない。そんなニーズに応える動きが、台頭してきつつある。中でも、他に類を見ない機構で注目を集めているのが新興ブランド、レッセンスである。

ベルギー出身のプロダクトデザイナー、べノワ・ミンティエンス氏によって2009年に設立され、翌10年世界最大のウオッチ&ジュエリーのエキシビション、バーゼルワールドに初出展。そこで発表されたファーストモデル「シリーズ1」は、時計関係者の話題をさらうのに十分なポテンシャルを秘めていた。

一見レギュレーター然としたルックス、しかしその時刻表示方法もメカニズムも、これまでに例のないものだったのだ。文字盤自体が回転するディスクになっており、その中にサテライトインダイヤルと呼ばれる三つのディスクを搭載。それぞれが“自転”して時や秒などを示しながら、文字盤全体が“公転”していくのである。つまり時々刻々、文字盤のレイアウトが変化しながら、各表示が全く重なり合うことなく、時刻が示されるのだ。

Benoît Mintiens ベノワ ミンティエンス レッセンス社長兼デザイナー 1972年ベルギー生まれ。アントワープで工業デザインを学ぶ。98年からエントーベン&アソシエイツで経験を重ね、現在もシニアコンサルタントとして活躍。2000年には自身で時計の設計を始め、10年のバーゼルワールドで正式にデビューを果たす。11年にはジュネーブタイムエキシビションで特別賞を受賞するなど、注目を集めている。
Benoît Mintiens ベノワ ミンティエンス
レッセンス社長兼デザイナー
1972年ベルギー生まれ。アントワープで工業デザインを学ぶ。98年からエントーベン&アソシエイツで経験を重ね、現在もシニアコンサルタントとして活躍。2000年には自身で時計の設計を始め、10年のバーゼルワールドで正式にデビューを果たす。11年にはジュネーブタイムエキシビションで特別賞を受賞するなど、注目を集めている。

今年のバーゼルでは、進化型の「タイプ1」が発表された。センターから伸びた針がプリントされた大型ディスクで分を、アラビア数字を配したサテライトインダイヤルで時を表示。さらに秒と曜日を示すサテライトインダイヤルも搭載されている。実は各サテライトインダイヤルは針をプリントしたディスクと、マーカーを刻んだ外周リングとの二重構造になっている。外周リング部分は、文字盤ディスクが回転する速度に合わせて、反時計回転するように設計されている。これによって常に正位置をキープし、時刻を読み取りやすくしているのである。一見プレーンな表情に、実に複雑なメカニズムが隠されているのがお分かりいただけるだろうか。また、この時計にはリュウズがない。ケースバックに独自の時刻修正とぜんまい巻き上げシステムを搭載しているのだ。

こうしてみると、時刻を知るツールであるという以外は、すべてが過去に例のない革新で埋め尽くされているのが分かる。従来の時計という概念にとらわれない、レッセンスの不思議な魅力に触れてみてはいかがだろうか。

●モントレ ソルマーレ TEL03-3833-4211 

●店舗情報

近畿・中国
大丸心斎橋店 TEL 06-6271-1231
小柳時計店 TEL 0744-22-3853
新川本店 TEL 082-878-6100

関東
株式会社 ヨシダ TEL 03-3377-5401

四国・九州
セコンド TEL 096-353-5428

中部
ハタ貴金属 TEL 052-661-7462
内山 TEL 054-366-5801
平和堂 TEL 054-255-7918

※『Nile’s NILE』2014年6月号に掲載した記事をWEB用に編集し掲載しています

新着記事

中尊寺ゆつこには30年後が見えていた⁉

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

ART&CULTURE

ジェンダー問題、サステナブル、スピリチュアル、ヒップホップ、etc……。
バブルが膨らみ始めた1980年代末、彗星のごとく登場した女流マンガ家、中尊寺ゆつこ。「オヤジギャル」という流行語を生み出し、『お嬢だん』『スイートスポット』などの連載マンガをヒットさせ、ガムのテレビCMにも起用されるなど、時代の寵児となっていきました。当時のトレンドをリードしたことに注目が集まりがちですが、実は今に通じる様々な意識改革を発信した先駆者でもあったのです。当時、PLAY BOY日本版に連載された彼女の記事をめぐって、中尊寺ゆつことは何者だったのかを検証します。

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。