個性を放つ男のダイヤモンドリング

April 21, 2022

唯一無二の存在を誇るブラウンダイヤモンドで名高いカシケイが、職人・菅野敬一が手掛ける「エアロコンセプト」と再びコラボレーション

カシケイのリング
エアロコンセプトの世界感を堪能する「ヘリテージリング 2022」が誕生。

2003 年に世界でも類を見ないブラウンダイヤモンドをブランディングし独自の世界を紡いできたカシケイが、2018 年に満を持してエアロコンセプト菅野敬一氏とコラボレートし、男のロマンを紋章に刻んだ 2 種類の限定「ヘリテージリング 2018」を発表。時を経て菅野敬一氏と再び手を組み、センターストーンに大粒ブラウンダイヤモンドを据えた「ヘリテージリング 2022」を発表する。

今年新たに登場した「ヘリテージリング 2022」は、プラチナを職人の手で削り出したマットな質感のメタルに航空機構造体から着想を得た精緻なホールが存在感を主張するプラチナヘリテージリングと、知性を感じさせるピンクゴールドで削り出した航空機パーツに最高峰クロコダイル皮革を手彫りによって再現した艶やかなオニキスで取り巻くK18ヘリテージリングの2種。いずれも菅野氏の精神を一流のジュエリー職人が具現化した男のヘリテージリングだ。

カシケイのリング
PLATINUM RING BROWN DIAMOND:2.0ct、5,720,000円。プラチナの外リングのホールからグロス仕上げの内リングが覗く二重中空構造の仕掛けが男心をくすぐる。
カシケイのリング
K18 RING+ONYXBROWN DIAMOND:1.5ct、4,180,000円。最高級のクロコダイル皮革を模したオニキスバンドリングがその存在感を主張し、センターストーンには覆輪で囲む1.5 カラットの大粒ブラウンダイヤモンドを配置。
ジュエリーケース
エアロコンセプトの専用オリジナルケース。※革の色や種類は選べません。

リングはそれぞれ、「ヘリテージリング 2022」のためだけに製作されたエアロコンセプトの専用オリジナルケースにセットされている。オリジナルケースは、最高峰クロコダイルやアリゲーターから鞣した皮革を貼り込み、ボディにはエアロコンセプトを象徴する精緻なホールを模し、すでにビンテージの風格を備えるものに。今回の「ヘリテージリング 2022」が収まるのはこの場所以外に想像がつかないと言っても過言ではないだろう。

カシケイ TEL0120-278-857 

おすすめ記事

ラグジュアリーとは何か?

ラグジュアリーとは何か?

それを問い直すことが、今、時代と向き合うことと同義語になってきました。今、地球規模での価値観の変容が進んでいます。
サステナブル、SDGs、ESG……これらのタームが、生活の中に自然と溶け込みつつあります。持続可能な社会への意識を高めることが、個人にも、社会全体にも求められ、既に多くのブランドや企業が、こうしたスタンスを取り始めています。「NILE’S CODE DIGITAL」では、先進的な意識を持ったブランドや読者と価値観をシェアしながら、今という時代におけるラグジュアリーを捉え直し、再提示したいと考えています。